輝くか、狂うか-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-輝くか、狂うか-あらすじ-19話-20話-21話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

輝くか、狂うか

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ワン・ソとワン執政の激しくなる闘いで、太祖陛下を殺害した名前が書かれている銅鏡をすべて手に入れます。
完璧ではないけれどやっと手に入れた皇帝陛下の解毒剤を飲ませて、ワン執政が牛耳る政権へSTOPをかけます。
ワン執政対皇帝陛下どちらが天下を取り高麗を取り仕切るのか、今まさに闘いの時がやってきました。

【輝くか、狂うか】ネタバレあり

輝くか、狂うか 19話

明らかにされる早衣仙人組織。
公な会議の時にワン・ソ(チャン・ヒョク)が糾弾されます。
皇帝陛下が毒におかされて意識がもうろうとしているのをいい事にやりたい放題だったワン執政(イ・ドクファ)を止める為に、解毒剤とまではいかないけれど数時間正気を保てる薬をヨウォン(イ・ハニ)がワン・ソに渡します。
ヨウォンはウクを皇帝にしたかっただけじゃなく、ソの事も大事に思っていたんだね

正気を取り戻した陛下にワン執政と一緒に太祖陛下の暗殺を企てた功臣達を糾弾します。
その途中、功臣とソに挟まれた陛下は精神的なショックを受けて毒におかされていた状態に戻ってしまいます。
もう少し薬が効いてればソの完全勝利だったのにな

もう少しでワン執政を追い込めると思ったその時、郭将軍がウクとの約束を破りソとシンユルが皇命でない婚礼をしていたとう事をばらしてしまいます。
ウクよりもワン執政をとったのです。
ま、普通ならそうするよね。ワン執政側についた方が自分に得がありそうだもん

牢に入れられてしまったシンユルとソは、ある計画を練ります。
2人の婚礼が偽装だった事を主張し自分達の関係を隠すのだと言います。
偽装だと言い切れたらいいけど、裁くのがワン執政だから大丈夫かな

輝くか、狂うか20話

牢に入れられ小さい頃に冷たい川に捨てられたシンユルは、低体温になりやすく意識を失ってしまいます。
ワン・ソとシンユルを助ける為に立ち上がったのはワン・ウクでした。
開封での偽装結婚を真実だと思っているワン執政を利用して助け出そうとするのです。
ウクはワン執政側についちゃったのかとおもったけれど違ったのね。疑ってごめんなさい

2人が皇命に背いていたのかを問う裁判で最初に活躍したのは兄の首領でした。
2人を弁護しているようで自分が郭将軍からいやがらせを受けたうっぷんを晴らしているような、いつも心和む首領のシーンでした

この女と自分は何の関係もないのですとはっきりと言うワン・ソ、その隣で涙を流すシンユル、彼女を守る為の仕方のない言葉だとしてもシンユルは涙を止める事が出来ませんでした。
シンユルちゃんは、そこで泣いたらダメだよね。気持ちは分かるけれどソの気持ちを考えてとりあえずこの場を切り抜けないと

そして別れの時、お互いの為に離れると決めたけれどどうしても離れられず2人は熱きキスを交わします。
このキスは感情がこもってて2人が本当に愛し合っているというのが伝わってきました

一方、ウクはシンユルの気持ちが自分にないのを知っていながらもシンユルを救うために自ら皇命を受けて婚姻をすると申し出ます。

輝くか、狂うか 21話

ついに強硬手段に出るワン執政は、微集令を発します。
平壌城復元に向けて豪族たちを味方につけて大義名分と言わんばかりに宣言するのでした。
皇室を敵に回していいの?あ、でも半分ぐらいの皇室はワン執政側なのかな

ワン執政に目をつけられているワン・ソは、微集を逃れようとする者を捕まえる役割を与えられます。
ソだって殿下なのに、ワン執政に逆らえないの?権力が逆転してるよね

渤海のお姫様だという事をワン執政が偶然つかみます。ワン・ソもそれと同時に知ります。
ウクは、シンユルを守る為に皇命の婚姻準備を進めますがシンユルの体調が悪くなる一方です。仕事は婚姻を期に首領にすべてを任せようとするのですが周りが心配するばかりです。
ここに来てウクはワン執政から離れて本当に優しい人になってる

ワン執政は仕掛けていました。ウクが次の皇帝になれないと悟ると違う皇子を皇帝にさせる為に企てます。青海村で騒動を起こし、二つの豪族たちを一掃し政権を独占できるようにすると言うのです。
黄州家は、皇后の出身だよね。すごい挑戦だけどそんなに簡単に行くのかな。

すっかり自分が頂点になったつもりのワン執政は、より優位に立つ為シンユルの命までも狙います。

輝くか、狂うか 19話から21話 感想あらすじまとめ

この回は、政治の話が主で進んでいました。
そこにちょっとシンユルとワン・ソの恋愛話が入っていましたが、何となく感情移入が出来ずにいました。切ない恋というよりも皇帝陛下が毒を盛られていて心がおかしくなってしまう事や、ワン執政のあくどさが際立ち次はワン・ソとワン執政の直接対決になりそうです。