花道だけ歩きましょう-あらすじ-97話-98話-99話-感想付きネタバレでありで!

花道だけ歩きましょう

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
コンニプはヨウォンがチョンドンと付き合っていることを知りました。しかし自分が知っていることは言わずに黙っています。
スジは不妊症でした。ジフンは妊活に励もうと言いますが、スジは今は妊娠するつもりはないようです。
ギュチョルはジフンを家まで送り、そこで家政婦をしていたジョンスクを見つけました。ジョンスクはギュチョルにお金は必ず返すと約束し、誓約書を渡しました。

【花道だけ歩きましょう】(ネタバレあり)

97話

ジフンはギュチョルにここで何をしているのかと聞く。
ギュチョルが持っている封筒を取り上げ中の書類を見るジフン。

ジフンはジョンスクにこの人に詐欺を働いたのかと聞く。
ギュチョルはジフンにこの人の息子かと聞く。
黙っているジフン。
ギュチョルは必ず返してくれと言い帰って行く。

ジョンスクはジフンに母親の私がこんな姿をさらして申し訳ないと言う。
ジフンはあなたが母親であることが死ぬほど恥ずかしいと言う。
できることなら僕の体に流れる血を抜き下水道に捨てたいと言う。

スジは2人の会話を聞いてしまった。
スジはあの家政婦は私の姑ってことかと驚く。

ジフンは罪を犯した身でよくも僕のそばにいたいなどと言ったと言う。
確かにずうずうしいと思います

ジフンは母親として僕が心配だと言うなら自分の素性を知られる前にここを出るべきだろうと言う。
ジョンスクはあなたに迷惑はかけないと言う。
ジフンはすでにあの運転手に知られただろうと言う。

3億ウォンも盗んで返せるのかと聞く。
ジョンスクはすぐには無理だけれど返すと言う。
ジフンは僕のそばにいたいと言う理由がわかったと言う。
社長令嬢と結婚した息子にしがみつけば得だと思ったからだと言う。
ジョンスクは本当にあなたに会いたかったと言う。

食欲のないと言うジフンを無理やり食卓に座らせるスジ。
スジはジョンスクに両親が留守だから一緒に食べようと言う。

ジフンの隣に座るジョンスク。
スジは魚のスープは嫌いだと言っただろうと言う。
これはジフンのために作ったのかと聞く。
スジは家政婦さんはジフンに随分優しいようだと言う。
スジは何がやりたいのでしょう

ジフンは食欲がないと言って部屋に戻る。

チョンドンはビョンレからコンニプを会社に連れてくるように言われた。
しかしチョンドンはコンニプの体調を心配して言わずにいた。
ビョンレをどう説得するか困っているチョンドン。

チョンドンが困っているのを知ったコンニプ。

コンニプはハナ飲料にやって来た。

ビョンレはコンニプにお招きするつもりだったと言う。
チョンドンも呼ばれ、ビョンレの部屋に行く。
ビョンレはチョンドンにヨウォンも呼ぶようにと言う。

コンニプはうちの嫁は今板挟みになっているから呼ばなくていいと言う。
ビョンレはお嫁さんのことを気遣うなら早く決断してほしいと言う。

コンニプはビョンレに土地のせいで我が家に波乱が起きたと言う。
ビョンレは会社の立場もわかってくれと言う。
会社が倒産したら社員が路頭に迷う恐れがあると言う。
炭酸水プロジェクトは我が社の未来がかかっていると言う。

コンニプは重要な問題なら慎重に進めるべきだろうと言う。
うちの嫁やチョンドンをせかすのは止めてくれと言う。
土地は消えないから待ってくれと言う。
1ヶ月待つつもりがないのなら売却の話はなかったことにしてくれと言うコンニプ。
潔いです

ビョンレは今日はお引き願おうと言う。

玄関まで見送るチョンドンにコンニプは今夜店に来てくれと言う。

イルナムは仕事をもらおうとハナ飲料に来ていた。
コンニプの姿を見て隠れるイルナム。

イルナムはジフンの部屋に行く。
イルナムは1ヶ月以内にコンニプを説得するから頼みがあると言う。
仕事でももらうのですか?

イルナムはチョンドンたちの部屋でチョンドンがヨウォンの手を握っているところを見てしまった。

家に帰ったイルナムはジヨンたちに、チョンドンがコンニプやボラムに色々尽くしていたのはすべてヨウォンのためだったと話した。

コンニプの店に行くチョンドン。
コンニプはチョンドンにヨウォンと付き合っているのかと聞く。

98話

コンニプはチョンドンにヨウォンと恋愛しているのかと聞く。
チョンドンはその通りだと言う。
黙ってて申し訳ないと言う。

コンニプはヨウォンは初婚でないし、子供もいるのにあなたのような未婚の青年がなぜ付き合うのかと聞く。
私にとっては誰よりも大切で優しく可愛い嫁だと言う。
チョンドンは僕もそうだと言う。
だから他の人は目に入らないと言う。

コンニプは以前ヨウォンから好きな人がいたと聞いたことがあり、その時は驚いてショックだったと言う。
でもその人があなたならヨウォンを送り出そうと思うと言う。
コンニプははチョンドンの手を取り、うちの嫁を頼んだと言う。
良かった! おめでとう!!!

ヨウォンは店の外で2人の話を聞いていた。

コンニプは全員を店に集めた。
ヨウォンとチョンドンが真剣に交際をしていると言うコンニプ。
コンニプはヨウォンにこれからは自由に恋愛をしろと言う。

ジョンスクはギュチョルに電話をする。
お金は必ず返すから息子に催促はしないでくれと言う。
ギュチョルは私の娘の金は奪ったくせによくもそんなことを言えると言う。

ジョンスクは図々しいことはわかっているが脅したり立場を悪くしたりしないでくれと言う。
ギュチョルは私がそんな男に見えるかと聞く。
本人が金を返してくれればいいと言う。
3億ウォンを家政婦の仕事で稼げる可能性は低いと思います

ジフンはジョンスクに時計を渡し、これを売って返済したら消えろと言う。
ジョンスクはあなたに迷惑はかけられないと言う。
ジフンはどうやって返すつもりかと聞く。
とにかく早く出て行ってくれと言う。

イルナムはハナ飲料の警備員になった。
イルナムはジフンに就職させてもらった代わりに土地の件は任せてくれと言う。

チョンドンはジフンにヨウォンとまた付き合うことになったと言う。
週末に施設に行って園長にヨウォンを紹介してくると言う。

チョンドンとヨウォン、ソナ、ヨジュ、イナムの5人は施設を訪れた。
チョンドンはヨウォンを園長に紹介する。
園長はソナが友達を連れてくるのも、チョンドンが恋人を連れてくるのも初めてだと言う。

5人は施設の子供たちと一緒にドッジボールをする。
ヨウォンはもっとカジュアルな服装にすれば良かったです

施設のシーツを洗濯をしたり、色々とお手伝いをする5人。

施設から帰る途中チョンドンはヨウォンをカフェに誘う。
ヨウォンは素敵なカフェだからヨジュたちもくれば良かったと言う。

チョンドンは10数えたら入って来てくれと言い、先にカフェに入って行く。
10数えたヨウォンは店に入る。

中ではピアノを弾きながらチョンドンがヨウォンへの愛の歌を歌っていた。
ヨウォンは歌声を聴きながら涙ぐむ。

歌い終えたチョンドンはやっとここまで来たと言う。
これからは君が1歩踏み出す番だと言う。

チョンドンは指輪を取り出し、結婚してほしいと言う。
ヨウォンは何て言ったらいいかわからないと言う。
チョンドンはうなづいてくれるだけでいいと言う。

うなづくヨウォン。
チョンドンはヨウォンの薬指に指輪をはめる。
そしてキスをする2人。

99話

チョンドンはヨウォンを家まで送って行く。
堂々と家まで送って行けるなんて幸せだと言うチョンドン。
ヨウォンはお義母さんのおかげだと言う。
あなたが良い人だから許してくれたのだと言う。

ジフンはジョンスクに時計は売ったかと聞く。
足りなければもっと出すと言う。
ジョンスクはお金ではなくあなたと離れたくないと言う。
ジフンは同じ家にいるだけでも息が詰まると言う。

ジョンスクは荷物もまとめたからあなたの望むとおりにすると言う。
ジョンスクは時計は受け取れないと返そうとするが、ジフンは持って行けと言う。

そこにスジが入って来た。
ジョンスクはあわてて部屋を出て行く。

時計を持って歩いているジョンスクに気づいたギジャ。
ギジャは時計を取り上げ、なぜあなたが持っているのかと聞く。

ギジャはジョンスクの部屋に入る。
荷物がスーツケースにまとめられているのを見て逃げる準備までしたのかと聞く。
ギジャは「家政婦」=「泥棒」と思うようです

ギジャが騒ぎ出したのでみんな集まってきた。

ギジャはジョンスクに信頼していたのによくも裏切ったと言う。
スジは私が落としてしまったから家政婦に点検を頼んだと言う。
荷物は私が何日か休んでいいと言ったからだと言う。

ギジャはスジにいつから使用人の心配をするようになったのかと言う。
この時計は安物ではないから人に預けるなと言うギジャ。
スジはこの時計は限定版で通し番号がついているから盗んでも売れないと言う。

ジフンはスジになぜ家政婦をかばったのかと聞く。
スジは2人の間に何があるのかわからないけれど騒がしいのは嫌だと言う。
ジフンは告白しようとしたが、スジは言わなくていいと言う。

チョンドンは中古の車を買った。
その車でヨウォンとボラムたちを迎えに行く。

チョンドンは君が毎朝慌てているのと僕が落ち着かないと言う。
やっぱり車は必要だと言う。
本当にヨウォンがすべてのようです

ボラムはチョンドンにこれから毎日おじさんの車で行くのかと聞く。
チョンドンは毎日乗せて行くと言う。
喜ぶボラムたち。

ぺ代理はチョンドンに女性を紹介したいと言う。
性格も良く美人だと言う。
ぺ代理はチーム長は他の課の女性からも人気があると言う。
まんざらでもない顔のチョンドン。

その様子を見ていたヨウォンは嫉妬する。
ヨウォンはチョンドンにさっきは嬉しそうだったと言う。
チョンドンはすねているのかと聞く。
チョンドンは今夜の会食のときにぺ代理とヤン課長に僕たちの関係を話そうと言う。
ヨウォンしか見えないようですから嫉妬しなくても大丈夫です

ビョンレはヨウォンにお姑さんの説得は大変だろうと聞く。
ヨウォンは義母が土地の売却に際し、家族に宿題を出したと言う。
それが良い結果につながるといいと言う。

ヤン課長はヨウォンに爽快ケンポナシの原料のことを知っている人がいたと言う。
その人はミョンムン日報の取材を受けたが、退職後うやむやになったようだと言う。
ヨウォンはその人に会えるかと聞く。

97~99話感想

チョンドンたちの育った施設にボランティアも兼ねて行ったのにヨウォンの服装がカジュアルではなく気になりました。そのあとのプロポーズシーンのためだったのですね。
チョンドンの歌のうまさに驚きました。これはうっとりです。
スジはジフンの親がジョンスクだと知り、どんな気持ちなのでしょうか。かばったのは姑だと思ったからですかね。
残り20話です。いよいよドンウの死の真相が暴かれ、心臓移植のこともわかるのでしょう。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください