輝けウンス-あらすじ-100話-101話-102話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-輝けウンス-あらすじ-100話-101話-102話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ウンスは無罪判決を受けました。反対に嘘をついていたことがみんなにばれてしまったビンナ。しかしビンナもビンナの祖母も自分達が悪いとは思っていません。加害者なのに被害者のように振る舞っている態度は許せません。スヒョンはビンナと離婚することになるのでしょうか。
一人でいるビンナに声をかけたヨンミ。何を話すのでしょう。

【輝けウンス】ネタバレあり

【100話】

ヨンミはビンナに声をかけた。
こんなところに座っていたら赤ちゃんに良くないと言うヨンミ。
ヨンミはビンナを食堂に連れて行った。
食べろと言うヨンミ。
ビンナは自分が気の毒に見えるのかと聞く。
自分に怒鳴ればいいではないかと言うビンナに、ウンスの3倍苦しみを味わえばいいと思うと言うヨンミ。
ヨンミは生きて自分の罪を償えと言う。
ビンナは泣きながら食べ始めた。

ヨンミはビンナを家まで送り届けた。
自分で自分を罰する事はするな、あなたを罰せられるのはウンスだけだと言う。

ソニョンはリンゴがたくさん出てくる夢を見た。
これは赤ちゃんの予知夢かもしれないと思うソニョン。
ウンス? まさかスミン?

ビンナが実家に帰ったことを両親に報告するスヒョン。

スヒョンが苦しんでいるのは自分のせいだと落ち込むウンス。
スホはウンスに、家族を苦しめているのはウンスではビンナだと言う。
正義は勝つものなのだと言うスホ。
ビンナを告訴してもいいのかと聞くウンス。
ウンスがすることが一番正しいと言うスホ。

ビンナはスヒョンからの電話を待っている。
しかし、連絡をしてこないスヒョン。
祖母はスヒョンと離婚しろと言う。

ビンナは祖母にウンスが告訴したら自分は刑務所に入ることになるかもしれないと言う。

スホは残業しているスヒョンにテンジャンチゲの弁当を持ってきた。
スホはスヒョンにビンナと離婚するつもりかと聞く。
ビンナのおかげで仕事人間だった兄が変わったと言うスホ。
よく考えて結論を出せ、ただしウンスのせいにはするなと言うスホ。

ビンナの祖母はヨンミの店にやってきた。
ヨンミは留守でウンスの祖母が留守番をしていた。
ビンナの祖母は土下座をしてビンナのことを許してくれと言う。
ウンスの祖母はウンスは8年間前科者と言われてきたのだと言う。
ビンナの祖母は8年でも80年でも毎日土下座をするから告訴しないでくれと頼む。
本気で言っているとは思えません

その姿を見ているビンナ。

ナラはスミンに勉強を見てほしいと会いにきた。
そのときナラの電話がなった。
電話の相手にママと言って甘えるナラ。

スミンはヒョンシクを呼び出した。
ママと呼んでいたのは姉の事だと言うヒョンシク。
ウリとナラは姉夫婦の戸籍に入っているのだと説明する。
今、自分の戸籍に移すために準備をしているのだと言うヒョンシク。
手伝えることがあるなら何でもすると言うスミン。

ビンナは祖母が土下座していた姿を思い出して涙を流す。

翌日会社にやってきたビンナ、
ビンナはスヒョンに辞表と離婚協議書を渡す。
子供は自分が育てたいと言うビンナ。
反省したのかしら?

ビンナはウンスに話があると誘った。
ウンスに自分が悪かったと謝るビンナ。
ビンナは、ウンスにきれいで優しい母親がいるのが羨ましかった、こんなに大ごとになると思わなかったのだと言う。
ウンスはあの時本当のことを言えば良かったのだと言う。
ビンナは本当にごめんなさいと謝る。

ビンナはウンスに告訴状は出したのかと聞く。
そのために謝ったのかと聞くウンス。
そうだと言うビンナ。
ビンナはウンスに誣告罪で告訴していい、8年間も待ったのだからウンスの好きにしてくれと言う。

ウンスは部屋に戻った。
昔のことを思い出し、考えるウンス。

そしてウンスは告訴状を破った。

【101話】

ウンスはスホにビンナを告訴しないと言う。
ビンナが心から謝ってくれたので、それで十分だと言うウンス。
スホはウンスの気持ちはそれでいいのかと聞く。
復讐するなんで自分らしくないと言うウンス。
そんなウンスが好きだと言うスホ。

ウンスはスヒョンにもビンナを告訴しないことにしたと話す。
スヒョンはウンスに、ビンナから離婚してほしいと言われたと話す。
ビンナに裏切られたと言う気持ちがあるからどうしたらいいかわかないと言うスヒョン。
ウンスにも申し訳ないと言うスヒョン。
自分の隣にはスホがいたからスヒョンがビンナを信じていた気持ちは理解できると言うウンス。

ビンナは祖母にアメリカに行くと言う。
スヒョンとの離婚が合意したら出発すると言うビンナ。
祖母は自分がなんとかいい方法を探すと言う。
お婆さんが動くとろくなことになりませんが

ユンガ食品ではビンナがいないので財務系の仕事が山積みになった。
スヒョンは自分がすべて片付けると言う。

スンフンは旅行の土産としてスンジョンに手鏡を渡した。
今まで男性にプレゼントをあげることはあってももらったことがないと喜ぶスンジョン。

スホの家族の夕食はしゃぶしゃぶだった。
ウンスの作ったタレで肉や海鮮物を食べる家族。
日本のしゃぶしゃぶとは違いますね~

ビンナはスヒョンに会いたがっている。
もう忘れろと言う祖母。
赤ちゃんはどうしようと言いながらつわりに苦しむビンナ。

ウンスはヨンミに会いにきた。
ビンナを告訴するのは止めたと言うウンス。
8年間も苦しんだのにいいのかと聞くヨンミ。
あの時、仕事も婚約も駄目になったけれど、すべてスホに会うための過程だと思えばいいと言うウンス。
あのまま先生を続けていたらスホには会えなかっただろうと言うウンス。
スホが聞いたら大喜びですね

ウンスはヨンミにジョンアの証言を裏付けたのはジェウだと教える。
ヨンミは娘を追いつめることになるからジェウも辛かっただろうと言う。
辛いせいかジェウは病院を閉めてしまったと言うウンス。
ヨンミは考え込む。

スンミはヒョンシクとカムジャタンを食べる。
このあとはピザを食べに行こうというスンミ。
スンミの食欲に驚くヒョンシク。
ヒョンシクのまるで妊娠しているようだと言う言葉に固まるスンミ。

家に戻ったスンミは妊娠検査薬を使った。
結果は妊娠だった。

【102話】

妊娠したスンミ。
どうしたらいいか一人悩む。

ジェウは病院を閉めてから毎日に酒浸りの生活をおくっている。

ビンアの祖母はそんなジェウの姿を見て後悔するならなぜビンナの将来を邪魔したのかと怒鳴る。
ビンナと一緒にアメリカに行くから一人で暮らせと言う祖母。
ジェウにとってはその方がいいかもしれません

ナラの生理が始まった。
ヒョンシクに言えないナラ。
ナラはウンスの祖母にお金を借りようとしているところをヒョンシクに見つかってしまった。
お金を借りて何に使うのか聞くヒョンシクに何も答えないナラ。

ヨンミに見合いの話が来た。
ヨンミはその気はないと言う。

スンジョンはスンフンの気を引こうといろいろ試してみる。
しかし、それにまったく気づかないスンフン。
そんなことをしなくてもお似合いですよ

ヒョンシクはスミンにナラが思春期のようだと相談する。
自分がナラの様子を見てみると言うスミン。

子供たちの部屋でナラのスケジュール帳を発見したスミンはナラに生理が来たことを知った。

ビンナは体調をぐずしてしまった。
ジェウはビンナを病院に連れて行く。

ビンナはつわりによる栄養失調だった。
医師は気をつけないと赤ちゃんにも影響が出ると言う。

ジェウはビンナに謝る。
ビンナは、今はパパの気持ちがわかるから謝らなくていいと言う。

スミンとヒョンシクはナラのためにケーキを買ってお祝いした。
素直に喜ぶナラ。

スヒョンはビンナが入院したと聞いた。
ウンスはスヒョンを病院まで車で送っていく。
その車の中でスヒョンはウンスに、ビンナと簡単に離婚できると思っていたがそうではなかったと言う。
夫婦は2つて1つだから当然だと言うウンス。
スヒョンはビンナへの感情を捨てられると思っていたが、ビンナに会いたいと言う。
子供のこともあるから自分のことなら気にしなくていいと言うウンス。

スヒョンが病室に入るとビンナは寝むっていた。
ビンナを見つめるスヒョン。
ビンナは目を開けスヒョンの名前を呼ぶ。

100~102話感想

ビンナは本当に反省したのでしょうか。今後の様子を見るまで、まだまだ信用できないですね。ビンナの祖母が自分は悪いと思っていないのが悔しいです。祖母にも反省させなくてはいけません。
そろそろビンナの事件は解決しそうなので、残るはジェウとヨンミの関係です。本当に反省しているならビンナがヨンミに対してどのような態度を取るか注目してみましょう。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。