私はチャン・ボリ!-あらすじ-最終回(74話)-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-私はチャン・ボリ!-あらすじ-最終回(74話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私はチャン・ボリ.jpg
2014年MBC演技大賞で今年のドラマ受賞!!
日本でも大人気、KARAと超新星からも出演
記憶喪失の主人公が、世間の荒波に揉まれながらも、
一人の人間として成長していくヒューマンドラマ!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
さて、この長かったお話も最終回を迎えることになりました!!
ウンビ失踪事件から始まり、ピスルチェの後継者争いが、
20年の時を経て行われるというものでしたね。
この中には、ジェファジェヒ兄弟との恋愛、結婚や、
ピダンやジサンとの関係など、とにかく濃く絡み合っているドラマでした!
韓国ドラマらしいドロドロ感もあり、イライラもハラハラもしましたね!
それではまとめの最終回です!参りましょう!
【私はチャン・ボリ!】(ネタバレあり)
最終回(74話)
ミンジョンが出所する日がやってきた。ボリとジェファはミンジョンを迎えに行こうとしたが、
ミンジョンは人目を避けるように、夜明けに既に出て行っていると言われた。
ミンジョンはジェヒの店にジェヒの顔を見に来ていた。そこにボリたちがきた。
そしてヘオクがいなくなったことを聞かされるミンジョン。
ヘオクは脳に障害を受けてから、3日に1回は昔やっていたお店でクッパをつくっているという。ジェヒもミンジョンに気づき、出てきたが、ミンジョンは火傷した手を隠した。
ミンジョンはクッパの店をヘオクのために買い、ヘオクにお母さんというが、
ヘオクは自分の娘はボリだけだといい、ミンジョンのことはすっかり忘れてしまっていた。
悲しいねえ
スミは具合が悪くなっていた。ピスルチェから出て行っていたイナだったが、オクスとスボンに促されピスルチェに帰ることに。
スミはイナを迎え入れ、自分の死装束をイナに作って欲しいと頼む。
ピスルチェの皆は和解し、皆が暖かい顔をしていた。
ミンジョンはヘオクがやるクッパプの配達をしている。
昔のボリのように、頭にはパーマをかけている。
しかしヘオクはまだミンジョンのことは思い出していないようで、ミンジョンが作っていた韓服を切り刻んだり、ミンジョンをいじめたりしていた。
そこにやってきたジェヒがヘオクを止める、そして、手術代をミンジョンに手渡し、もうこれで会うことはない、と別れを告げた。
ミンジョンは、ジェヒのこれからの幸せを願っていた。
ミンジョン、頑張りなよ!
昔の約束を果たすように、ジェファとボリは二人でじゃじゃ麺を食べようとしていた。
しかしボリは食欲が出ない、そんなボリを見て、ジェファは妊娠したのか!と大喜び。
ピダンはピスルチェの絵画コンクールで優勝していた。
そこに書かれている家族の絵の中には、ボリやジェファ、そしてミンジョンの姿も。
ピスルチェには、幸せな家族の姿があった。
最終回の感想
いやあ長かったこのドラマ!
ようやく終を迎えましたね~!!!
最後はこれ以上ないくらいのハッピーエンドでしたね♪
ヘオクが少しかわいそうかもしれませんが、
ヘオクとしては悪い記憶はないわけだから、逆にいいのかも?
ミンジョンも、人が変わったように配達を頑張る姿に、
なんだか許してあげたくなる気分です。
ボリは妊娠して、ジェファたち家族はきっともっと幸せになっていくのでしょうね!
とても勇気づけられたドラマでした!
また詳しい感想はレビューに書きますので、ご覧下さい!
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。