輝けウンス-あらすじ-115話-116話-117話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-輝けウンス-あらすじ-115話-116話-117話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ビンナの祖母は、本当は帰りたくないのに足が治ったことがばれてしまったので家に帰ることになりました。
ビンナはウンスに昔のことを許してもらったばかりなのに、またウンスやヨンミへの偉そうな態度が戻ったようです。反省と言う言葉をしらないビンナです。
スミンのことを心配するソニョンですが、体も心配です。

【輝けウンス】ネタバレあり

【115話】

スミンはソニョンに尿失禁はいつからなのか聞く。
病院に来いというスミン。
ソニョンは心配するなというが私のことが心配なら男と別れろと言う。
スミンはだったら勝手にしろと言う。

スホはウンスをデートに誘った。
2人がレストランに行くと、そこにスヒョンとビンナもやってきた。
ウンスもビンナも2人だけだと思っていたので機嫌が悪い。
それはそうですよね~

スヒョンは姉妹なんだから仲良くやろうと言うが、ウンスとビンナは口を揃えて姉妹って言うなと言う。
帰りは別々に帰った。
ウンスはスホになぜビンナと食事をしなければならないのかと怒る。
これからは、我慢はしないことにすると言うウンス。

ビンナはジェウを食事に誘う。
ジェウは祖母が電話に出ないと言う。
ビンナはヨンミが祖母に私の母親になると言っていたが、私は家族にはならないと言う。
ヨンミにパパのことだけ考えて、私や祖母のことには関心をもつなと伝えてくれと言うビンナ。

スミンにお見合いの話がきた。
ソニョンはスミンに付き合っている男と別れて今週末に見合いをしろと言う。

ウンスの祖母に電話がかかって来た。
ウノが怪我をしてすぐに手術をしなければならないから1000万ウォンを振り込めと言う。
あわてたウンスの祖母はすぐに振り込みに行こうとするが、待てと言うビンナの祖母。
そこにウノが帰って来た。
振り込み詐欺だった。
韓国でもあるのですね~

ビンナの祖母はこんな詐欺に騙される馬鹿はいないと呆れる。

帰ろうとするビンナの祖母に置いてある荷物を持っていけと言うウンスの祖母。
捨ててくれと言うビンナの祖母に、使えるのにもったいないというウンスの祖母。
一度に運べないから今度持って行くと言うビンナの祖母。
荷物と一緒にここにいればいいと言うウンスの祖母。

それを聞いていたウノはビンナの祖母に、おばあちゃんが詐欺にあうのを止めてくれてありがとうと言う。
ビンナの祖母はそれなら夕食を食べてから帰ると言う。
ジェウが仕事から戻るとビンナの祖母がいるので安心する。
結局帰らないですね

スンジョンはスンフンと2人だけで登山をすると思っていたのに、実は登山メンバーが他にもいると知って、急に行けなくなったと帰った。

ソニョンはスミンを見合いをさせるために美容院に連れて言った。
スミンを待つ間ヨンミの店で時間をつぶすソニョン。
不動産屋の女性は、ソニョンがはめている指輪は自分と同じものだと言う。
その指輪はダイヤではなくキュービックだと知ったソニョン。

美容院にいるスミンに電話をして見合いは一人で行けと言う。
行かないでしょう

ソニョンは指輪を鑑定してもらった。
やはりダイヤではなかった。

帰って来た夫にこの指輪は偽物かと聞く。
夫はどちらでもいいだろうと言うが、ソニョンは指輪を投げつけた。
夫はダイヤだと誤解しているから言えなくなってしまったと謝る。
ダイヤではないが、決して安いものではないという夫。

ヒョンシクはスミンにもう黙っていることはできないから、挨拶に行こうと言う。
スミンは子供たちに妊娠していることを言っていないし、自分も自信がないと言う。
ヒョンシクは自分がいるから大丈夫だと言う。

ソニョンは見合いの席にスミンが行かなかったと聞いた。
そのときスミンはヒョンシクを連れて帰って来た。
ヒョンシクはソニョンにスミンとの結婚を許してくれと言う。

【116話】

大騒ぎするソニョン。
スミンの父親も帰って来た。
ヒョンシクはあわてて挨拶をする。

父はヒョンシクに家族関係を質問する。
ヒョンシクは、両親は亡くなり、双子の子供がいると答えた。

詳しく説明しろと言う父に、ヒョンシクは軍隊に入るときに少し付き合った女性がいて、その女性が子供を置いて言ったのだと言う。
子供たちは今6年生だと説明するヒョンシク。
スミンは2人とも私に懐いて入ると言うが、父は黙れと言う。
ヒョンシクはスミンに比べると自分が劣るのはわかっているが、スミンを心から愛していると言う。

ソニョンは愛しているなら近づくなと怒鳴る。
興奮したソニョンを連れて行くスホ。
父はヒョンシクに自分も妻と同じ考えだと言う。
娘は平凡な家に嫁がせたいから帰ってくれと言う父。

スミンは、ヒョンシクは双子を育てている素晴らしい人だと言う。
ヒョンシクを馬鹿にしているのだろうと言うスミン。
お父さんはスホやスヒョンのことは褒めても、私のことを褒めてくれたことがない。
私がどんな男性を連れて来ても反対するのだろうと言うスミン。

父はお前には親の気持ちはわからないと言う。
スミンは親なら子供の気持ちを尊重しろと言う。

ウンスはヒョンシクを送って行く。
ヒョンシクは想像していたけれどそれ以上に反対されたと落ち込む。
ウンスはヒョンシクに私は味方だと言う。

ソニョンは絶対に許さないと言いスミンを叩く。
スホはスミンを叩いてはダメだと止める。
心まで痛いのに体も痛くなるとごまかすスホ。
ソニョンは泣き崩れ、スミンも泣く。

ビンナの母の使っていたピアノを倉庫に片付けようとしたジェウ。
ビンナはジェウにひどいと言い怒る。
きっとピアノを片付けさせようとしたのはヨンミだろうと考えるビンナ。
そんな人ではありませんから

ジェウとヨンミはウンスの祖母とビンナの祖母にお小遣いを渡す。
ビンナの祖母はウンスの祖母にいくらもらったかと聞く。
お金持ちなのに人のもらったお金が気になるのかと言うウンスの祖母。
ビンナの祖母は自分より多いかもしれないと気にして入る。
同じに決まっているでしょう

スンジョンはスンフンに自分の気持ちに気付いているだろうと聞く。
スンフンが結婚を考えていないなら、ここで終わりにしようと言うスンジョン。
今までもこうやって振られることが多かったと言うスンジョン。

スホはカップル下着を買いに来た。
店員のおすすめでセクシーな下着を買うスホ。
ウンスに変態と思われないか心配する。

ビンナの祖母はウンスの祖母がもらった金額が気になってしょうがない。
ウンスの祖母の引き出しを開けようとするビンナの祖母。
それを見つけたウンスの祖母は泥棒してまた社会奉仕をしたいのかと言う。
ジェウが私をどう思っているのか知りたいのだと言うビンナの祖母。
人の気持ちをお金で計算するなと言うウンスの祖母。

ソニョンはスミンへの当てつけで断食を始めた。

スホはウンスに下着を渡し、早く子供が欲しいと言う。
スホは俺って変態みたいと聞く。
ウンスは着替えてくるから待っていてと言い下着を持って行く。
まあ、見ているこちらの方が恥ずかしい

ヒョンシクはスミンと子供達のために食事を作った。
美味しいと言って食べる3人。

そこにヒョンシクの姉がやって来た。

【117話】

ヒョンシクの姉が突然やってきた。
スミンは挨拶をする。
姉はヒョンシクにしばらく泊めて欲しいと言う。
ホテルに行けと言うヒョンシクにホテルは高いと言う姉。

ヒョンシクはスミンを結婚相手だと紹介する。
姉はスミンが泌尿器科の医者だと聞いて驚く。
頭は悪そうに見えるのにと言う姉。
随分失礼ではないですか!

ヒョンシクは先日スミンの両親に挨拶をして、大歓迎を受けたと嘘をつく。

家に帰ったスミンはスンジョンにヒョンシクと結婚できなかったらどうしようと言い泣く。
スンジョンは妊娠したことを話せと言う。

ジェウはヨンミに今夜スヒョン夫婦と食事をしようと言うが、商店街の集まりがあるから行けないと言うヨンミ。

ビンナの祖母が化粧をしているのをじっと見ているウンスの祖母。
なんでそんなに塗りたくるのだと聞く。
シミやシワを隠すためだと言うビンナの祖母。
外見より中身を綺麗にしなさい!

年齢を聞いたらビンナの祖母よりウンスの祖母のほうが年上だった。
そうは見えませんが

今日から自分のことをお姉さんと呼べと言うウンスの祖母。
鳥肌がたつと言うビンナの祖母。

ソニョンはスミンに会いに病院に来た。
待合室にいるのはヒョンシクの姉だった。
スミンが出て来た。
ヒョンシクの姉が結婚には反対だと言うのを聞いて、ソニョンはスミンのどこが悪いと怒る。
いくら医者でも泌尿器科の女は受け入れないと言う姉。
ヒョンシクの方こそ問題だらけではないかと言うソニョン。
だったらこの話はこれでおしまいだと言い出て行く姉。

スンフンはスンジョンに会いに来た。
たくさんの通帳をスンジョンに渡し、これが全財産だと言うスンフン。
これをスンジョンに任せたいと言うスンフン。
スンフンはスンジョンにプロポーズし、スンジョンに好きだと言う。
スンジョンもスンフンが好きだと答える。
やっと社長夫人になれますね。よかったね~

スヒョンとビンナはレストランに行く。
ジェウが待っていたので驚くビンナ。
よく食べるビンナの姿を見て母親に似ていると言うジェウ。
母親の話で喜ぶビンナ。

そこにヨンミから電話がかかってきた。
帰らなければ行けないと言うジェウ。

ジェウが家に戻るとビンナの祖母が、腰が痛いと騒いでいた。
ジェウは湿布をすれば大丈夫だと言う。

ビンナはジェウが慌てて帰ったので自分よりヨンミのほうが大切なんだと怒る。
スヒョンは何があったのかわからないだろうと言う。
あなたのおばあさんのために帰ったのですよ

スミンは出勤しようとするが、ソニョンはしばらく病院には行くなと言う。
ゾニョンを振り切って出て行こうとするスミン。
ソニョンはスミンを叩く。
スンジョンがスミンを叩いてはダメだと止めに入る。

会社でビンナはウンス呼びつける。
ウンスが作った書類を投げつけ、こんなのでは成果がでないと怒鳴る。
ウンスは個人的に恨みがあるのかと聞く。
公私の区別をしろと言うビンナに書類を作り直してくると言うウンス。
ビンナはウンスに姉だからと言って偉そうにするなと言う。
そんなつもりはないし、こんな妹はいらないと言うウンス。

ビンナに会いにきたジェウは2人の会話を聞いていた。
部屋に入って来たジェウはビンナにウンスを謝れと言う。

115~117話感想

ビンナはウンスに対してひどすぎです。ウンスの言う通りこんな妹はいらないですよね。ウンスがビンナへの訴えを止めて許してもらったばかりなのに、よく偉そうな態度を取れますよね。呆れるだけです。
ヒョンシクの姉ですが、なんだか怪しいですね~。お金に困っていそうな雰囲気がプンプンします。スミンのことを反対しているのもおかしいし、なんだか問題が起こりそうです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。