輝けウンス-あらすじ-52話-53話-54話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-輝けウンス-あらすじ-52話-53話-54話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
スホは父の食堂で、テンジャンの仕事を真剣に学ぶことにしました。
ビンナのウンスを追い出す作戦は失敗しましたが、これで諦めるようなビンナではないはず。これからはどんな手を使ってくるでしょうか。
そして、ウンスがユンガ食品に勤めていることを知ったビンナの祖母は、騒ぎ出しました。

【輝けウンス】ネタバレあり

【52話】

ウンスがユンガ食品で働いていることに驚くビンナの祖母。
ビンナは騒ぎだした祖母を連れて行く。

ビンナの祖母はビンナに、ウンスをクビにさせるようにスヒョンに話せと言うが、ビンナは自分が何とかすると言う。

スヒョンは父に、食堂で働く女性のミスをこのまま許してしまうのはまずいと言うが、父は自分に任せろと言う。
スヒョンは意外と冷たい男性ですね

ウンスに見合いを勧めるヨンミ。
スホがいい人だとは、わかっているが無職だし、年下だと言うヨンミ。

食堂でミスをした女性はスホの父に仕事を辞めると言う。
父はその件については後日話そうと言い、女性は帰った。

スホは食堂で働く人が少ないと父に提案する。

ヒョナはスホ狙いでテンジャンチゲを食べに行く。
ウンスも行こうとするがビンナから仕事を頼まれる。

ビンナの祖母はみんなと食事をしているウンスの祖母の近くで、わざと掃除をして嫌がらせをする。
そんな意地悪をするビンナの祖母に海苔巻きをあげるウンスの祖母。
しかしビンナの祖母はその海苔巻きをゴミ箱に投げ捨てる。
こいつに優しくする必要はない

ウンスに見合いの話が来た。
ヨンミは相手が気に入ったようだ。

仕事の途中に家に戻ったスホの父は家政婦が来ていることを知った。

スホはウンスに食堂に来るように誘った。

スンミはやっとヒョンシクの書く漫画の協力をすることを約束した。

ウンスはスホの手作りの料理を食べる。
上手になったと褒めるウンス。

スホの父は、家政婦に明日から来なくていいと断った。
家政婦を使っていることがばれたソニョンは夫に怒られる。

ウンスはヨンミから見合いを勧められるが、スホの事があるから気が進まない。
ヨンミはウンスに傷ついてほしくないと言う。
お金がすべてではないが、ないのは辛いと言うヨンミ。
確かにその通り!

ウンスは考え始めた。
スホからのデートの誘いのメールにも返事をしないウンス。

スホの父は食堂の状業員を増やし、その従業員たちも本社の社員と同じ待遇にすると言う。
スヒョンはそこまでする必要はないと言うが、父は今までそうしていなかったのが間違いだったと言う。

スホはウンスが見合いをすると聞いて、あわててウンスに会いにいった。
電話にでないウンス。
ウンスの家に行くがウンスはすでに出かけた後だった。

ヒョンシクに見合いの場所を聞いてその場に走って行くスホ。

【53話】

見合いの待ち合わせ場所に向かうウンス。

スホは見合いの席に到着したが、ウンスはいなかった。
店を出ると、ウンスが男性と話をしている。

その男性と別れて一人になったウンスに電話をするスホ。
スホはウンスに今どこかと聞く。
ウンスはスホにデートをしようと言う。

ウンスのそばに来たスホ。
ウンスは見合いしたが、相手の男性には自分には好きな人がいるから断ったと話す。
見合いしたことを怒るスホ。
ウンスは母に頼まれてしかたなかったと言う。

自分はスホに夢中だと言うウンス。
スホは機嫌がなおった。
単純ですね~

ウンスが見合いを断ったと聞いたヨンミ。

そこにウンスがスホを連れて帰ってきた。
怒っているヨンミに話があるというスホ。

スホはヨンミとウンスの祖母にウンスのことを愛しているから交際を許してほしいと言う。
ヨンミは、交際は許可できないと言う。
ウンスは32歳で交際ではなく結婚する年齢なのだと言うヨンミ。
そして、食堂で見習いで働いている人とは結婚できないと言う。
スホはまだ20代だから恋愛して別れることもできるが、ウンスはそうはいかないと言うヨンミ。

軽い気持ちで交際するのではない、結婚も考えていると言うスホ。
ヨンミはスホに帰ってくれと言い部屋に入ってしまった。

スホはまた来ると言って帰った。

祖母はヨンミに自分はスホを気に入っていると言う。
ヨンミは気持ちだけでは生活できない、ウンスが苦労をするのが心配だと言うヨンミ。
好きなら苦労とは思わないと言う祖母。

揚げもの料理を作るビンナ。
できた料理をスヒョンに持っていく。
あんな料理の仕方で完成するはずがない

散らかった台所を見て驚くソニョン。

ビンナに料理をしたなら片付けろと言う。
そして何か作ったら最初に両親のところに持ってくるのが礼儀だと言うソニョン。

ビンナは嫁だけが料理をするのはおかしいと言い、ソニョンに同情し、ソニョンの機嫌はなおった。

ヨンミはウンスにスホのことは認められないと言う。
ウンスはスホより自分のほうが不利だが、スホはそんなことは気にしていないと言う。
ヨンミは愛するという感情はいつかたいしたことではなくなると言う。
ウンスは父のことを愛していなかったのかと聞く。

ヒョナは用事があるからとスホの働く食堂に行く。

店にやってきたヒョナはスホに映画を見に行こうと誘う。
スホはヒョナを呼んで内緒で何かささやく。
なんて言ったの?

スホはウンスに高血圧の人でも食べられるテンジャンチゲを一緒に作ってほしいと頼んだ。
ウンスは退社後にスホの働く食堂にやってきた。

2人が仲良く歩いている姿を見つけるヒョナ。

ウンスのことで落ち込むヨンミ。
ヨンミがジムに来ないことを心配するジェウ。

ヨンミの店に来て、ヨンミの話を聞くジェウ。
ヨンミは自分ががんだったことやウンスのことを心配している話をしながら涙を流す。
ジェウはウンスがスホと一緒にいて幸せなら、それが一番だと言う。

ヨンミに辛い時はいつでも話を聞くと言うジェウ。
ヨンミはお礼を言う。
ジェウは自分もいい友達ができて幸せだと言う。

【54話】

ヨンミはジェウの言ったことを考えた。

スホと手をつないで歩く幸せそうなウンスの姿を見つけたヨンミ。
2人を居酒屋に誘う。
飲めないヨンミの分まで焼酎を飲むスホ。
今日はじっくりと自分のことを判断してくれと言うスホ。

ヨンミはスホに、年下だし、職業も安定していないし、ハンサムだから気に入らないと言う。
完全に許したわけではないが、ウンスのことを守ってくれと言うヨンミ。

酔っ払ったヨンミを家まで送るスホ。

祖母はヨンミが交際を認めたと聞いて、ウンスが選んだ人だから間違いはないと言う。

スホはウンスに、実は自分はユンガ食品の息子だと話そうかと思っている。

ビンナはスホに彼女ができたことを知った。
スヒョンに彼女に会ってみたいと言う。
会ってみなさい!

ヒョナは、ウンスはスホがユンガ食品の息子だと知っていて、スホに近付いたと思っている。
あなたとは違う

ウンスに冷たくなったヒョナ。

スンミの病院でスンミと看護師が出かけたので、留守を頼まれるヒョンシク。
そのとき痛みを抱える患者が入ってきた。
医師に間違えられたヒョンシクは患者の症状を聞く。
同じ症状だったことがあるので、アドバイスをするヒョンシク。
そこに戻ってきたスンミ。

ヒョンシクに出て行けと怒鳴る。

福祉センターの職員がウンスの祖母のことを褒めているのを聞いたビンナの祖母は職員たちに豪華な寿司を振る舞った。

それを食べた職員たちは生臭いと言い、ウンスの祖母が持ってきたかぼちゃのお粥を喜んで食べた。
私は寿司が食べたいです

倉庫のテンジャンを取りに本社にやってきたスホ。
一緒に倉庫に行こうとするヒョナを断り、ウンスを誘う。

ウンスと一緒に倉庫に向かうスホ。
その途中でスホはウンスに自分はユンガ食品の息子だと告白した。

信じないウンス。
そこにビンナがやってきた。
ビンナのことを義姉さんと呼ぶスホ。

そう呼ばれたビンナは冗談を言うのは止めろと言う。
なぜ嘘をついた?

ウンスはスホを連れて行った。

ウンスはスホになぜそんな嘘をつくのかと聞く。
ユンガ食品の息子だと言ったら自分が喜ぶと思っているのかと怒るウンス。

ヨンミに気があるデパートの元上司。
ヨンミにコーヒーの差し入れする。
そこにジェウからの電話。
ヨンミは元上司に帰ってくれと言う。

スヒョンはビンナを夕食に誘う。

スホはウンスに家族を紹介すると連れて行く。
兄と義姉に会わせると言うスホ。

店に行くとそこに座っていたのはスヒョンとビンナだった。
スホは2人に、ウンスを彼女だと紹介する。

52~54話感想

スンスはヨンミに、スホとの交際を許してもらって良かったですね。
しかし、今度はスホの家族に問題発生。
スホと結婚したらウンスとビンナは義理の姉妹になるのですかね。
ヨンミとジェウはいい感じです。もし2人が結婚したらウンスとビンナはやはり姉妹に? とても複雑です!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください