花道だけ歩きましょう-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-花道だけ歩きましょう-あらすじ-19話-20話-21話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花道だけ歩きましょう

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ハナ飲料に入社したヨウォン。配属されたのはチョンドンのいる対外協力チームでした。ブランクがあるため仕事がわからずヨウォンはチームの仲間に迷惑をかけてしまいました。それを挽回するため頑張るヨウォン。
ジフンはビョンレからスジの気持ちをつかんだら将来会社の経営を任せると言われ、スジに交際を申し込みますが断られてしまいました。

【花道だけ歩きましょう】(ネタバレあり)

19話

ヨウォンはスジが社長の娘と知り謝る。
スジはこの場で解雇だと言う。

そこにチョンドンが来た。
スジはチョンドンに部下の教育がなっていないと言う。
チョンドンはスジに落ち着いてくれと言う。
スジはチョンドンに着いてこいと言う。

ヨウォンはチョンドンが社長の娘と不倫をしていると思った。

チョンドンはスジに知らない人が部屋に入って来たら警戒するのは当然だと言う。
スジは最初から私を追い出そうとしていたと言う。
チョンドンはありえないと言う。
スジはあくまでも部下の肩をもつのかと言う。

スジは今夜食事に行こうと言う。
スタジオの準備を手伝ってくれたからお礼をすると言う。
チョンドンは気を使ってもらわなくても大丈夫だと言う。
スジは高いものをおごると行っているのだから光栄に思えと言う。
チョンドンは大丈夫だと断る。
行きたくないと言っているのですよ

その様子を見ていたビョンレはスジに社員を困らせるなと怒る。
行動を改めないならスタジオの金を回収すると言うビョンレ。

チョンドンはヨウォンにスジに対しては特別な配慮をしろと言う。
ヨウォンはチョンドンにとって特別な人女性だからだろうと思っていた。

ギュチョルはイルナムに子持ちの女性を紹介してしまったお詫びにイルナムが売り歩いている化粧品をたくさん購入した。
ヨウォンはギュチョルに謝る。
ギュチョルは仕事も大変だろうが義母さんの手伝いもしろと言う。
ヨウォンはわかっていると言う。

スジは見合いをする条件で母親からお金をもらうことになった。
相手はコヨングループ財閥の次男だった。

ソナは無くなったネックレスのことを考えていた。
そのためスジの作ったオブジェにぶつかってしまい倒してしまった。
それを見たスジはオープンは目の前なのにどうするのかと怒鳴る。
ソナは泣きながら謝る。
スジはわざと壊したのだろうと言う。

スジはソナに今日中に直しておけと言う。
無理なら退職届けを出せと言う。
ソナが作った方が評判がいいのでは?

見合い相手の男性はスジに結婚後もポップアートを続けるかと聞く。
当然だと言うスジ。
そのために渋々来たのだと言う。

相手の男はうちの会社に比べたら君の会社はレベルが低いと言う。
スジは年間売上高が5000億ウォンでも低いのかと聞く。
男性は母親が元受付嬢だから君もスタイルはいいようだと言う。
母親は男を口説く手腕にたけていたようだと言う。

スジはあなたは父親を父さんと呼べるのかと聞く。
愛人の子のくせに偉そうにするなと言う。
相手を見下すところ2人とも似ていますが

チョンドンはヨウォンに明日から30分早く出勤して競合会社の広告をスクラップしてくれと言う。
会社によってイメージが違うから分析をしろと言う。

返事をしないヨウォン。
ヨウォンは気が散って仕方ないと呟く。
その言葉に驚くチョンドン。

ヨウォンはチョンドンのワイシャツの袖ボタンが取れかかっているのが気になっていたのだった。
ヨウォンは裁縫セットを出し、その場で塗ってあげた。

スジからの電話で呼びつけられたチョンドン。

スジは見合い相手に私の母親は受付嬢だが、あなたの母親は今もクラブで働いているのかと聞く。
男はスジに怖いもの知らずだと言う。
スジは男にアイスコーヒーをかける。

男はそばにあった氷の入ったバケツの水をスジにかけようとした。
その時チョンドン現れ、スジをかばった。
代わりに氷水を浴びたチョンドン。

チョンドンは男にちょうど暑かったので謝罪はいらないと言う。
周囲の人が何人も動画を撮っているがまだ続けるのかと聞くチョンドン。
見合いの男は行ってしまった。
これは誰もが胸キュンするでしょう

