耳打ち-あらすじ-9話-10話-感想付きで詳しく紹介!

韓国ドラマ-耳打ち-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

耳打ち




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、ジョンイルはペク・サングの部下を犯人仕立てようとしていた。
ドンジュンは幸せになる資格がと…

スヨンはシン・チャンホが無実だと録画を取る

【耳打ち】ネタバレあり

9話

法院長出身の顧問を全員今すぐ呼べとチェ・イルファンは言い呼び寄せた。そして、テベクの中に人殺しがいると言った。
そして、証言動画が提出されるはずだから厳しく裁くよう指示しろと続けて言った。
カン・ユテクは証言動画を無効にする方法を探し、賄賂を渡した警察に連絡するんだと言った。
秘書はテベクと戦争するのかと聞くとチェ・スヨンを犯人にしないと息子が捕まる。
イルファンは韓国は法治国家だから裁判官たちを指導しろと話した。

カン・ジョンイルはペクに連絡しろとチョ弁護士に言った。スヨンの所も同じ様にしようとしていた。ジョンイルとスヨンが廊下で会った。
スヨンは埠頭で夫が刺されたことがある。ペクの口座を調べれば黒幕がわかる。記者を殺したのもその人よと言った。
シン・ヨンジュとイ・ドンジュンは話していた。その時、警察が来て公文書偽造の疑いでヨンジュを逮捕すると言ってきた。
ドンジュンは合法かどうかわかるまで待ってもらえと部下のノ・ギヨンに言った。
ドンジュンはイルファンの所に行ってヨンジュの事を聞きに行った。イルファンはヨンジュは危険だから捨てろと言ったがドンジュンは手を出したら判決文も公開すると答えた。
そして、テベクに残ります。代表の娘婿で弁護士、ヨンジュは秘書ですと言った。
ドンジュンは部屋に戻ってきた。そして、
「僕は無実の人を刑務所に入れた。もう過ちは犯さない。チェ・イルファン、カン・ユテク、カン・ジョンイルを倒す。危険な仕事だ。辞めてもかまわない。」とギヨンに言った。
ギヨンは
「あと1回です」と答えた。
ギヨンは本当にドンジュンに尽くしてますね。恩返しですもんね

ヨンジュ達はスヨンとジョンイルの両方にペク・サングが必要と話をし、ヨンジュはペクは私達が。アメはないからムチで行くと言った。
ジョンイルはペクと会っていた。そこにスヨンからも電話があり、お互いに融資をすると言った。
スヨンは家に帰ってきた。ドンジュンからうまくいけばジョンイルは殺人罪。スヨンは暴行の教唆、僕がペクならカンを選ぶと言った。
次の日、スヨンはペクと一緒にランニングをしていた。そして提案をした。
その提案はカンとチェが提示する額に1億ウォンをプラス。イ弁護士はお金持ちなのと言った。そして、ペクは金額を釣り上げたとスヨンに連絡していた。
スヨンは方法を変えた。取調室に入れば目が覚めると言いその日のうちの令状が出た。ペクは逃げた。
ヨンジュはペクのあとを追いかけ始めた。
ジョンイルはドンジュンの所に行きペク・さんぐは僕の手に入ったと言った。
ドンジュンは
「ペクを早く迎えに行け。でも、君とペクの関係に興味を抱くだろうな。不安なら会わないことだ。会うのも会わないのも危険だ。檻の中で困っている獣を見るのは面白い」と答えた。

ペクは部下に裏切られた。そして、ペクは逃げ始めた。そこにヨンジュが現れて車に乗せた。ヨンジュは隠れ家を用意すると言いペクは分かったと言った。
ジョンイルは30年前にイルファンが使っていた事務所に来た。そこには父親のユテクがいた。そして、あとからイルファンの秘書ソン・テゴンが現れた。
テゴンはユテクからもらっていたものを返しに来た。それはお金だった。そして、イルファンは裏切れないとユテクに言った。

ヨンジュはペクに情状酌量と司法取引に刑の減軽までしたら還暦前には出所できると説明した。
ペクは事件の日の事を話した。ペクは
「チェから連絡があってキム秘書から機密を回収しろと頼まれた。シン・チャンホと機密を暴露すると聞いて釣り場へ。襲った時はちゃんと生きてたが顔を見られてしまった。
 シンがくることは知ってた。だから警察に通報して逃げた。ここまでだ。そのあとの裁判や偽証には関わっていない。」と答えた
ぺく・サングから事件の日がどんなだったか話を聞けましたね

スヨンとジョンイルは徹底的に交際していた時のメールなどを消した。しかし、昔の携帯までは思いつかずドンジュンが見つけた。
ドンジュンはスヨンとジョンイル、そして、チョ弁護士とファン弁護士も呼び、昔の写真を見せた。
そして、ドンジュンは
「テベクは崩れ、ポグク産業は沈没する。協力すれば救命ボートに乗せてやる。」とチョ弁護士とファン弁護士に言った。

ペクは誰からに襲われ連れ去られた。

そして、ユテクとイルファンはウリムビルで会った。
そこはイルファンがテベクを構えた所だ。
ユテクはテベクをもらうと言ってきた。その時スヨンから電話がかかり、新たに証人が申請された。それはソン秘書だと言った。
イルファンはどうしてと聞くと、7年前に私をハメたのは代表でしょう。検事も戻してくださいとソン秘書は言った。
そして、イルファンはユテクの頭に壺を当てた。ユテクは助けてくれと言うが、イルファンは嫌だと言った。
ユテクは亡くなった。
イルファンはソン秘書に
「不正で弁護士の資格を失ったソン・テゴン。残った長い人生は誰に頼る?考え直す気はないか?」と言った。

ヨンジュはイルファンが出てきたことを確認してからビルの中に入った。
そして、ユテクが倒れているのを確認した。しかし、その後ろにソン秘書がいた。

10話

イ・ドンジュンはカン・ジョンイルと話をしていた。
ジョンイルは裁判が始まる10分前だと言うと、ジョンイルが起こした問題の答えを探してる。2件以上の犯罪は加重処罰になる。殺人に証人の買収、そして、拉致までと言った。
ジョンイルはだから隠すんだと答えた。

カン・ユテクの所にジョンイルから電話がかかってきた。シン・ヨンジュは電話を取ろうとしたが、ソン秘書に後ろから殴られてしまう。
ソン秘書は携帯を取り電話を切った。

チェ・イルファンはテベクに帰ってきた。代表室にはスヨンがいてソン秘書は法廷に来なかった事を言った。
スヨンはお父さんが嫌いだったと言ったがイルファンはスヨンを抱きしめた。イルファンは
「政権が代わるたびにユテクを聴聞会から救った。私がいなかったら半生を刑務所で過ごしている。あいつのお金で弁護士や顧問を雇った。しかし、私はユテクに何倍もの小作料を
 払ってる。私が育てた。お前も。テベクも。ユテクへの借りはすべて返してきた。」と言った。
スヨンはイルファンのシャツの襟に血がついているのに気づいた。
一生懸命、スヨンに話をしていますね。でも、血がついていることに気づいてしまいましたね

ヨンジュは目を覚ました。ユテクの遺体が無くなっていた。
ヨンジュはテベクに帰ってきた。エスカレーターの中でソン秘書と会い袖についた汚れを手で払った。
そして、ドンジュンにイルファンがユテクを殺したことを言った。
ヨンジュは警察に道具を借りて現場検証をしに行くと言ったが、ギヨンが新吉洞ですかと聞きテレビをつけた。それはビルが燃えているニュースだった。
消火が終わりジョンイルがビルに行った。そこで、割れた壺の破片を見て、思い出していた。
ユテクはポグク産業を売って明洞でビルを買ってジョンイルにきれいな手で弁護士を続けろと言っていた。

ヨンジュとギヨンはソン秘書の家に忍び込んだ。しかし、ギヨンが指紋を残してしまった。その事に帰ってきたソン秘書が気づいた。
ジョンイルはイルファンにユテクと連絡がつかないと言った。イルファンはそのうち帰ってくると言ったが、
ジョンイルは電話がなり、ユテクからかかってきたフリをした。ジョンイルは借りをかえすとユテクが言っていると言った。
ジョンイルは部屋に戻り、チョ弁護士にユテクを殺したのはイルファンだと言った。

イルファンはヨンジュとドンジュンと食事をした。イルファンはあの日の事は忘れろと言った。ヨンジュはどの部分ですかと聞いた。
イルファンは忘れてくれたらジョンイルを法廷に立たせると言いその場を去った。

ヨンジュとギヨンはソン秘書が乗っていた社用車のトランクを開けたがユテクの遺体はなかった。
その作業をチョ弁護士が見ていた。
イルファンはスヨンに質問があるんだろと聞いていた。スヨンは自分に聞いているのと言った。
“私のせいで父の手を汚した。どうすれば?見守るだけ?助けたい”と。
イルファンはヨンジュとジョンイルを一緒に始末しようとソン秘書に言った。
ユテクの遺体は違う社用車にあるとヨンジュ達は気づいた。それは国に預けるという事。レッカー移動していたのだ。
ヨンジュはレッカー先に行くとソン秘書が出てきた。ヨンジュは追いかける。
ドンジュンはテベクでニュースを見ていた。そこで写ったのはユテクを殺した犯人でヨンジュが指名手配されたと。
ヨンジュはとりあえず逃げた。そして、危険だったが父親のシン・チャンホの顔を見た。
チャンホは転移が早く1か月もたないと判断された。
お父さん、大丈夫でしょうか…。あと1か月しかもたないなんて…

次の日、ドンジュンの部屋にジョンイルがきた。ジョンイルはヨンジュが何を見たのかを知りたいと言った。
ドンジュンは釣り場の事とペクの居場所を知りたいと見返りをと答えた。

スヨンはペクの居場所が分かった。それはジョンイルの別荘だった。
スヨンは向かったがペクはすでに海のうえだった。
ドンジュンはヨンジュと会う事を決めた。ヨンジュは
「車を動かすように仕向ける。4562の盗難届を出して、高価な貴重品があると言えば、集中的に捜索するわ」と言った。

ヨンジュはソン秘書が運転する車を止めた。そして、トランクの中を見た。中には何もなかった。
その代り、ヨンジュの車のトランクに遺体があった。

9-10話感想

色々と難しくなってきましたね~。
スヨンとジョンイルは、自分たちの交際していた時の想い出の写真やメールを削除する徹底ぶり
だけど、昔の携帯をドンジュンが見つけたからドンジュンの方が一枚上手?!
イルファンはユテクを殺してしまいましたね。。
長年の恨みというか、爆発してしまったんでしょうか。
だけど、ユテクの殺人をヨンジュになすりつけるなんて。
この後、どうなっていくのでしょうか。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。