空港に行く道-あらすじ-最終回(16話)-感想つきネタバレありで!

韓国ドラマ-空港に行く道-あらすじ-最終回(16話)-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
義母や叔母のニュージーランドに関する話しに興味を持ち、
ニュージーランド行きをあっさり決めたヒョウン。
スアは、あっけらかんとして、ヒョウンの新たな決意を聞いていたよね。
なんだか気持ちがスッキリしない様子。せっかく楽しい済州島での生活が始まったと
いうのに。スアは不満だらけで残念そうでした。
やっとスタートラインにたったような気がしたのに、ヒョウンの考えに、ガクっときた
スアが気の毒だったねぇ

【空港に行く道】(ネタバレあり)

最終回(16話)

がらんとした部屋を隅から隅まで見渡し、スアは悲哀を感じていた。
ヒョウンがいない部屋は、胸の中にぽっかり穴があいたようだ。
気持ちをゆだねるようにヒョウンのベッドに横たわる。

1人いないだけでこんなにも悲しいのかなぁ・・

夕暮れ時、気の向くままにあたりを散策していると、
ドウから電話があり、話しながらある車が目に入った。
嬉しそうにその車から降りてくるドウ。
スアは何が何だかわからない状況で、ドウの事をキョトンと見ていた。

えっ?また会えた!心の内ではちょっぴり嬉しいスア(*^^)v

二人、車に乗り込み韓屋にたどり着く。
ここは自然な雰囲気で、心からリラックスできる場所だ。
お互いこの場所がたまらなくお気に入りのようだ。
ドウはスアとずっと一緒に人生を歩みたい一心で、
自分が経験した悲惨な結末を、時折笑顔を交えながら
何気に話し出す。
半分プロポーズともとれるような言葉を残し、ドウは部屋を出ていった。

心地よい穏やかな場所、韓屋。誰にも邪魔されないよね

二組の布団を用意しながらスアの方を伺うドウ。
スアは真剣な眼差しで心配そうに見るが・・・
電話越しのスアが満面の笑みを浮かべながらで嬉しそうに話す。
相手はヒョウンだった。ドウもなぜかホッとした感じ。

布団?あれれ(笑)スアはちょっと不思議そう

スアはヒョウンの行く末を心配しながら、済州島での生活に戻るかどうしようか迷っていた。
今この状況が 頭を痛め不安な思いだけが駆け巡る。

ヒョウンと離れず一緒にいるべきか、済州島を選ぶか、覚悟を決めなければ!

朝になって目を覚ますと スアとドウは穏やかに見つめ合っていた。
何もしないで ゴロゴロ至福のひと時、ゆったりのんびりした気分。
二人に静かな時間が流れる・・

和やかな空気が流れるこの空間で、安心した気持ちが自然体でいいよね

ドウは、韓屋を一歩出たところで 庭の掃除をしているソクに遭遇する。
ドウのあとをついてスアの姿を見つけたソクは、一瞬驚いた顔で二人を見ていた。
ソクの事を「家族のような人です」、とスアに紹介するドウ。
同じく「家族のような人です」とスアの事もソクに紹介する。

ドウにとって、スアもソクもこの上ない大切な存在のようです

翌日ジンソクが戻ることを心配しているドウ。
スアは、何事もなかったように全部省略しましょうと、
あっけらかんと話す。

すでに気持ちが吹っ切れた感じのスア。堂々としてて頼もしいね

スアは、空港での仕事に復帰する為、教育部への志願書を出しに行く。
ジンソクはスアに対して、ミジンに居留守を使うことを話すが、あとの祭りだった。
帰宅後、スアにニュージーランド行きのチケットをあっさり渡すジンソク。
ジンソクは、家族3人 向こうで元のように生活することを勝手に決めて
スアとヒョウンのチケットの手配もしていた。

ジンソクは、ややこしいことは省き、元の生活に戻るつもりみたいだね

スアは、一大決心をしソウルに残ることを話すが、ジンソクは聞く耳を持たない。
二人の激しい口論が続き、波風がたっていた。
もう後には引けない。そんな決意を新たにしているかのようなスア。

今さらながら・・ジンソクは納得がいかない様子、スアを引き留めたいんだよね

スアは家から出て行き、ジンソクもまた チョガクボをもって
ヒョヌの店に向かう。
ヒョヌの店でジンソクとドウの話し合いが始まった。
しばらく淡々と話していたジンソクだが、そのうち熱が入り興奮して
大声を出してしまう。
ジンソクとドウのやり取りを陰から何気に聞いていたヒョヌだが、
度を越えた会話に見かねてジンソクに逆ギレし、憤怒していた。

ジンソクの気持ちもわからないわけではないけど、場所を考えて行動してほしいよね、
言わずにはいられなかったんだろうね。ドウはひたすら黙っていたのに・・

最終回 感想

スアとドウの新しい旅立ちの時が来たようで、最後はどうなるのかなぁと
心配しながら見ていました。でも二人はホントに紆余曲折しながら、
たくさんの事を乗り越えて行って、一歩下がった大人としての行動が、
とても素晴らしくドラマチックでした。時にはこういう形の愛もあるんだなぁ、
人間ってやっぱり誰かの支えが必要な時期がいる場合がある。
しみじみと感じた心温まるストーリーでした。ドウの笑顔に癒され、スアのキビキビと
したピュアな演技にも胸を打たれました !(^^)!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください