輝けきらびやかなボクヒの人生-あらすじ-100話-101話-102話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
サンアの悪事が次々に暴かれましたね。
自分には関係ないと最初はしらばっくれていたサンアでしたが、失踪していたキム室長が証人となって現れ、サンアの罪が確定。
刑務所に入れられてしまいました。

一方、シギョンは無事に角膜移植を受け、失明の危機を逃れることができました。
ボクヒと手をとり合って喜びます。

そして、ボクヒは会社を辞めることにします。
これまで必死で進んできましたが、このあたりでひと休憩したいと考えたのです。
代わりに会長に復帰したのがチュン。
シンサングループはもと通りになっていくのでしょうか。

最大のライバルだった悪女サンアは刑務所に。
そのままおとなしくしているでしょうか?
それとも、ジョンウの力で刑務所を出ることができるのでしょうか?

では、第100話から紹介していきますね〜♪

スポンサーリンク

【輝けきらびやかなボクヒの人生】ネタバレあり

100話

サンアは罪が確定し、刑務所に入れられました。
相変わらず気の強いサンアは、面会に来たジョンウに早く刑務所から出してくれるように言います。
ジョンウは病気で刑の執行ができないよう装うつもりだ、すぐに出られるようにすると話します。
一件落着かなと思ったけど、サンアはまだ悪女ぶりを発揮するつもりね。

一方、会社を辞めたボクヒは家事をしたり、SNSに詩を投稿したりしてのんびり過ごしています。
2人で仲よく市場に買い物に行くシギョンとボクヒ。
シギョンは夫婦に間違えられ、うれしそうにします。
そして、買い物のあと、トッポギやスンデをおいしそうに食べるのです。
ほのぼのした時間ね〜。

ボクヒが買い物から帰ると、ちょうどチュンとウニム、ウンス、ウンハが揃って銭湯に行くところでした。
サンアのことがあって失語症になってしまったウニム。
無表情のままです。
ウニムは幸せそうだったのに、気持ちの切り替えができないのね。

みんなを銭湯に見送ったボクヒは、家の近くにセラがいるのを見かけます。
サンアは刑務所にいるけれど、自分はホテルでそのまま暮らしていると話すセラ。
ボクヒはセラを家に招き入れ、すいとんを作ってあげます。
おいしそうにすいとんを食べるセラ。

そして、ウニムたちが銭湯から帰ってきました。
ウニムはセラが家にいるのを見て、出ていくように筆談で指示します。
セラの顔を見たくないと。
いたたまれなくなって、ボクヒの家から出ていくセラ。
サンアのことが憎いのはわかるけど、セラは自分の孫だったのに。
かわいくないのかしら?

サンアが12個もの病気を抱えているから刑の執行を中止し、病院で療養させるようにと偽の診断書を手に入れたジョンウ。
さっそくサンアを刑務所から連れ出し、病院に入院させます。
サンアは病院に着くと、ジョンウに着替えなどを頼み、うれしそうにします。
せっかくサンアを捕まえたのに、そんなにすぐに出られちゃうって?

スポンサーリンク

101話

リゾート開発の竣工式が行われました。
ボクヒも参加する予定で、出かける支度をしているところでしたが、急に鼻血が…。
腕を見ると、アザのようなものも見つかりました。
鼻血ってことは白血病? 
シギョンの失明の話が終わったら、今度はボクヒ?

そういえば最近疲れやすいから、少し休んでから行こうと思っているうちに眠ってしまうボクヒ。
結局、竣工式には参加できませんでした。

竣工式が終わり、シギョンはボクヒに連絡すると、寝過ごしてしまって式に参加できなかったとボクヒは言います。
風邪かもしれないと内科を受診するボクヒ。
念のため、血液検査もすることにしました。

シギョンの家で話をするボクヒとシギョン。
風邪で内科を受診した話をします。
そういえば最近、運動不足だから、一緒に運動をしようとシギョンは話します。

そんな中、病気のふりを装い、病院で過ごすサンア。
セラが病室にやって来て、抱きしめ合います。
ジョンウの計らいで、セラはサンアの隣の部屋で過ごせることになったのです。
喜ぶサンア。
サンアはすっかり罪から逃れられたのね。

日付が変わって、セラを探しに行くサンア。
何度も電話をしますが、セラは出てくれません。
病院のパジャマから普通の服に着替えて、外に出ていこうとします。

ジョンウは人に見つかったらたいへんだとサンアを止めますが、サンアは言うことを聞かず、外に出てしまいます。
サンアが公園でセラを探していると、ボクヒとシギョンが仲よさそうに話しているのを見つけます。
イチャイチャする2人に強い嫉妬心が湧き上がるサンア。

サンアはその場を離れて病院に戻り、ボクヒとシギョンを絶対に許さない、2人が不幸になることが自分の幸せだと言うのです。
そして、早く自分と結婚してほしいとジョンウに迫ります。
なんだか飛躍してるわね。それにしても、ジョンウもこんな気の強いサンアでいいのかしら?

