輝けきらびやかなボクヒの人生-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

家もトラックも失ったボクヒ。
ウニムの家で家政婦兼運転手として働くことになりましたね。
シギョンは何かとボクヒを気にかけてくれます。

それに、ウニムもボクヒが恩人だからなのか、優しくしてくれます。
市場に一緒に行き、親子に間違えられるウニムとボクヒ。
実は親子…、なんでしょうね!

一方、サンアは大嫌いなボクヒが家政婦として働くことになって、ずっと不機嫌です。
何かと用事を押しつけ、ボクヒにつらくあたります。
嫌な顔をせず、仕事を頑張るボクヒ。
切ないです〜。

そして、ボクヒが遅くまで家政婦として働くことになったので、子どもたちがかわいそう。
スナック菓子やカップラーメンを夕食にして、疲れてそのまま寝てしまうような有様です。

子どもたちのことを心配するボクヒですが…。

では、第10話から紹介していきますね〜♪

スポンサーリンク

【輝けきらびやかなボクヒの人生】ネタバレあり

スポンサーリンク

10話

内緒で子どもたちを家の中に連れ込んだことが、バレてしまったボクヒ。
住み込みの家政婦として、地下室に住まわせてもらえないかとウニムたちに頼みます。
ボクヒのことが嫌いなサンアは大反対。

ちょうどみんなで話し合いをしているとき、リビングのシャンデリアが落ちて、セラにあたりそうになります。
自分の体を張ってセラを助けるボクヒ。
ボクヒがセラを助けたことで、家長のチュンはボクヒに感謝。
感謝のしるしとして、子どもたちと一緒に住み込むことに賛成します。
住み込みの家政婦ってたいへんそうなのに…。
どうせサンアにいじめられるんじゃ…。

さっそく、地下室を片づけるボクヒや子どもたち。
シギョンが片づけを手伝い、暮らせるようになりました。

場面変わって、シンサングループの会社で。
サンアが秘書とこっそり話をしています。
架空のペーパーカンパニーを作って資金を横領しているようです。
資金をなんとかしないといけないと、顔をしかめるサンア。
サンアは悪巧みをしているわね。なぜかしら?
会長の娘なのに、なんだか腑に落ちないわね。

ある日のこと。
家族はみんな出かけ、家にはボクヒと子どもたち、シギョンだけ。
シギョンは部屋で昼寝をしていました。
ボクヒは子どもたちに質素なご飯を食べさせます。

一度でいいからステーキを食べてみたいと話す子どもたち。
そんな子どもたちの話を聞いたシギョンは、子どもたちにステーキを焼いてあげるのです。
大喜びでステーキを食べる子どもたち。
シギョンは優しいのね!

しばらくしてセラが学校から帰り、塾に行こうとしていたとき、地下室に入っていくウンスとウンハを見かけました。
セラは2人が気になり、こっそり地下室に入ります。
すぐに3人は打ち解け、遊びます。
セラはお嬢様なので傲慢で、人を見下すような子かと思ったけど、素直でいい子なのね!

遊びに夢中で、塾に行きたくないと言うセラ。
そこにサンアが帰ってきました。
塾に行こうとしないと言うセラを叱ります。

一方、シギョンに電話がかかってきました。
ウニムを誘拐した犯人がわかったという連絡でした。
ボクヒと一緒に警察に急いで駆けつけるシギョン。

そんなシギョンを見て、慌てるサンア。
悪巧みがばれそうで焦っている様子です。
どういうことかしら? 気になるわね!

スポンサーリンク

11話

ウニムを誘拐した犯人の件で、サンアは父親のチュンと言い合いをします。
チュンはサンアが黒幕ではないかと疑っていたのです。
サンアは自分を認めてくれないチュンに怒りをぶつけます。
サンアとチュンは実の親子じゃないのかしら?

サンアが怒って家を出ると、誘拐犯がサンアを捕まえ、誘拐してしまいます。
車に乗せられ、どこかに連れていかれるサンア。
いきなり誘拐って、なんか脈絡ないわね。

ちょうどそのとき、ボクヒとシギョンが警察から帰ってきて、サンアが誘拐されるところを目撃。
その車を尾行します。

人気のない倉庫でイスにしばりつけられるサンア。
誘拐犯はウニムに電話し、身代金として5億ウォンを要求します。
サンアのことが心配で倒れ、イスに頭をぶつけてしまうウニム。
そのまま倒れ、頭から出血してしまいます。
イスにぶつかったくらいで出血って…。

そんな中、サンアを助けようと奮闘するボクヒとシギョン。
傷を負いながらも誘拐犯をやっつけてサンアを救い、シギョンは気を失ったサンアを病院に連れて行きます。

一方、ボクヒは家に帰ります。
ウニムが頭から血を流して倒れているのを発見。
すぐに救急車を呼び、病院に運びます。

ウニムは緊急手術を受けることに。
手術中、血が足りなくなり、医師が家族に輸血を依頼します。
サンアが自分の血を使ってと検査しますが、なぜか適合しませんでした。
血が足りないって、なんか急ね。

そこで、ボクヒが自分もO型だからと検査をします。
ボクヒの血液は適合しました。
珍しい血液なのにと驚く医師。
ボクヒの血液でウニムは助かりました。

そのまま病院で検査をすることになったチュン。
検査結果を聞くため、医師の部屋に。
そこにはいくつかのファイルがありました。

サンアのファイルを見て、不審に思うチュン。
自分も妻のウニムもO型なのに、サンアはAB型だったのです!
「妻の子でもなかったのか…」とつぶやくチュン。
そっか、チュンはサンアが自分の子ではないと知っていたのね。
ウニムの浮気相手の子だと勘違いしていたのね。

スポンサーリンク

12話

ウニムと話をするボクヒ。
サンアやチュンのことなど家族の悩みを、ウニムはボクヒに打ち明けます。
なぜかボクヒには話をしやすいと言うウニム。
ボクヒは涙をためながら、ウニムの話を聞きます。

ボクヒはそのあと、サンアの様子を見に行きます。
ボクヒに助けられたのに、お礼を言うどころか、悪態をつくサンア。
そんなサンアを見かねてボクヒの味方をするシギョン。
サンアは本当に憎らしいわね。

病院の廊下で、医者から血液型のことを聞かされるサンア。
両親はO型ですが、サンアの血液型はAB型だったと知らされるのです。
サンアは不審に思います。

サンアは医者の部屋に行き、ファイルを見せてもらいます。
医者の言う通り、両親はO型なのに自分はAB型でした。
医者にこのことを秘密にするように言うサンア。
その代わり、それなりのお金を払うと言いながら。
サンアは実の娘じゃないと知ってしまうのね。

場面変わって、チャバンとジエ、シンが地方の駅に。
3人で旅行に来たのです。

駅のトイレに行ったまま戻らないジエ。
ジエは1億ウォンをもらったので、チャバンを捨てて逃げる気だったのです。
ジエに裏切られて悔しがるチャバン。
捨てられたチャバン、まさか今後、ボクヒに頼ったりしないわよね…。

一方、輸血したボクヒの体を気づかって、シギョンはボクヒにステーキを食べさせます。
ステーキが運ばれてきて食べようとしたとき、1本の電話が。
ウニムからの電話で、サンアが退院するので戻ってきてほしいとのこと。
ステーキは持ち帰りにして病院に戻るボクヒ。
サンアはひとりで帰れるのに、ボクヒをこき使いすぎ!

退院するサンア。
ウニムの髪の毛をこっそりとり、DNA鑑定することに。
医師に依頼します。
血液型が合わないなら、親子じゃないってはっきりしてるのに!

スポンサーリンク

10〜12話の感想

ボクヒは子どもたちと一緒にウニムの家に住み込むことになりましたね。
継母の家で窮屈そうにしていたので、よかったです。

でも、意地悪なサンアがいるので、ボクヒがかわいそう。
そのうち、追い出されそうで心配です。

一方、シギョンはボクヒのことを何かと気遣います。
地下室を一緒に片づけたり、子どもたちのご飯の世話をしたり…。
ボクヒのことが少しずつ気になりはじめているみたいですね。

これまで味方がだれもいなかったボクヒ。
シギョンやウニムがいて、本当によかった!
幸せになってほしいです。

そして、いよいよサンアがチュンとウニムの実の娘ではないことを知ってしまいます。
血液型が違ったのです。
念のため、DNA鑑定をするサンア。

自分がシンサングループの会長の娘ではないと知ったら、サンアはどうするのでしょう?
欲深いサンアの今後が気になります。
そして、大嫌いなボクヒが実の娘であることも、そのうち明らかになるのでしょうか?

次の展開が気になります。
早く次回を見たいです〜♪

スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください