私はチャン・ボリ!-あらすじ-61話-62話-63話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-私はチャン・ボリ!-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私はチャン・ボリ.jpg
2014年MBC演技大賞で今年のドラマ受賞!!
日本でも大人気、KARAと超新星からも出演
記憶喪失の主人公が、世間の荒波に揉まれながらも、
一人の人間として成長していくヒューマンドラマ!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回までのあらすじで、
ボリはト・ボリから苗字を変え、チャン・ボリにすることにしました!
だから、タイトルは、私はチャン・ボリ!
なのですね♪自分がウンビであることの喜びながらも、
ボリとして生きてきた中で経験したこと、会った人たちが、
きっとボリの中では大切なのでしょう♪
事故の記憶も戻ってきたようです。
ミンジョンとの対決は、また公募できまるのかしら?
それでは参りましょう!
【私はチャン・ボリ!】(ネタバレあり)
64話
ボリは事故の時の記憶を取り戻し、イナを責めるがイナは自分は悪くない、と言い張る。
オクスも、どうして認めないのか、とイナを責めていた。
イナは助けるというミンジョンの手を取ってしまい、ミンジョンにまたもや加勢することに。
ミンジョンはジョンハと不倫しており、ミンジョンはイナのいいなりになっていたとスボンに嘘をつく。スボンはそれを聞き、イナに怒りがこみ上げた。
イナはまだミンジョンに。。。
ミンジョンはピスルチェに出入りして会長に気に入られており、本当の母親の自分のことを
おばさん、というピダンが憎くてたまらなかった。
ミンジョンは嫌なことを行ってくるボリに、もしジェヒに全部バレたら、自分がピダンの母親であることをばらして、自分がピダンとヘオクと一緒に暮らすと言い出した。
しかしボリは強がり、何でもないふりをした。
ミンジョンの言葉に不安になったボリは、ジェファに内緒でジサンに会い、ぴダンのことを
守ってほしいと頼む。ジサンもボリの気持ちにしっかり向き合っていた。
ジェファは内緒でジサンにあうボリに嫉妬。しかしボリはピダンが本当の子供ではなく、
父親はジサンなのだと告白する。
ジェファの予想はあたっていましたね
65話
コンテストで、ボリとミンジョンの作品が同数の票を獲得した。
そして最終的に票を入れた会長の1票で、ミンジョンのものが公募に出されることになった。
ジェヒは喜び、ミンジョンにピスルチェの競技でも頑張れと言葉をかける。
ボリはイナに事故のことを認めてもらい、オクスに謝罪をするように言った。
しかしボリが事故のことを証言すると、ヘオクがやってきて、オクスたちが現場に子供を置いて走り去っていき、そこでボリを拾ったと証言した、しかしそれは嘘で、ミンジョンがヘオクにボリを助けるためだと言われついたものだった。そしてイナもそれに同調した。
ミンジョンの嘘でオクスは気を失うほどショックを受けてしまった。
ミンジョンはなんて嘘がうまいんでしょうかね
イナとオクスは、もう一度ピスルチェの競技会を行い、負けた方がピスルチェから一生出て行くという条件を出した。反対するボリだったが、こうでもしないとイナは罪を償わないから、という。そしてオクスはボリと、イナはミンジョンとその競技会に出ることにした。
66話
イナはオクスのところへ来ていた。箱の中に昔探していたヨンボが入っていたのに、
それがなくなっており、オクスはイナのせいだと考える。
ボリもイナのことを信用できなくなっていたので、イナが盗んだと考えてしまっていた。
しかしオクスは、きっとそれを持っていることでイナにとっては不利になるはずだ、という。
イナはヨンボをとったのはミンジョンではないか、と考えていた。
やっぱりミンジョンでした!
スミは競技会での試験内容を出した。一つ目は、昔探していたヨンボを見つけ出すこと。
二つ目は、スミの死装束を作ることだった。
死装束はその人が好きな韓服を着せる、という。そしてスミは、ジョンハが染めた布が好きだったため、もしその布を持って来れば、ジョンハの居所が明らかになるのではないかとイナとオクスは考えた。オクスは、ジョンハの居場所がわかっているイナが有利だというが、ボリは、頭を柔らかくして考えていた。
ジェファはボリを連れ出し、ジョンハの染めた布を全て持ち出していた。
そしてそのあと来たミンジョンも同じことを考えていたようだったが、一歩遅かった。
64-66話の感想
20年前のピスルチェでの競技会、
次は弟子にそれが受け継がれ、ボリとミンジョンが勝負することになりました。
しかしいまはミンジョンが優勢のよう??
スミはこの2つの題目にどんな意味を持たせているんでしょうね。
そしてこの競技会の勝敗の行方は!!!
気になります!
物語もあと少し!!
次回に期待しましょう♪








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。