公園で話すシギョンとボクヒ。
シギョンは指輪を差し出し、ボクヒにプロポーズをするのです。
ボクヒが指輪を受けとろうとしたとき、1本の電話がかかってきます。

電話は検査を受けた内科医院からで、総合病院できちんと検査を受けたほうがいい、白血球の数値が下がっていると言われ…。
やっぱり、白血病ね…。
今度はボクヒがシギョンに遠慮して、自分から別れるって感じかしら?

スポンサーリンク

102話

風邪がなかなか治らないボクヒ。
内科医院で検査を受けると、白血球の数値が低いと言われました。
総合病院での再検査を進められ、検査を受けることに。
検査の結果は3日後にわかると言われました。
なんか嫌な予感がするわね。

公園での運動を日課にしているボクヒとシギョン。
シギョンは翌日、もう一度指輪をとり出し、ボクヒにプロポーズします。
検査の結果が気になって、イエスと即答できないボクヒ。
数日返事を待ってほしいとシギョンに言います。

気持ちが通じ合っているのにボクヒからイエスの返事をもらえないシギョンはガッカリします。
自分のプロポーズのしかたが悪かったからなのか。
もっとイベント的なプロポーズにすべきだったのか…と。

シギョンがボクヒにプロポーズするのを陰でこっそり見ていたのがサンア。
2人が毎日公園で運動をしているのを知って、その時間に公園に訪れるようになったのです。プロポーズの様子を見て、サンアはショックを受けます。

病院に戻ったサンアは激怒。
シギョンとボクヒが幸せになるのは許せない、なんとかしてほしいとジョンウに言います。
サンアはどれだけシギョンに未練があるのかしら?

その夜、サンアはシギョンの家を訪れます。
自分はがんで死が間近だから、受け入れてほしいとシギョンに迫るサンア。
シギョンは相変わらずサンアを拒否します。
サンアの話はうそだって、シギョンはわかってるのね。
やさしいシギョンだからサンアのうそを信じて同情心を起こすのかと思ったのに、ホッとしたわ。

場面変わって、検査の結果を聞きに行くボクヒ。
医者からは急性の白血病だと知らされます。
すぐにがん治療を行う必要があると。
なんだかとってつけたような展開になってきたわね…。

ショックを受けるボクヒ。
放心状態で教会に行きます。
教会のイスに座り、涙を流します。

実の親が見つかって、やっと幸せになれると思っていたのに。
子どもたちの成長する姿を見たいのに。
愛してくれる人が見つかったのにと。

そんな中、シギョンはボクヒに電話をします。
見せたいものがあるから公園に来てほしいとボクヒに言うシギョン。

放心状態のまま公園に行くボクヒ。
ベンチに2人で座り、落ちていく夕日を一緒に眺めるのです。
そして、ボクヒはプロポーズの返事をします。
「結婚はできない」と言うボクヒ…。

スポンサーリンク

100〜102話の感想

サンアの罪が確定し、これで一件落着かと思いましたが、違いましたね。
ジョンウが裏で手を回し、病気を装って、刑務所から出てくることができました。
しかも、病院でずっと過ごすかと思いきや、平気で病院から外に出たりしています。

少しは反省するのかと思いましたが、まったく反省の色が見られないサンア。
相変わらず傲慢で欲張りなままです。

一方、失明の危機から逃れることができたシギョンとボクヒ。
2人の仲はどんどん近づいて、シギョンはボクヒにプロポーズすることに。

反対していたヨンスクもボクヒのことを見直して、賛成とまではいきませんが、強く反対することはなさそうです。
すべてがうまく収まっていたのに…。

ボクヒが白血病になってしまいましたね。
次なる試練。
元気でタフなのがボクヒの強みだったのに、どうして急に?

コメディドラマがお涙ドラマになっていきそうですね。
ボクヒは白血病のことをだれにも話さず、ひとりで抱えちゃうのでしょうか?

さて、プロポーズを断られたシギョン。
ボクヒの真意をわかってあげられるでしょうか?

このあと、どんな展開が待っているのでしょう?
次回が気になります〜♪

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください