輝けウンス-あらすじ-64話-65話-66話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-輝けウンス-あらすじ-64話-65話-66話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ウンスはソニョンやスヒョンにスホの重荷になると言われ、泣く泣くスホと別れることにしました。スホも自分の母親がウンスにひどい言葉を浴びせていると知り、ウンスのために別れることにしました。
しかし、ウンスと別れた後、スホはいなくなってしまいました。
スホがいなくなったことを知らないウンス。どうなってしまうのでしょう。

【輝けウンス】ネタバレあり

【64話】

ソニョンはウンスにスホをどこに隠したのかと問い詰める。
スホがいなくなったことを知ったウンス。
社長からもスホから電話はなかったかと聞かれるウンス。

ウンスは店を出ていく。

ウンスはスホを捜し始める。
思い出の場所に行くウンス。
スホのいない場所で愛しているとつぶやくウンス。

福祉センターでウンスの話題が出た。
もうすぐ結婚するのかと聞かれたウンスの祖母。
ビンナの祖母は相手の親に反対されているから絶対に結婚できないとみんなにばらす。
本当に性格が悪い

ヒョンシクのインターネット漫画は好評にスタートした。

ヨンミが落ち込んでいるので一緒に酒を付き合うジェウ。
ヨンミはジェウに良い婿がいて羨ましいと言う。
自分は娘の好きな男が最初は気に入らなかったけれど、娘が好きだから自分も好きになったと言うヨンミ。
しかし、自分には何の力もなく、何も持っていないから娘が辛い目にあうのだと泣くヨンミ。

ウンスはスホの家の前にやってきた。
家の前で泣くウンス。

そこにビンナが帰ってきた。
スホは帰ってきたかと聞くウンス。
もう別れたのだから気にするなと言うビンナ。
帰ってきたのかどうかだけでも教えてほしいと言うウンスに、絶対に2人は結婚できないと言うビンナ。
スホはすぐにウンスのことは忘れるはずだと言う。
このまま帰れと言うビンナ。

ヨンミを送っていくジェウ。
ジェウは辛い時は抱きしめ合うのがいいと言いヨンミを抱きしめる。
なかなかやりますね~

ウノは今年こそ公務員試験に合格すると頑張っている。

家に帰ってきたウンス。
ヨンミはウンスに別れたのだからスホのことは気にするなと言う。
ウンスは忘れることができないと泣く。

ソニョンはスホが戻ってくるまで食事はしないと寝込んでしまった。
自分から出て行った奴のことは気にするなと言う父。

スホはバスに乗り、海に向かっていた。

ウンスはスホに電話をする。
やっとつながった。
しかし、電話にでたのは女性だった。

その女性は電話の持ち主は交通事故にあって病院にいると言う。

会社を飛び出し、病院に駆けつけるウンス。
病院では顔を包帯でぐるぐる巻きにされた男がベッドに寝ていた。

ウンスはその男に近づき、自分が悪かったと泣く。
愛していないと嘘をついたと謝るウンス。
愛していると男の手を握り、泣き叫ぶウンス。

本心か?と言う声が聞こえた。

実はその男はスホではなく、スホは隣のベッドにいた。

スホはウンスに他の男の手を握っているのかと言う。
ウンスはスホに抱き着く。

【65話】

スホはウンスに自分のことを心配してくれたのかと聞く。

ウンスと別れてから、ウンスに電話をしたくなるから電話の電源も切ったし、会いたくなるから旅に出たと言うスホ。
しかし、事故にあった時にウンスとの事が走馬灯のようによみがえってきて、その時ウンスと別れることはできないとわかったと言うスホ。
スホはウンスを離さないから、もう少し2人で頑張ってみようと言う。

ウンスもスホがいない2日間で、どんなに辛くともスホと一緒にいるべきだったとわかったと言う。

スホを家に送って会社に戻るウンス。
ずっと仕事をしないでいたことを怒られそう

スホが戻ってきたので喜ぶソニョン。

ウンスはビンナに呼ばれた。
昨日も今日も仕事をしないで何をしているのかと聞くビンナ。
スホに会ってきたと言うウンス。
そして、スホと結婚することに決めたと言うウンス。

両家の親が反対しているし、自分と家族になるつもりかと聞くビンナ。
ウンスはビンナにスヒョンを愛しているから結婚したのではないのかと聞く。
自分もスホを愛しているから結婚するのだと言うウンス。
自分と毎日顔を合わせる事ができるのかと聞くビンナ。
スホのためにビンナとの過去は忘れると言うウンス。
ビンナにも忘れろと言うウンス。

自分を悪者にしないでくれと言うビンナ。
自分が悪いと思っているの?

スホはソニョンに今回のことはがっかりしたと言う。
ウンスの事はスホのためだと言うソニョン。
ウンスと付き合っていても自分はソニョンの息子だというスホ。

ビンナの祖母の奉仕活動が終わりの日になった。
ボランティアの人たちに挨拶するビンナの祖母。
ウンスの祖母がいないから捜している。

ジェウはヨンミに夕方会おうとメールをした。

ウンスの祖母はヨンミが男性と付き合っていると勘違いしているので機嫌が悪い。

ビンナの祖母はスヒョンのために食事を用意した。
スヒョンだけがビンナの家に行き、ビンナはスホが帰ってきたからとスヒョンの家に帰ることにした。
以前だったら実家に喜んで帰るのに…、変わってきたビンナ?

スホが戻ってきたのを歓迎して2人で食事をするスホとウンス。
肋骨を怪我したスホのためにコムタンを注文するウンス。

ビンナの祖母と2人だけで食事をするスヒョン。
席をたったときに足を滑らせ転んでしまった祖母。
スヒョンは祖母を背負ってジェウの病院に運ぶ。

幸い骨には異常なく、また祖母を背負って帰るスヒョン。

ビンナは昔のことを後悔しているようだ。
自分がついてしまった嘘でこうなってしまったことを悔やんでいる。
今からでも遅くない! 本当のことを言いなさい

ジェウはヨンミの店にやってきた。
昨日愚痴を聞いてくれたことを感謝するヨンミ。
話があると言うジェウ。

ジェウはヨンミと友達になるのは止めると言う。
友達ではなく男性としてヨンミのそばにいたいと言うジェウ。

スホは家族の前でウンスと結婚すると言う。
またウンスもヨンミ達の前でスホと結婚したいと言った。
2人はもう逃げないと誓ったのだった。

【66話】

スホは家族の前でウンスと結婚すると言った。
別れたはずではないかと言うソニョン。

スホは土下座をして許してほしいと言う。

父はウンスの家は認めてくれたのかと聞く。

ソニョンはウンスの家はお金が目当てだと言う。
父は、ウンスはそんな人ではないと言う。
スンジョンやスンミは賛成だった。

父はウンスの家が認めてくれたら許可しようと言う。

ソニョンだけが反対だった。
ビンナは何も言わないですね

父はソニョンを呼び、ウンスのことをスホにはもったいない人だと言う。
今のスホがあるのはウンスのおかげだと言う父。
2人を見守ってやろうと言う父。

ウンスの家でもウンスがスホと結婚すると話をしていた。

そしてスホの義姉は実はビンナだと話すウンス。
それでも結婚するのかと聞くヨンミ。
今なら頑張る自信があると言うウンス。

スホの母親も反対しているのに、顔も見たくないビンナと家族になるのは反対だと怒ってしまったヨンミ。
ウンスの祖母もスホがいくら良い人でもそれは駄目だと言う。

ビンナはスヒョンにスホが結婚したら自分たちが家を出たらどうかと言う。
祖母の近くに住みたいと言うビンナ。
別居したいと言いだしたら、両親が騒ぎ出すだろうと言うスヒョン。

スホはウンスに、結婚を許してもらえなかったと聞いた。

スホはヨンミに会いに来た。
ヨンミはスホが良い人だとはわかるが結婚は駄目だと言う。
母のことなら謝ると言うスホ。
スホはウンスを心から愛していると言う。
スホの問題ではなく説明できない事情があるのだと言うヨンミ。
苦労するとわかっている家に嫁に出すわけにはいかないと言う。
その分自分が頑張るから許してほしいと言うスホ。
ヨンミは本当にウンスを愛しているなら、ウンスの幸せを考えてほしいと言う。
スホは帰った。

ジェウはヨンミに会いたいとメールするが、ヨンミは冷たい返事を返した。

ヨンミの店にスホの父がやってきた。
スホの父は実は最初からウンスのことを気に入っていて、こんな嫁がいたらいいと思っていたと言う。
ウンスを嫁に迎えたいと思っているので結婚を認めてほしいと言う父。
ウンスを認めてくれて感謝するが、結婚となると心配な所があると言うヨンミ。
妻のことなら心配しなくていいと言う父。
まだ正社員になったばかりだから、急がずにもう少し様子を見ようと言うヨンミ。

ウンスの祖母に話があるとやってきたビンナの祖母。
ビンナとウンスが家族になるなんて考えられないと言うビンナの祖母。
心配しなくても結婚させないと言うウンスの祖母。
相手がお金持ちだから結婚させようとしているようだけれど、もし結婚することになったら、ウンスが何をして学校をクビになったか、全部ぶちまけてやると言うビンナの祖母。
ぶちまけて困るのはあなたの孫娘!

他人の人生を自分の好きな様にできると思ったら大間違いだと言うウンスの祖母。
もうあなたとは死ぬまで会わないと言うウンスの祖母。

スホの父はソニョンにヨンミに会ってきたと言う。
ヨンミは結婚を反対しているからヨンミと仲直りをしろと言う父。

ヨンミはジェウに電話をした。
ヨンミからの電話を喜ぶジェウ。
ヨンミはジェウに今度時間が欲しいと言う。

ウンスの家ではスホがすっと土下座をしていた。
ウンスが帰ってきた。
スホは結婚を認めて欲しいからこうしていると言う。

ヨンミが帰ってきた。
スホに家に帰れと言うヨンミ。

ヨンミはウンスたちを全員家の中に入れた。
そのまま外で土下座を続けるスホ。

ウンスはヨンミに、ビンナのことは自分がなんとかするから結婚を許してほしいと言う。
8年前にウンスを苦しめたビンナと家族になるなんてありえないと言うヨンミ。
たとえ今後苦しいことになってもスホを愛しているから大丈夫だと言う。
目を覚ませと言うヨンミ。
ウンスにひどいことをした女だから今後も何をするかわからないと言うヨンミ。
8年前の自分とは違うと言うウンス。
自分が幸せになれるように応援してほしいと言う。
いつも応援していると言うヨンミに、だったら今回も自分を信じてほしいと言うウンス。

ウンスはスホに帰れと言う。
帰らないなら自分も横にいると言い、隣で土下座を始めたウンス。

64~66話感想

スホ!かっこいいですね~。男らしいし、真っ直ぐな気持ちが見ていてすがすがしいです。
ビンナとの過去を話せばいいと思うのですが、そうなったらさらに結婚は難しくなるかもしれませんね。
なんとなくビンナが弱気になって、気持ちに変化が出てきたように見えるのは私だけでしょうか。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください