逆流-あらすじ-15話-16話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-逆流-あらすじ-15話-16話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

逆流

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
あの家で見事な四角関係が出来上がっている構図にびっくりですww
しかし、イニョンもユランもその心の内を明かせず、辛い状況でしょうね・・。
このままこの2組は結婚してしまうのでしょうか?

今回は15話からお伝えしていきますね♪

【逆流】ネタバレあり

15話

ジュニとユランの見ている前で、イニョンにプロポーズをするドンビン。
イニョンは一瞬固まるも、指輪をはめ合う・・。

その後、部屋に戻ると「愛してる」とイニョンを抱きしめるドンビン。そこでイニョンは「結婚式はジュニさんたちが先にやるべきよ」と話すとドンビンは「考えてみるけど、副社長になったらすぐに結婚したい」と話す。
ドンビンは物凄くイニョンの事が好きな様子・・バレた時の事を考えると怖いです!

その頃ユランは「この家を出ようと思ってる」とジュニに話す・・しかしジュニは「僕がおばあ様に“真剣に交際しています”と連絡するよ」ともう少し時間が欲しいと話す
ジュニはユランとの将来を前向きに考え始めた様子・・

翌日、イニョンはジェミンが退院すると聞き、様子を見に来ていた・・するとそこにチャン課長の姿が!!
その様子に気付いたイニョンはすぐにチャン課長に連絡を入れ「お腹が痛い・・来て欲しい」と嘘を付き、ジェミンから離す。
そして母スギョンは「慈善団体の方にお礼が言いたいので、これを渡して欲しい」と自分の連絡先を書いたメモを渡す。
やはりチャン課長は何か知っている様子・・

その後、ダミを呼び出し、チャン課長の写真を見せ、警戒するよう伝えるイリョン。
しかしダミは「事情を話して。さもないとお母さんにあなたの嘘を全部話す」と説得する・・話し始めるイニョン・・。

イニョンは「お父さんが設計したものをテヨングループが全く同じものを設計したの。父や弟の事件にもテヨングループが関与しているはず」「私は高校生の時に両親を失い、テヨンの長男と結婚する予定」と会長に近づくための作戦を話す。
「そんな事したらイニョンの身が危ない」と反対するダミに「ジェミンを監視するはずだから、私の代わりに家族を守って欲しい」と頼むイニョン・・。
友達であり、家族の様なダミはイニョンが心配で仕方ないでしょうね・・

その夜、一緒にデートをしているジュニとユラン。
劇場の帰りに、屋台でご飯を食べ、普通のカップルのように楽しい時間を過ごしている。
・・そこに買い出し中のダミが通りすがる・・ダミは「あれはソナじゃ?」とユランを見てつぶやく。

一方、イニョンはドンビンに「テヨンで働かせてほしい」と再度お願いをしていた。
そこにジュニとユランが帰宅・・そんな2人を見て「お似合いだ」と笑うも、なんだか素直に喜んでいない様子のドンビン。
ドンビンとユランがどうして知り合いなのかも気になりますよね!

翌日、人事異動が発表される。
その発表を見に行くドンビンが凍り付いてしまう・・自分が副社長になるのが当たり前だと思っていたのに、副社長の欄には違う人物の名前が・・!

16話

小会社の役員をテヨングループの副社長にした会長ペクサン。
その結果に納得のいかないドンビン。
ペクサンにどんな考えが・・!?

「きっと身内を起用するのを避けたんだ」と兄ドンビンを慰めるジュニ。
しかし「父さんの考えがよくわかるんだな。父さんは俺よりお前を頼りにしている」と話すドンビン・・。
優しい兄を演じているけど、実際のドンビンはジュニに嫉妬しまくりですよね!

その後、ジュニは大きな案件を任されることに・・。
その事がドンビンの耳に入ったら・・と不安そうな役員に「リーダーになるには能力だけではダメだ」と話すペクサン。

帰宅したペクサンに「どうしてドンビンが副社長ではないの?」と責める妻ヒャンミ。
すると「あいつは欲張りすぎる。これはドンビンとジュニの将来のためだ・・私の代でカタを付けないと・・これで答えになっただろ?」と意味深な返しをするペクサン。
一体、何のカタをつけるのでしょう?何か大きな秘密があるようですね・・

その夜、落ち込んで一人でお酒を飲んでいるドンビンを見たユランは、おつまみを用意しようとするが途中で辞めて、イニョンに報告しに行く。
イニョンがつまみを持ってドンビンの元へ・・そこで「自分が誰で、どうするべきか分かっている」と意味深な発言をしているドンビン。
追求しようとするイニョン・・しかし酔っているようで「イニョンと子どもがいるから大丈夫だ」と寝てしまうドンビン・・。
ユランはドンビンの事が・・!?

翌日、仕事中のジュニ。
そこで建築デザイナー候補に目を通していると、審査を通過したイニョンの名前が・・!
ジュニはイニョンを起用したい様子だがドンビンに気をつかっている様子。

そんなジュニに「正式な審査で通過したんだ。お前が介入することじゃない」と話すペクサン・・。
すると「任された仕事ですが大きな案件過ぎて、本部長(ドンビン)と一緒に・・」と言い出すジュニに少し怒った様子で「お前に任された仕事だ。一人でやってみろ」と叱るペクサン。
このままではドンビンVSジュニになりそうな予感!!

その頃、イニョンはダミに頼んで、自分の作品集を持ってきてもらう。
そこで「テヨングループに就職して調べる」と話すイニョンを心配して「怖くないの?」と聞くダミ。
・・「怖いわ。彼は私を愛してくれているし、彼の両親もよくしてくれている」と戸惑う様子を見せるイニョンに「このまま何も言わずに立ち去ればいい」とダミが話すも「長くは続かない」と頑ななイニョン・・。
イニョンは父と弟の仇を取る意志は固いものの、やはり騙していることへの罪悪感と葛藤しているようですね・・

作品集を持ってテヨングループへ向かうイニョン・・その事を知ったドンビンは「話が違う」と不満そうな表情を見せるも「ブランクが長くなるとキャリアが断絶する」と話すペクサン。
すると「2人の問題なのに、勝手に決めて・・俺は賛成できない」と怒って部屋を出て行くドンビン・・そんなドンビンを追いかけるイニョン。
副社長になれず、イニョンは思い通りにならず、かなり苛立っている様子のドンビン

イニョンに「俺を無視して父を説得する気だったのか?」と強い口調で話すドンビン。
それでも「あなたの許可がなくても働くわ」と譲らないイニョンに「僕は君と結婚したいだけなんだ。君は本当に僕の事を愛しているのか?」と問いただす。
イニョンはこの質問にいつも答えられませんよね・・

「私の気持ちは知ってるでしょ?」と話すイニョンに「分かった・・すぐに婚姻届けを出しに行こう」と提案するドンビン・・。

逆流 15話・16話 感想

ドンビンは30代の若さで副社長になれると信じ込んでいただけに、ペクサンの人事に納得がいかない・・むしろ怒っている感じですよね!ペクサンの言う通り、欲張りすぎて、ジュニのいない間に成果を上げようと躍起になったり・・きっとリーダーとしての素質がまだ備わっていないとペクサンは判断したようです。しかし、そこは大人になり切れてないドンビン・・かなり拗ねてwwなにかしでかしそうな予感が・・!!
そして、イニョンとの結婚もなかなかできないドンビンがついに婚姻届けを出したいと言って来ました!これでは本当に結婚することに・・しかも戸籍とかがバレるとやばいのでは?イニョンはどう答えるのでしょうか?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください