赤と黒-あらすじ-4話-5話-6話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-赤と黒-あらすじ-4話-5話-6話-ネタばれありで!
最終回までの感想を全話配信します。

赤と黒.jpg
おすすめの韓国ドラマ「赤と黒」は、復讐と欲望が渦巻く男女の愛憎劇、
1人の男の数奇な運命にからみつく愛と復讐のラブサスペンスストーリー。
主演は大人気韓国時代劇「善徳女王」のピダム役で大ブレイクしたキム・ナムギル。
妖艶でミステリアスな魅力あふれる演技が光る主人公シム・ゴヌクはまさにはまり役。
切なくも復讐に燃える姿に目がはなせない…。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回までのお話。
ジェインはゴヌクとモネの会話からゴヌクのことを巨大財閥ヘシングループの御曹司ホン・テソンだと勘違いしている…。
そんなジェインはゴヌクに興味を持ちはじめ、ちょっと惹かれ始めている感じ。
ゴヌクを取り巻くモネ、テラ、ジェイン、そこへ愛に飢えた本物のホン・テソンが絡みだし…ドロドロとしていくのか?
っと、妄想はさておき、気になる続きへGO!
【赤と黒】(ネタバレあり)
4話
モネがジェインにオム常務とは結婚せずゴヌクと結婚すると話す。その言葉に驚くジェイン。
ゴヌクはモネの兄のテソンじゃない?ゴヌクとモネに騙されたと知り、
ゴヌクに好意をもちはじめていたジェインは恥ずかしさから怒りをあらわにする。

財閥の御曹司だと思って近づいたのに…そうじゃなかったと知ったジェイン、そりゃがっかりよね。
ヘシングループの会長夫人のシン女史と長女のテラが話している。
テソンを見ているとあの子を思い出す・・・とテラ。シン女史は苦い顔をして思い出したくもない・・・と。

どうして急に?しかもテラが幼い頃弟だった最初のテソンの話をしたのか…
娘のモネを好きだというゴヌクに興味をもったヘシングループのホン会長は、ゴヌクを呼び寄せる。
20数年ぶりに再会するふたり。ゴヌクは会長の椅子を見つめ昔を思い出す。
初対面だというゴヌクに、どこかで会ったような気がすると言う本会長。
日本にいる息子のテソンを呼び戻せ、モネとの交際の条件と告げられ・・・日本へと旅立つゴヌクたが…。
同じ時期、美術館館長でもあるシン女史に頼まれ、ジェインも日本へ行くことに・・・。

どこかで会ったような気がすると言うホン会長の言葉に潤んだ瞳で見つめ返すゴヌク・・・言葉ではない“何か”がかつて親子として過ごした束の間の時間を物語っているかのよう!ゴヌクの見つめる目には復讐する憎悪よりも思慕が・・・。
5話
日本のクラブで売人から薬を買ったテソンだったが中身がビタミン剤だったので釈放され・・・
結局また女や酒におぼれ、気ままに豪遊している。女に金を渡しサッサと追い出すテソン。

ちょっと頼りない御曹司の典型的なパターンよね。
クァク班長とイ刑事・・・ソニョンが転落死したその夜、ホン・テソンと一緒にいたと話している。
しかしもう一人いた男もホン・テソンだと・・・一体この男は何者か?

テソンが二人・・・納骨堂の男だとビビビっと刑事の感が働いてる感じ?
船上パーティでテソンがジェインに近づく…すると誰かが海へ落ちた。
ジェインは慌てながらテソンに「早く助けて!」と言う。
「お前のせいで死んだんだ」というイ刑事の言葉を思い出し「死なせてたまるか!」とテソンは海へ飛び込み落ちた人を探す。
海の中…テソンの背後から酸素マスクをつけた男がテソンに掴みかかりそのまま意識が遠のくテソン。
マスクがとれたその男はゴヌクだった…。

海の中の背後からって怖い…。
助け出されたテソンは船の医務室で目を覚ます。傍らにはジェインが…。亡くなったソニョンと錯覚するテソン。
電話で母と話すテソン…「具合が悪い」というテソンに
母=シン女史は素っ気ない。悲しそうなテソンを見つめるジェインだった…。

テソンは母の冷たい言葉や態度に傷ついてるのね…。
6話
積雪の中、作家のリュウ先生に置き去りにされたジェインとテソンの二人。
車も助けもない二人を遠くから見ているゴヌク。
ゴヌクはリュウと一緒にお墓参りに行く。取り出したガラスの仮面をつけるリュウ。
ゴヌクをジェインの恋人だと勘違いしているリュウは、ガラスの仮面をゴヌクに渡す。
シン女史に頼まれたガラスの仮面がゴヌクに持ち去られたと知るジェイン。

美術館長のシン女史から頼まれたガラスの仮面なのに…まさかゴヌクが持って帰るなんて!
ラーメン屋さんでジェインとテソンがおいしそうにラーメンを食べている。
幼いころのことを思い出すテソン。「ここにいなさい」と言われ本当の母親と別れたテソン。
調理場でラーメンを作る女性…こみあげてくる涙とともに店の外に飛び出すテソン、大人になったテソンに気づかない…。
しかし店の壁には子供のころのテソンの写真が飾られていた。

テソンもゴヌクと一緒…幼いころに母親と生き別れた悲しい過去が…。
マサル(テソンに薬を売った売人)がテソンをからかっている。マサルの話からゴヌクが海の中で自分を襲ったあの男だと気づくが、ゴヌクはテソンを飛び越えマサルに殴りかかり耳元で囁く。合図とともにゴヌクを刺し逃げ去るマサル。

何とかバレずにすんだ感じ?
4-6話感想
日本ロケは下呂温泉だとか…ドラマの内容もさることながら、雪深い下呂温泉がとっても魅力的です
ジェインにソニョンの面影を見つけるテソン、ジェインも少しテソンに惹かれつつ、でもやっぱりゴヌクが気になる感じですね。この3人の絡みと距離感はもちろんながら、愛のない政略結婚をしたテラがゴヌクに誘惑される姿も見逃せない!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。