純情に惚れる-あらすじ-3話-4話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-純情に惚れる-あらすじ-3話-4話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

純情(スンジョン)に惚れる

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、ミノとドンウクが同時に病院へ運ばれ、
ドンウクは亡くなり、心臓をミノに移植しました。
3話からは移植を受けたミノの変化が見られる回です。
ドンウクのような行動がでるのか、
スンジョンは気付くのか楽しみですね〜♪

それでは3話からお伝えしていきますね〜。

【純情に惚れる】ネタバレあり

3話

スンジョンとドンウクの幼少期の頃、
スンジョンは転校してきて1人でいるところにドンウクがスンジョンに
話しかけ、友達になっていく。
スンジョンはドンウクを想いながら昔を思い出し、
幸せだった頃の思い出に浸る。

ヘルミアでは、チャ代表が寝返り、ミノの思惑どおりゴールドパートナーズが
筆頭株主となった。
ヘルミアは、今月支払いの債権のお金を工面しないと、不渡りを出すことになり、
大変なことになる。
支払えなければ倒産となるので、ミノの目的は達成できるんですね!でもそこまで弱くなさそう

一方、ドンウクの心臓を移植したミノは、順調に回復し、
いつも夢に出てくる蝶の髪留めをしている女性のことが気になる。
しかし顔が見えず…
また自分の行動や心の変化に戸惑いを感じながらもいつものように振る舞う。
スンジョンがドンウクからもらった蝶の髪飾りを探しに病院にきて、ミノと鉢合わせしてしまう
ミノはスンジョンのせいで、こうなったと責め立てる。そして終いには、
ドンウクはどん底まで落ちそんな男を愛し続けるのかと問う。
ミノはドンウクの心臓だとまだ知らないからそんなこと言えるんですね
するとスンジョンは命拾いしても相変わらず冷徹な男だと言い放ち去っていった。
ミノは病院で流れた音楽に耳を傾けると涙が出た…それはドンウクが彼女に送った歌だった。
ミノは自分の心臓はやはり以前と違うことを感じた。

病院の帰りスンジョンはジュニと食事をしに行く。そこでジュニが
ドンウクのことを思い出すから他の家に引っ越したらと提案をする
彼女を自分のものにしようと必死ですね…
しかし、彼女はたまにご馳走だけしてと拒否をする。

ドンウクの49日…スンジョンはドンウクのお墓にお参りをし、
まだ癒えぬ悲しみ耐えながら懸命ににドンウクへの想いを伝える。

ミノは無事に退院。会社にいき、社員に労いの言葉をかける。
いつもなら罵るはずが、労うとは…ミノ変わりましたね〜
そして同僚のヒョンミンに連れられ会議室にいくとジュニがいた。
ジュニはゴールドパートナーズが送り込んだスパイだったのだ。
ヘルミアの代表になるというジュニ…
何か魂胆がありそうですね…
ミノはヘルミアへ行くことにした。ヘルミアでは派遣理事の件で会議をしていた。
ミノは会議に参加し、自分が派遣理事になるという。
条件としてスンジョンを秘書に付けること。会長もやむなく了承する。
スンジョンはオッキョンの家を出て、自分の家に戻ることになった。
ドンウクと一緒に登った階段を彼を思い出しながら涙する。
そこへミノがやってくる。そしてスンジョンの蝶の髪留めを見て
彼女を抱きしめた。

4話

ミノは、幼少の頃両親が亡くなり、周りからの目などもあり惨めな思いをした。
その時から、冷徹な非情な人間になろうと決めたのだった。
スンジョンの家に行く階段でミノがスンジョンを抱きしめた。
それはいつも夢で見る女性がスンジョンではないかと思ったから…
しかし、結局言い合いになり、2人は別れた。
警察ではドンウクがひき逃げにあった時の目撃者と車種が明確になり、
少しずつ犯人に近づいている。
そして、ミノがヘルミアに出社する日がやってきた。
ミノに好き勝手にやらせまいと、会長は出来るだけ資金を稼ぐようにとジュニたちに話す。
スンジョンはミノが来るのをエレベーター前で待つ。
ジュニがロビーまで迎えに行き、エレベーターで会議室までいく。エレベーターのドアが開きスンジョンを見たとき、また動悸がした。会議では、相変わらずの冷酷さで、圧倒する。
そしてミノは自分の部屋へ行き、スンジョンへあれこれ指示する。一度でも失敗したらクビだと
伝え、車に向かった。ドアを閉める際スンジョンの手を挟んでしまいスンジョンの手は
流血する。ミノはそれを見て、涙を流す。スンジョンもミノも何かおかしいと思いながらも彼は行ってしまう。
簡単な応急処置くらいしてくれたらいいのに…
スンジョンはオッキョンに手当てをしてもらう。

ヘルミアは、デパートの案件をなんとしてでも維持するために、様々な策を考えるが、、、
ミノがフランス化粧品会社をデパートに参入させようとする。
スンジョンに案内役を頼むが、フランスから来たと装ったゴールドパートナーズの社員だった。
ミノには今回の案が失敗だと言い、スンジョンを辞めさせる。
スンジョンは、今まで飲めなかったお酒を飲んで、気分良く家へ向かった。
階段のところで転び、ミノに助けられた。
その時ミノが鼻をツンツンと触る仕草をした。
ドンウクがよくやってたやつですね…スンジョンは複雑ですね。
翌日スンジョンは正式にに辞表を出した。
その帰りスンジョンが裏切り出し抜いたと誤解している会長は
スンジョンを殴ってしまう。ジュニに支えられながら会社を後にしたスンジョン。
ミノは自室に戻り周りを見ると…頼んだことを完璧にやっており、更にゴールドパートナーズの人とわかっても最後まで案内をしたことを聞き…情けない自分にあきれる。
彼女の後を追いかけるが、呼んでも気づかない…すると以前ドンウクに捕まって恨みを持ってる
人がスンジョンを人質にナイフで脅した。
ミノは咄嗟に時計を投げ、気を散らせ、犯人のパンチを交わし捕まえた。
ドンウクも同じことをしてましたね!ほんとにドンウクの魂が彼を動かしてますね
スンジョンが帰る途中、指輪の完成連絡を受ける。ドンウクが密かに作っていました。
指輪はミノに預けたと店の方に聞き、家まで行くことにしたスンジョン。
そこは、、、ドンウクが結婚したら一緒に住もうと言っていた家だった。

1話-2話の感想

どんどん色んな展開が出てきて、更に面白くなってきました!
ミノとスンジョンの恋の発展ももうすぐですかね!
そのほかにもまだまだ、問題山積みですが、ひとつひとつ解決される
ところも今後楽しみです。

まだ4話なのに内容が濃いですね!最終回はどうなるんでしょうか。