スジはチョンドンに車の鍵を渡し運転してくれと言う。

スジを家まで送って来たチョンドン。
そのときジフンが家の前にいた。
ジフンはスジを助けたのがチョンドンだと知った。

20話

ジフンはチョンドンになぜスジと一緒なのかと聞く。
スジはトラブルがあって私が呼んだと言う。
ジフンはチョンドンにお疲れ様と言う。
チョンドンはスジに個人的に呼び出すのはこれで最後にしてほしいと言う。

家に帰って来たスジにギジャは大切な見合いなのに騒ぎを起こすとは何事かと聞く。
スジはひどい男だったと言う。
ギジャは立派な家柄の申し分のない相手だと言う。
私が見ても最低な男でしたが

スジはいけすかない男だと言う。
コヨングループの次男なのにもったいないと言うギジャ。

その会話を聞いていたビョンレは何があったのかと聞く。
スジはコヨングループの次男と見合いをしたと言う。
ビョンレはギジャに勝手なことをするなと言う。
スジはジフンと結婚させると言うビョンレ。
ギジャは絶対に阻止をすると言う。

ソナはジフンに電話をかけて、ネックレスを失くしてしまったと泣きながら謝る。
ジフンはまた買ってあげるから泣かなくていいと言う。
ソナはせっかく買ってくれたのにごめんなさいと言う。
ジフンにとってネックレスは何の意味もないようですよ

出前を取ったソナ。
配達して来たのはイナムだった。
イナムはソナの顔見て驚く。
君を探していたといいネックレスを差し出すイナム。

スジはオープン準備で忙しく人手が足りないのでチョンドンを呼ぼうとした。
しかしチョンドンは不在で代わりに行くことになったヨウォン。

ヨウォンはスジの顔を見て驚く。
スジは私を手荒に扱った女はあなただけだと言う。
ヨウォンはその時は知らなかったと謝罪をする。
スジは二度と私に失礼な振る舞いをしないように根性を叩き直してやると言う。
叩き直す必要があるのはスジです

ヨウォンはアトリエにいるソナを見て驚く。
ソナのことをチョンドンの妻だと勘違いしているヨウォンは妻と不倫相手が同じ職場で働いていると思った。

ソナはヨウォンを見て食堂の前で会った人だと言う。
ヨウォンはハナ飲料から派遣させて来たと言う。
ソナはスジがハナ飲料の社長令嬢だと知った。

スジの家の家政婦でベトナム人のチャンは愛犬ジェニーの餌を買いにジヨンのドッグカフェにやってきた。
店にいたイルナムはチョンに気づき、思わず隠れる。
イルナムは車に乗って帰るチャンを見ながらなぜ韓国にいるのかとつぶやく。
あなたを探しに来たようですよ

チョンドンは記者たちにつかまり酒につきあわされている。
他の社員が都合悪いのでチョンドン一人で相手をしなければならなかった。
それを聞いたヨウォン。

酒を勧められ無理に飲もうといるチョンドン。
そこにヨウォンが現れた。
チョンドンの持っているグラスを取り上げ、代わりに一気で飲んだ。

記者はチョンドンの恋人かと聞く。
ヨウォンは恋人ではなく部下だと言う。

チョンドンは何をしに来たのかと聞く。
ヨウォンは助けに来たと言う。
ここからは選手交代だと言うヨウォン。

ヨウォンは記者たちのグラスに酒を注ぎ、一気をしようと言う。
盛り上がる記者たち。

記者たちはみんな潰れてしまった。
チョンドンは記者たちをタクシーに乗せた。

ヨウォンも酔っていた。
チョンドンはヨウォンに今日は頑張ったと言う。
ヨウォンは褒められたのは初めてだと言う。

酔っ払ったヨウォンを背負って連れて帰るチョンドン。
酔っ払ったヨウォンはチョンドンの背中でドンウの名前を呼ぶ。
チョンドンは誰のことかと聞く。

そのとき家の中からコンニプが出てきた。

21話

コンニプは帰りが遅いヨウォンを心配して家から出てきた。
すると家の前でチョンドンに背負われたヨウォンがいた。

チョンドンはコンニプを見て食堂の社長さんだと言う。
ヨウォンはコンニプに私のお母さんだと言う。
チョンドンは同じチームで働いていて、今日は食事会だったと説明する。
コンニプはわかったから帰れと言う。

泥酔したヨウォンの姿を初めて見た家族は驚く。
ヨウォンはジヨンにいくら忙しくても洗い物くらいはしてくれと言う。
さらに買い物を頼んだ時はお金をくれと言うヨウォン。

イルナムはジヨンにもっと義妹に気を使ってあげろと言う。
ヨウォンは今度はイルナムに不満を言い始めた。
かなり不満がたまっているようです

イナムはヨウォンを部屋まで連れて行く。

寝ながらヨウォンはドンウの名前を呼びながら謝る。

ドンウが亡くなった時、ドンウが臓器提供者に登録していたことを知らなかったヨウォンは同意できないと泣いていた。
しかしコンニプはドンウが望んだことだと言う。
ドンウの命で誰かを助けることができるのだと言う。

ヨウォンはあの日、私が責めたからいけないのだと言う。
ドンウを諦めることはできないと言うヨウォン。
コンニプは事故だったと言う。
もうドンウを見送ろうと言うコンニプ。

そして泣きながら臓器提供に同意したヨウォン。

コンニプはドンウの写真を見ながらヨウォンとボラムは私が守るから心配しなくていいと言う。
寝ながら泣いているヨウォンにあなたのせいではないと言うコンニプ。
優しい姑なのですね

翌日、ヨウォンは昨夜のことを全く覚えていなかった。
コンニプはヨウォンに記憶がなくなるほど飲ませる職場に通う必要があるのかと聞く。
ヨウォンはお金を稼ぎたいと言う。
ボラムとお義母さんのために稼ぎたいのだと言う。

イナムはソナを食事に誘う。
ソナはネックレスのお礼をするために承諾した。
ヨジュはイナムが誘うのは自分だと思っていたが勘違いだと知り落ち込む。
性格を直さなければ誘いもありません

チョンドンはコンニプに会いに食堂に来た。
チョンドンは昨夜のことで上司として責任を感じていると言う。
今後は気をつけると謝るチョンドン。

コンニプは謝ることではないと言う。
チョンドンは空腹なので食事をしていもいいかと聞く。
コンニプは定食を用意する。

コンニプはヨウォンに店に上司が来ていると伝える。

ヨウォンはチョンドンに何をしに来たのかと聞く。
チョンドンは昨日のことが心配だったし食事もしたかったと言う。
ヨウォンは食べ終わったら帰ってくれと言う。

ヨウォンは豆のたくさん入った容器を運ぼうとする。
それを見たチョンドンは自分が運ぶと言う。
大丈夫だと言うヨウォン。

2人は大きな容器を奪い合う。
そして手を離したヨウォン。
チョンドンは豆を頭からかぶってしまった。

19~21話感想

酔っ払ったヨウォンがドンウの名前を呼んだ時、チョンドンの中にあるドンウの心臓が反応したのかもしれませんね。本当にそんなことがあるのかわかりませんがドキドキしたのは確かなようです。
先に好きになるのはどちらでしょう。
チョンドンが気になり始めたスジ。しかしそれを知ったらジフンが焦るでしょうね。今までの友情が壊れなければいいのですが心配です。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください