素晴らしい遺産-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ゲオクはソヨンの借金を返すために偽装結婚することにしました。傘寿祝いの席でヨンベから再婚相手だと紹介されたゲオク。
ソラクはヨンベにゲオクのことを財産目当てだと言いますが、ヨンベはそんなことは承知だと答えました。
ゲオクはミヒたちに自分は出稼ぎに行くと言い、家を借り焼肉屋を始められるように用意しました。
そしていよいよゲオクはヨンベの家に引っ越してきました。

スポンサーリンク

【素晴らしい遺産】(ネタバレあり)

28話

ゲオクはソラクに娘がいることを知り驚く。
ソラクはガオンもいるのにこの家で暮らすのかと聞く。
ヨンベは夫婦なのに別居しろと言うのかと聞く。

ソラクはガオンに荷物をまとめろと言う。
ヨンベは家を出て行きたいなら勝手にしろと言う。

ガオンとソラクは出て行った。
ソラクはガオンに当分はペクドゥ兄さんのところにいろと言う。

ヨンベはゲオクを部屋に案内する。
ゲオクは夫婦なのに寝室を別にしたら怪しまれないかと聞く。
ヨンベは妻とも寝室が別だったと言う。
ゲオクはそれなら良かったと言う。

ヨンベはゲオクに明日から戦いが始まると言う。

ソラクはゲオクとヨンベが2人切りになるのを心配して家に戻ってきた。
ヨンベの部屋の前で寝るソラク。

翌朝ソラクは朝食ができたと言われ起こされた。

店を休んでいるパングムを心配してお粥を持って行くヨンミ。
ヨンミはお義父さんに好意を持っていたのかと聞く。
パングムは相手が年寄りなら何も言わないけれどあんな若い女だなんて貧相な顔をしていたと言う。
貧相なのはパングムのほうでしょう

パングムはもう店には行かないと言う。
ベトナムにいる息子のところに行くと泣き出した。
ヨンミは外国など行くなと言いスカーフをプレゼントする。
パングムはとても寂しくて悔しかったと言う。

ヨンミは一緒にあの女狐を家から追い出そうと言う。
2人はカラオケに行き散々歌った。
2人の長いカラオケシーンは必要ですか?

ゲオクは家族の経歴をすべて覚えさせられる。

ゲオクはヨンベに家族のことなら理解できるが不動産のことまで把握する必要があるのかと聞く。
ヨンベは楽をして3億ウォンも手にするつもりだったのかと聞く。
計画があるからとにかく覚えろと言う。

ゲオクにソラクから何度も電話がかかってきている。
ヨンベは会ってこいと言う。
ゲオクは何を話すのかと聞く。
どうどうと俺の妻だと言えばいいだろうと言う。
ゲオクはこんな服装では説得力がないと言う。

ヨンベはゲオクを連れてショッピングに行く。
市場の洋服ではないようです

ゲオクはネイルから美容室もハシゴした。

ソラクとの待ち合わせのカフェに行くゲオク。
綺麗になったゲオクを見て固まるソラク。

スポンサーリンク

29話

ソラクはゲオクに父親を狙っていて僕に接近したのかと聞く。
ゲオクは知っていたらおじいさんに会わなかったと言う。
ソラクはいくらもらったのかと聞く。
金なんかもらっていないと言うゲオク。

ソラクは化粧や洋服に使ったお金はどこから出たのかと聞く。
ゲオクは文句があるなら買ってくれた人に言えと言う。
ソラクは僕だけに白状したら内密に事態を収拾して何の罪も問わないと言う。

ゲオクは私たちは純粋な関係だと言う。
ソラクは33歳と80歳が純粋な関係なわけがないと言う。
ゲオクは男女の仲は関係ないと言う。
ソラクはなぜお前なのかと聞く。
ゲオクは私のことが気に入ったのだろうと言う。

ソラクは絶対に真実を暴いてやると言う。

ミヒは焼肉店のオープン準備をする。
手伝わないソヨンにスンミに申し訳ないと言うミヒ。
働くつもりはないと思います

ソヨンはジャンウォンの父親に養育費を請求すると言う。
ミヒは貰えたらゲオクにあげるべきだと言う。
ジャンウォンを育てたのはゲオクだと言う。

クムガンはゲオクのことを調べるためにヨンベの家にやってきた。
ミンジュはクムガンにお義父さんが従業員にゲオクのことを女主人だと紹介したと言う。

ゲオクは肉の配達員だったと言うミンジュ。
クムガンは配達に来て知り合ったのか言う。
ミンジュは顔を合わせたことはなかったはずだと言う。
クムガンは俺が許さないと言う。
あなたに許してもらわなくても大丈夫です

クムガンは留守中のゲオクの部屋に入る。
部屋の中に盗聴器を仕掛けようとしている。
見つかりにくい場所を探しているうちに結婚契約書の入った箱を見つけた。
中に入っている下着を見て年寄りくさい肌着だと言いそのまま戻した。
セーフです

クムガンは飾ってある絵の後ろに盗聴器を仕掛けた。

ソニの息子の誕生日なので病院にプレゼントを持って行くペクドゥ。

ペクドゥは留学先で旦那と知り合ったのかと聞く。
ソニは父親が事業に失敗して悔しくで逃げ出したかったと言う。
そんな時に彼と結婚したと言う。
私を救ってくれると思ったと言う。

1人目を妊娠して5ヶ月の時に喧嘩して私を階段で押したのだと言う。
それまで本性を隠していたのか殴る蹴るの暴力だったと言う。
ペクドゥは黙って耐えていたなんて馬鹿だと言う。

ソニは耐え抜いていたら神様が私を救ってくれたと言う。
お酒を買いに行って交通事故にあい即死だったと言う。

ペクドゥは蓄えはあったのかと聞く。
ソニは家の保証金と保険金で食堂を開いて子供を育てようとしたけれど子供が病気になってしまったと言う。
ペクドゥは赤いスポーツカーに乗っていた天下のソニが看病生活でこんなに落ちぶれてしまったのかと言う。

ソニは泣き出す。
ペクドゥはもう心配しなくていいと言う。
愛人にでもするつもりでしょうか

ソラクはスミンに会いに来た。
ゲオクはここも辞めたのかと聞くソラク。
スミンはお金が必要だからだろうと言う。
家もないほど深刻な状況だったのだと言う。

ソラクはそれでもあそこまでするなんて最低だと言う。
スミンはお金を稼ぎに島に行くのが悪いのかと聞く。
ソラクは完全犯罪だと言う。

家族の連絡先を教えろと言うソラク。
スミンは知らないと言う。

スミンからソラクが来たと聞いたゲオクは絶対に家族の連絡先を教えるなと言う。
スミンは彼のお金でも盗んだのかと聞く。
ゲオクは違うと言う。

酔っ払って帰って来たソラク。
釘を抜いていたゲオクはハンマーを持っていた。
ソラクはゲオクに飛びかかる。
ハンマーを取り上げ見つめ合う形になった2人。

スポンサーリンク

30話

ソラクがゲオクを捕まえているのを見たヨンベは彼女のことが気に入らないから殴るつもりだったのかと聞く。
ソラクは危ないから取り上げたのだと言う。
ヨンベは彼女が家具の修理をやってくれたのだと言う。
本来ならお前がやるべきことだと怒鳴るヨンベ。

クムガンはゲオクを追い出すためにソラクたちを集めた。
クムガンはゲオクが住んでいた家がわかったと言う。
だけど引っ越したらしくどこに行ったのか誰もわからないそうだと言う。

そのうえあの女は詐欺にあったようだと言う。
ソラクは被害額は8000万ウォンだと言う。
クムガンは知っていたなら先に言えと言う。
ソラクはゲオクの家族の連絡先がわかったら教えろと言う。

ハルラに別れたと年上の彼女から結婚式の招待状が届いた。
落ち込むハルラ。
元彼女に結婚祝いを送りたいと言う。
彼女が求めたのは高い冷蔵庫だった。
別れた彼女に何十万する贈り物をしますか?

パングムが店に出てこないので電話をかけるヨンベ。
わざと出ないパングム。
4回目にしてやっと電話にでた。

パングムは店には行かない、食事もしない、死ぬつもりだと言う。
私の通夜にも来るなと言い電話をきるパングム。
そのうち後悔しそうです

ゲオクは母に電話をする。
振り込め詐欺に気をつけろと言うゲオク。
誰が来ても私のことは知らないと言えと言う。

ヨンベは息子たちとその嫁を集めた。

ヨンベはこの年で結婚したのは頭がおかしくなったからではないと言う。
子供たちに一生捧げたために自分のやりたいことができなかったと言う。
今からでも自分の思うように生きるべきだろうと言う。
お前たちに迷惑をかけることがないようにの頃の人生は彼女に頼ることにしたと言う。

この人は自分の命より私を大切にしてくれる人だと言う。
野犬の餌になりかけたとき危険を顧みずに私を助けてくれた人だと言う。
息子たちは驚く。
ヨンベは新しい母親として受け入れて欲しいと言う。

ヨンベはお前たちには報告したから国にも報告をすると言う。
ゲオクは婚姻届けを出すと言う。

ソラクはゲオクの持っている封筒を取り上げた。
部屋を出ようとするヨンベを捕まえる息子たち。
封筒を取り返したゲオクはヨンベに行こうと言う。

エリはヨンベの靴を隠した。
ハルラは玄関の前に寝転び行くなら俺を踏んでいけと言う。
ヨンベはクムガンを突き飛ばした。

スポンサーリンク

28~30話感想

きちんと化粧をしてオシャレしたゲオクは素敵でした。今までの服装では気づきませんでしたが、やはりスタイルががいいのでしょうね。
ソラク以外の息子は本当にどうしようもない息子たちです。長男は愛人を作りそうだし、次男はゲオクの部屋に盗聴器を仕掛けたりと違法ではないでしょうか。まるでチンピラのようです。4男ハルラが買った冷蔵庫代は誰が払うのか気になりますね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください