私の男の秘密-あらすじ-58話-59話-60話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!

韓国ドラマ-私の男の秘密-あらすじ-58話-59話-60話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の男の秘密

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
崩壊の足音に続き、ますます絡みあう運命の糸。
解ける日はいつ来るのか?

危機的状況に、それぞれが生き残りをかけ策をめぐらします。
同じ悪人でも、目指すところが各々違うのですよね。
果たして、この中に勝者は生まれるのでしょうか?

ドラマもここまで来ると、それぞれお気に入りができますよね。
私は、悪くて強くて哀しいウィ・ソネがお気に入りです。
ソネ役のイ・フィヒャンは若い頃はキム・テヒみたいに美貌が勝ちすぎて演技力が認められなかったと思うのですが…50代になっても進化するなんて、同じ女として憧れてしまいます。

そして、影の主役?
いつも泣いているヘソルちゃん。どうか笑顔で(*^_^*)

※ヨリム(ミリョン)→ミリョンと呼ばれることが多いのでここからミリョンと表記。

【私の男の秘密】ネタバレあり

第58話

 
泣きながらジソプ(ジェウク)にすがりつくミリョン。
訳がわからないソラとジソプ。
気が気でないヘリム。

我に返ったミリョンは苦しい言い訳をして、その場をしのいだ。
ミリョンさんの気持ちもよくわからない(^_^;)

カンイングループ。
ジェウク(ジソプ)はペクト物産のユン常務と面会。
品質管理の徹底と義父グクヒョンへの寄付を頼み、自分への裏金も受け取るのだった。

ユン常務と入れ替わりにイヌクがやってきて、品質の信用度が最下位のペクト物産との契約に異をとなえる。
何度も出てくるペクト物産。これがグクヒョンやジェウクのアキレス腱かも?

その夜、カン家にソラたちが招かれ、奇妙な光景が実現しそうになる。
遅れてカン家に向かうジソプ(ジェウク)をなんとか止めようとするソネは…
ソネというかチュ室長の使う手もワンパターンに(^_^;)

ソネの妨害が成功し、ソラとジソプは帰路に着く。
そして、仲睦まじい二人の姿を帰宅中のジェウク(ジソプ)が目撃してしまうのだった。
目撃もお約束に(^_^;)

一方、チン家では、ミリョンがグクヒョンに謹慎を言い渡されていた。
記者への暴行ね(^_^;)

口答えするミリョンにヘリムが手を上げ…
チン家も事件が絶えない(^_^;)

カン家。
大人が目を離した隙にジェウク(ジソプ)の部屋に入ったヘソルは…
ヘソル本当に可愛い~キーパーソンはこの子かも?

ソラは、二度も暴力沙汰を起こしたジソプ(ジェウク)に違和感を覚える。

また、ヘソルの言葉を耳にしたイヌクも疑いを持ち始める。

翌日、図々しいミホンはカン家に住みこむことになる。
また、色々揉めそうです(^_^;)

外出禁止のミリョンは家を抜け出し、ソラの家に行くがソラとジソプ(ジェウク)は外出中。

二人の行き先は、カンイングループ。
ソラが副会長ジェウク(ジソプ)に呼び出されたのだ。

昨夜、ヘソルが粗相をしたとソラを責めるジェウク(ジソプ)。
そして、ソラに資料を渡し在宅勤務を命じる。
ジェウクことジソプの真意が見えません(^_^;)

カンイングループに行くと必ず登場するイヌクに呼び止められるソラ。
イヌクはジソプ(ジェウク)に警備員の仕事を勧める。
イヌクの考えもわからない(^_^;)
しかしまあ、絶対に離れられない運命ではある(*^_^*)

ロビーでソラを待つジソプ(ジェウク)。
その姿を社員たちが見て、「副会長にそっくりな男」の存在が明らかになる…
まずいのでは??

副会長室でそっくりな二人の男が対峙する…
―続く―

第59話

ジェウク(ジソプ)、ジソプ(ジェウク)、ソラ、ヘリム。
奇しくもこの四人が副会長室に集まった。

驚くジソプ(ジェウク)とソラを追い出したジェウク(ジソプ)。
心配するヘリムに対し、ジェウクには何か妙案があるようだった…

心配して会社までやって来たソネは、ロビーでソラ夫婦と出会う。
彼女は母親の自分に「初めまして」とあいさつする息子に戸惑うばかりだった。

一方、ジソプ(ジェウク)は知人に会う度に何かが心に引っかかっていた。
ジェウクの記憶がいつ、どんなふうに戻るのかがポイント(*^_^*)

ソラはジスクに呼び出され、ジソプは幼稚園にヘソルのお迎えに行くことに。
ジソプ(ジェウク)は、待ち伏せていたミリョンと話すことになる。
ミリョンも黙っていませんね。やりすぎるとまたひどい目に合いそう(^_^;)

ミリョンは強引にジソプにキスし、その様子をヘソルが目撃してしまう。
ちょっと!どうするのよ?

ソラがジスクから「ヨリムの幼い頃の写真」をみせてもらう寸前、またもヘリムに阻まれる。
まったく、イライラします(^_^;)

ソネはミリョンを呼び出し脅すが、彼女が目障りでしかたがない。
グクヒョンと相談中も、いつになく弱気なソネ。
この二人の因縁も長く、根が深いのだった…
絡まっていますねー

うまくカン家に住むことになったミホンはすっかり会長夫人気取り。
ジンジャに忠告されるが、もちろん聞く耳は持たない。
?間違ってミホンが幸せになる?いや、その前に反省して欲しいよね(^_^;)

ソラが帰宅するとヘソルとジソプ(ジェウク)の姿が見えない。
ヘソルを捜すのは何回目だろう?

ジソプは屋台で酔いつぶれており、ヘソルは…

結局、ソラとイヌクがヘソルを見つけることになる。
ヘソルはソラに必死で「今のパパは別人」と訴えるが…

その頃、ジェウク(ジソプ)とヘリムも「生き残り」をかけ、協力することを約束していた。
他はともかくソラが実母に会うのを邪魔するのは(^_^;)

翌日、ジソプ(ジェウク)はヘソルに「パパじゃない」と言われ、怒って家を飛び出す。
彼が向かった先はなんと…
―続く―

第60話

カン家で再び対峙するそっくりな二人。
ソネ、ヘリム、ミホンが見守る中…

ジソプ(ジェウク)はヘソルの言葉を伝える「パパはここにいる」
うわー!どうするの?(^_^;)

結局、ジソプ(ジェウク)はソラに連れ戻されるのだが、ジソプの行動が皆に波紋を広げることになった。

遅く帰ったイヌクもこの騒ぎを聞き、ますます疑いを深めた。

自宅に戻ったソラたち。
ヘソルを泣かせたジソプにジンジャたちも戸惑っている。
皆が病院に行くことを勧めるが、嫌がるジソプ(ジェウク)。
考えてみればジェウクも気の毒よね(^_^;)

翌日。
親子三人ででかけようとすると、ヘソルが泣いて嫌がる。
この時、ソラはミリョンのしたことを知る。

ミリョンを訪ねたソラは、昨日の事をミリョンに問う。
とぼけるミリョンにソラは声を荒げるのだった。
ソラはいい子だけど、結構気が強い(^_^;)

再びジソプ(ジェウク)を待ち伏せしたミリョンは、ジソプにジェウクと呼びかける…
ジェウクという呼びかけに混乱したジソプは、激しい頭痛に襲われ倒れてしまう。

一方、カンイングループ副会長のジェウク(ジソプ)はグクヒョンと会食中。
その時、グクヒョンにミリョンのキスシーンの画像が届き、相手がジェウクと誤解したグクヒョンは怒って席を立ってしまうのだった。
そうか。グクヒョンは蚊帳の外でしたね

また、急に姿を消したジソプ。
ソラは心配するが…

グクヒョンは早速、ミリョンを捕まえる。
その場にはグクヒョン、ミリョン、ヘリムがいた。
写真の事で激怒しているグクヒョンにヘリムは真実を話すしかなかった。
ヘリムが唯一頭の上がらないグクヒョン!

ヘリムとジェウク(ジソプ)
ヘリムはジェウクの正体がジソプということを、グクヒョンに知られたと話す。
驚愕するジェウク、いやジソプがいた…

その頃、本物のジェウクは…
―続く―

第58話~第60話 感想

奇しくも最後にジソプがつぶやいた「パンドラの箱が開いた」
この台詞が今回の全てを表しているような気がします。

無理な入れ替わりで色々なことが起こり、それが面白かったり、怖かったり。
でも、大人ってばかですよね。
ヘソルは、すぐに真実に気付いたのに誰もわかってくれなくて、泣いてしまうのが可哀想でたまりませんでした。

秘密はいつかばれるものですが、最悪の相手にばれてしまい、なんか恐ろしいことになりそうな予感がします。

またジェウクも記憶を取り戻したようで、
さあ、また舞台に上がる人が増えてきました。
ジェウクが何を思い、どんな行動に出るのか?

次回が待たれます(*^_^*)