空港に行く道-あらすじ-13話-14話-感想つきネタバレありで!

韓国ドラマ-空港に行く道-あらすじ-13話-14話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
~ジンソクが急遽 済州島にスアたちの様子を見に来る予定だと、ケビンから電話
が入り、大慌てのスア。ヒョウンはインターナショナルに通っていないので、
形だけでも作っておかないと嘘がばれるから、ヒョウンの机や部屋などに
それ相応の雰囲気を作り上げていく・・まさかジンソクがねぇ~
なんで急にここまで来るんだろう??ほっといてよね!って感じ(*^^)v

【空港に行く道】(ネタバレあり)

13話

車の後ろの荷台に乗り、気持ちよさそうに風を感じているスア。
穏やかな表情のドウが車のハンドルを握っていた。
目的地に着き、スアはとても安心した気持ちでドウに伝える。
「会えて嬉しいです!」と・・
ドウはスアの手を取り「チェ・スアさん、会えて嬉しいです!」と同じく微笑む。

ドウは今いちスアの気持ちを読むことが出来なかったから、これでやっと安心したね

「ヘルパーのおばあさんから鉢植えを貰ったの」とバス停で迎えた
ヒョウンから楽しそうに話を聞くスア。
ホウセンカの鉢植え。エニーと名付けたよ、と。
名前を聞いて驚いたスア。2人の姿を頼もしそうに遠くから見ている
ドウの姿があった。

ヒョウンもまた優しい子なのです。エニーの思い出を大切にする感じ

ヒョウンが寝たあと玄関の外に出ると、自転車でのドウがいた。
「朝に来てくださいね」ひと言だけ残し素早く立ち去る。

顔を見るだけでも、幸せそう(*^^)v

朝になって、スアが来るのが待ち遠しく居ても立っても居られない。
スアの家まで様子を見に行くが、出てくる気配が感じられないので、
仕方なく家に戻るドウ。
スアはヒョウンの見送りでバス停まで足を運んでいた。
しばらくして、スアがやって来て・・

1分でも早くスアに会いたいんだよね~!!

スアに家に行くと食卓が届く。木工所の主から必要なもののアドバイスをうけるスア。
「仕事も紹介してね」と、スアはにこやかに話す。
しばらくここに滞在することがわかったドウは、心の中で秘かに喜んでいた。

ホッとした表情のドウ

ジウンはヘウォンから匠人達の記録の引き継ぎの為にノートを受け取り、
予想を超えた内容に、言葉が出ないほど驚く。
仕事では豪腕を発揮するヘウォン。
その時へウォンの携帯に、ホン館長からメールが入った。

性格の悪い人間でも、好きな仕事は一生懸命だったようです

14話

ジンソクは佳陽洞の家の前でため息をつきながらドアを開ける。
フライトを終えて疲れ気味の様子。
有り合わせの物で食事を済ましていると、母から電話が入り・・

食べるものは適当だけど、気分は何となくリラックスしているなぁ~

スアとヒョウンを連れ戻して一緒に生活するよう母からうるさく言われる。
しかしジンソクはヒョウンが高校を出てからでいいと。
母は、大変なことにならないうちに早く何とかしなさいと、
口を尖らせ忠告するが、ジンソクは聞く耳を持たない。
離れて暮らせばお互いに気が楽だから、このままで十分だという考えのジンソク。

大きなお世話といった感じ!1人が自由でいいのかな?

ドウは、母がお世話になったお礼の品を持ってジンソクの家を訪ねる
ドウは悲痛な表情でジンソクと会話し、
「何でも奥さんの言う通りにしてたらきりがない」と何気に言葉を濁す。
ジンソクの言葉に驚き、早々と退散するドウ。

ドウは筋道を通してジンソクに家に来たけど、ちょっと落ち着かない

部屋のバルコニーから下をのぞくと、駐車場で激しい言い合いをしている
ドウとへウォンの姿があった。
その時、何気に聞こえたスアという言葉・・・
まさか、今のドウとスアが??一瞬考えるジンソク。

とうとうバレてしまったか・・!?

ヘウォンはワインを飲みながら、淡々を話し出す。
ホン館長に全てバレてしまってもう何もかも終わり、とやりきれない思いで
涙するヘウォン。

聞いているドウは、どう返事していいかわからないよねぇ

ある日、韓屋の管理に関する書類の引継ぎと離婚書類を渡しにきたへウォン。
ソクは無表情で真剣な顔つきをし、ドウはしょんぼり肩を落として事を終える。
1つのストーリーが終わったような感じだった。

結婚した時よりも何倍も気力がいったという感じ。ピリオドを打って気が楽なはずなのに、
なぜか少し落ち込んでしまうよね、切ないね~

車のある場所まで静かに歩くドウとへウォン。
思いやりの言葉をかけたドウに、ヘウォンの明るい最後の顔が印象的だった。

ホントにさよならだね、へウォンも吹っ切れたのかな

ヒョヌの店にたどりついたドウは、散々歩き回った自分に疲れていた。
離婚をしたばかりの寂しい心情を、何気に呟く。
ヒョヌはそんなドウを励ますかのようにビールを差し出す。

時間だけが過ぎて行く・・そんな感じだったね

13-14話感想

済州島での生活にも段々と慣れてきた様子のスアとヒョウン。近くにドウがいるだけで
心強い、そんな一面も感じられました。へウォンやミジンとの問題を抱えながらも、
スアとドウの開放的な心地よい気分が、喜びを隠せないよね !(^^)! 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください