素晴らしい遺産-あらすじ-85話-86話-87話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

財産相続企画案を出した兄弟。ペクドゥは冷麺店を継ぐために出し汁の作りからを学んでいます。
ハルラはマンションを売り、そのお金をクムガンに渡したハルラ。ボミと暮らす準備をしていますが、同居人が女だと知ったヨンベが反対します。
ガオンにパパのことが好きかと聞かれたゲオクは親しい友人の関係だと嘘をつきました。
ガオンの母親メーガンがガオンに会いに来ました。

スポンサーリンク

【素晴らしい遺産】(ネタバレあり)

85話

メーガンはガオンに私が誰かわかるのかと聞く。
先日ノートを拾っとときに私がかわいい名前だと言っただろうと言う。
ガオンはパパとはどんな関係かと聞く。
メーガンは仕事の仲間で留学先でも一緒だったと言う。

メーガンは近所で働いているから会いに来たと言う。
今度はパパと一緒に会おうと言う。

ペクドゥはミンジュに養子をもらうつもりはないかと聞く。
君とこの先幸せに暮らしていくは子供がいた方がいいと思うと言う。
ミンジュは私も真剣に考えてみると言う。
今は出し汁作りに精を出してくれと言う。
養子どころかあなたを捨てるつもりですよ

ガオンはソラクにメーガンて誰かと聞く。
さっき学校の前で会ったと言う。
パパから私の自慢話を聞いて会いたくなったと言っていたと言う。

ソラクはそれほど親しくないのに学校まで行くなんておかしいと言う。
ガオンは美人だったと言う。
ソラクは好奇心旺盛な人なのだろうと言う。

ガオンはいい感じの相手なのではないかと聞く。
ソラクは変わっている人だと言う。
ガオンはメーガンとソラクの関係が気になっていた。

ソラクはメーガンに何が望みなのかと聞く。
メーガンは私が自分の娘を傷つけるはずがないだろうと言う。
ソラクはよくもぬけぬけと娘なんて言えると言う。
今更母親だと名乗り出るつもりかと聞く。

メーガンは私に会いたくはなかったのかと聞く。
ソラクはずっと待っていたと言う。
きっと娘に会いにくるはずだと思ったが何年経っても君は戻らなかったと言う。

数年経って君のことは諦めたと言う。
反対に絶対に戻ってくるなと思ったと言う。
もう遅すぎたと言う。

メーガンは戻るつもりはなかったと言う。
去年、母が亡くなって真実を知ったと言う。
子供を産んだ時は母親から死産だったと聞かされていたと言う。
あの子が生きていてあなたの元で育っていることを知ったと言う。
真実を知った時は眠れなかったと言う。
ガオンの存在を知らなかったのですか!それでもこの女は好きにはなれません

メーガンはソラクになぜなのかと聞く。
つらかっただろうと言い、ソラクを抱きしめるメーガン。

ヨンベはゲオクに出し汁室に入るつもりはないかと聞く。
ゲオクはペクドゥはどうするのかと聞く。
ヨンベはライバルがいた方がやる気が出るだろうと言う。
ゲオクは失敗さえしなければ褒めてあげたらいいと言う。

ゲオクはソラクに週末デートしようと誘う。
利川の土地が売れそうだから一緒に見に言って欲しいと言う。
しかし仕事が忙しいと断るソラク。
なぜ?メーガンのせいですか

チャ料理長はソヨンに電話をかける。
会うことになった2人。
待ち合わせの場所に来たギョンホを見てソヨンはこの前店で会った中国人はあなただろうと言う。
テーブルに置いてあった水をかけるソヨン。

スポンサーリンク

86話

ソヨンはギョンホにバカにするなと言う。
重病だと嘘をまでつくなんて何が目的かと言う。

ギョンホは生まれ変わりたかったと言う。
実は平壌冷麺店で働いていると言う。
ソヨンはゲオクのいるところかと言う。
ギョンホはゲオクはお前の妹だろうと言う。
お前が店に来て知ったと言う。

ソヨンは店で私を見たのに知らないフリをしたのかと聞く。
うなづくギョンホ。
ソヨンは私があなたの前科をバラすと思ったのかと言う。
そうだと言うギョンホ。

ギョンホは返済不可能な借金と前科のある俺がどんなに努力しても世間は受け入れてくれなかったと言う。
出所後、最初の職場で汚名をきせられまた刑務所に入ったと言う。
次に出所した時はどん底だったと言う。

だからギョンホの名前を捨ててジョンゴンになったと言う。
刑務所仲間の名前だと言う。
ソヨンはそれでも嘘をつくのはひどいと言う。
あなたに散々騙されたからそれを信じると思うのかと言う。

お前も詐欺師のギョンホしか見ていないだろうと言う。
悪いのは俺だからバラせばいいと言う。
その前に俺から店を辞めると言う。

ギョンホはジャンウォンに会えないかと聞く。
ソヨンはジャンウォンの気持ち次第だと言う。
ギョンホはいつかジャンウォンに会えると思って耐えてきと言う。
ソヨンに紙袋を渡し出ていくギョンホ。

紙袋の中にはお金がたくさん入っていた。
いったいいくらあるのでしょう?30万円くらいでしょうか!

ソヨンはギョンホにメールを送る。
冷麺店やゲオクには内緒にするからジャンウォンに恥じない生き方をしろという内容だった。
それを読んだギョンホはうまくいったと喜ぶ。

ハルラはボミと暮らすために家族の味方をつけ始めた。
しかしヨンベは相手の家族に挨拶に行って許しを得るのが先だと言う。
クムガンは今はそんな時代ではないと言う。

ミンジュはヨンベに話があると言う。
ゲオクも一緒に話を聞く。

ミンジュはゲオクとソラクの関係を怪しんでいて二人に聞いたが二人とも否定するから勘違いだと思っていたと言う。
最近ガオンも関係を疑っていると言う。
だからお義父さんに確認したいと言うミンジュ。

もしソラクとの関係が本当ならゲオクがお義父さんの財産管理をするのは不公平だと言う。
ゲオクはソラクとはお祖父さんに会う前から知り合いだったと言う。
親しかったのも事実だと言う。

だから気づかないうちに誤解を招いたのだと言う。
ゲオクは私は誰とも交際していないと言う。
お祖父さんの息子と交際するなんてありえないと言うゲオク。

ミンジュはそれなら安心だと言う。
否定したからには自分の言葉に責任を持ってくれと言う。
自分は夫を捨てようとしているのに嫌味な女です

ソラクやメーガンは会議を終えて、みんなでランチに行くことにした。
会社のロビーまで降りていくとガオンが待っていた。
ガオンはソラクに声をかけた。

スポンサーリンク

87話

ガオンはソラクに声をかけた。
ソラクは何をしに来たのかと聞く。
メーガンはガオンにまた会ったわねと言う。
ソラクは同僚たちに行ってくれと言いガオンを連れて行く。

ソラクはガオンを食事に連れて行く。
ガオンはメーガンという人はパパより偉いのかと聞く。
あの人のことが気になると言う。
わざわざ私に会いに来るなんてパパに好意があるのだろうと聞く。

ガオンは私はパパが誰と交際しても構わないと言う。
恋人を作って欲しいと言う。
ゲオクでもいいですか?

ソラクはお前に遠慮しているわけではないと言う。
だから気にするなと言う。

メーガンはソラクにガオンに渡して欲しいと学用品やカバンなどたくさん買った。
ソラクは機会を見て渡すと言う。
メーガンはガオンのことを色々と質問する。
母親に会いたがっていないかと聞く。

ソラクはガオンの気持ちを尊重してくれと言う。
メーガンは私によく似ていると言う。
似ていないです

ゲオクは冷麺店の従業員にボーナスを配って会食をする。
ミンジュはゲオクが偉そうにしているように見えて面白くない。
ゲオクは出し汁作りを頑張っているペクドゥを讃える。

ソラクはガオンにメーガンと3人で会わないかと聞く。
ガオンはそうしようと言う。

ゲオクはソラクに話があると言う。
ソラクはミンジュに問い詰められても耐えてくれたお礼と言う。
何があっても君を傷つけたくないと言うソラク。

ゲオクは正直に言うとお祖父さんやみんなの前で恥ずかしかったと言う。
友人からもあなたと別れろと言われていると言う。
誰よりも真面目に生きてきたつもりなのになぜ責められるのか悔しいと言うゲオク。

諦めようとしたけれど心がどうにもならないと言う。
あなたが本当に好きだと言うゲオク。
ソラクはゲオクにキスをする。

スポンサーリンク

85~87話感想

メーガンはガオンを取り戻したいと思っているのでしょうか。ソラクとよりを戻したいと思っているのは確かなようです。高校生時代のシーンで出てくるメーガンは正直あまり可愛くないですね。もっと可愛い子役を使えばよかったと思います。
ゲオクにライバルが現れ危機が訪れたと思いましたがソラクの心はうごしていないようで安心しました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください