運命のように君を愛してる-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きをネタバレありで!

韓国ドラマ-運命のように君を愛してる-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

運命のように君を愛してる.jpg


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、ゴンはミヨンと食事をするために向かう道中に
まさかの急に倒れてしまい搬送されてしまいましたよね?
そこでミヨンに待ち受けていた現実がなんと…
ゴンの記憶障害でした。
あまりにも過酷な状況下に、ミヨンも言葉すら失うものの
ゴンの回復を願いセラに、病院に来ることを怒られながらも
必死でしたね。
その甲斐もあり、ゴンは記憶を取り戻します。
ですが、ゴンはミヨンへの気持ちがありながらも
また同じことが起きることに不安を覚え、突き放してしまいました。
そんな2人は今後、また一緒になるのでしょうか?
それでは、第13話からお伝えしていきますね〜

【運命のように君を愛してる】(ネタバレあり)

第13話

ゴンはミヨンと離れている3年間、懸命に仕事をし会社を大きくしていた。
元彼女であるセラは、バレーダンサーを辞めて教師になり忙しい日々を送る。
ゴンのかつての妻であるミヨンは、画家になり芸名を「エリーキム」とし、
活躍が期待されている人気画家に。
そんなミヨンが韓国で個展をやると知り、ゴンは行くか行かないかで迷い…。
そんな中ワン会長は、ゴンに早く嫁を貰って跡継ぎが欲しいと考えていた。
できたらかつての妻であったミヨンのような女性が望ましいと思っているものの、
その気持ちをゴンには言えずにいました。
実はゴンはミヨンのお母さんのお店に、ミヨンと別れた後も何度か顔を出しています。
そんなゴンの様子に、ミヨンの母も常に気にかけていました。
実はミヨンの母は、ミヨンが韓国を離れた3年前からずっとゴンを息子のように可愛がっていました。
2人の関係を誰よりも応援していたため、ゴンのことを未だに気にしてしまうのでしょうね?

ミヨンが海外で働くきっかけにもなった相手ダニエルは、実は出会った当初から
ミヨンに気がありました。
ですが、ミヨン自身はその気はなく全く相手にしてもらえずにいます。
ようやくゴンはミヨンの個展に行く決意を決め、久しぶりに再会するミヨンのために花束を購入して個展会場へむかいます。
ゴンは多くの素晴らしい作品を見ている中、ある一枚の絵の前で立ち止まるのです。
実はその絵は他の人が見てもわからないかもしれないが、ゴンにはケットンの絵だと分かり購入をしようとしますが…。
このケットンの絵をきっかけに2人は連絡を取り合うのです。
ゴンは素直にミヨンのえを気にって購入するものの、「ミヨンと連絡を取りたい!」
という気持ちも少なからずあったのではないでしょうか?
なおで、強引にケットンの絵を購入したのだと思います。

ですがミヨンは、その絵だけは売る予定がありませんでした。
担当の係員のミスで売るはずが無いケットンの絵が売れたと知り、ミヨンは慌てて購入者のゴンに連絡をします。
ですがゴンは偽名で買い物をしており、ミヨンはゴンだと気付かないまま
ケットンの絵の話を続けるのです。
ある日ゴンはいつも泊まるホテルの部屋が2006号室だったのですがこの日は、
2009号室に誤って入ってしまいその場でミヨンと再会を果たしてしまうのですが…。

第14話

翌朝ゴンは、ミヨンの書置きを見つけます。
それは昨日誤ってミヨンが泊まっていた部屋に入ったため、ミヨンがわざわざゴンを、ゴンが本来泊まっている部屋に運んでくれていたのでした。
そのミヨンのメモには、「もう会わないことを祈ります…。」と書かれており、
ゴンは昨日ミヨンを見たのは、夢で無いことを確信します。
そしてダニエルは部屋からゴンが出てきて鉢合わせになり…。
その場でゴンはダニエルに対し、「今までミヨンを支えてくれてありがとう!」
とお礼を伝えるのでした。
その場でゴンはダニエルが、ミヨンを想っていることに
気付いてしまい複雑な心境になります。
そのままミヨンはヨンジャ(ゴンの偽名)に、「子供が居るのですか?」
と聞くとゴンは、「いますよ!」と返してしまいます。
ゴンは以前からダニエルの気持ちを知っていたぶん、ミヨンを支えてくれているので
感謝の気持ちもあるぶん、複雑な心境にもなりますよね?
と同時に、ミヨンは絵の購入者がゴンであることを知らないため、
仲睦まじいやりとりにほっこりしますよね!

そんな中、ダニエルの妹が見つかったという連絡が入ります。
ダニエルは、急いで現場にミヨンと向うのですが…。
到着するもののダニエルは違和感を感じて、問い詰めると偽物だったということが判明してしまいます。
それを知ったダニエルは深く落ち込んでしまい…。
悲しみのあまりミヨンに対して、「もう妹を探すことは諦めたほうがいいのかもしれない…。」と言い出します。
さらにダニエルはミヨンに対して、「自分の家族が欲しい!」と伝えるのですが…。
その場にある人が鉢合わせてしまい…。
ここで鉢合わせてしまうのが、ゴンだったのです!
まさにこの出来事も、運命ですよね?
ミヨンはダニエルに対し、いろいろなサポートをしてもらっているぶん
ダニエルの気持ちにどう答えるのでしょうか…?

第15話

その場にでくわしたゴンは偶然、ミヨンがダニエルにプロポーズされるのを
目の当たりにしてしまいます。
あの2人がそんな関係になっていたことを、ゴンは知らなかったこともあり
深くて落ち込んでしまうのです。
そんな中ワン会長はミヨンがまだ独身だと聞いて、それならゴンとまた結婚しないかと説得しようとします。
ですが当の本人であるミヨンには、「そんな気になれないですし、もう私達は終わったことです!」ときっぱりと断るのでした。
ミヨンにきっぱりと断られるものの、ワン会長も諦められずにいるのです。
2人は多くの壁がありながらも、周りの人のサポートの甲斐もあり、
自然と距離が縮まるのですが、なかなか進展しないのです!

もちろんワン会長はショックを受けるのですが、ゴンの嫁にはミヨンしかいないと諦められずにいるのです。
ある日ミヨンの元に、ゴンの会社から仕事のオファーが届きます。
もちろんミヨンは会社の名前を忘れていないので、直ぐにゴンの会社だと気付いてしまい戸惑います。
そんなミヨンに対しホン弁護士は、「悩むぐらいならやってみたらいいじゃないか?」と話しミヨンの背中をそっと押してあげるのです。
ホン弁護士も、ゴンの本心を知っている人なのでミヨンのことを
以前から気にかけていました。
別れるべきじゃないと思っていたこともあり、ミヨンに優しく接してあげるのでしょうね!

そして忘れもしないケットンの命日の日、お墓参りに行くミヨンはその場で
ゴンと再び再会するのでした。
そこでミヨンはゴンに対し、「もうケットンの事は忘れて生きてください!」
と言いその場を去ります。
その後ミヨンはゴンの会社と取引をすることを決めるのですが、
ゴンに1つだけ条件を出すことにしました。
その条件とは…
「ゴンからミヨンに連絡はしないで欲しい。」ということでした。
そんなミヨンの成長を素直に喜ぶゴンでしたが、次第に「手放したくない!」という思いも出てきてしまい…。

第13話から第15話の感想

ゴンとミヨンはそれぞれ違う3年間を過ごしていましたよね?
そんな中、ミヨンが期待の新人画家として韓国で個展を開くことになります。
外見だけでなく、中身も素敵な女性として成長しているミヨンを
目の当たりにしたゴンは、抑えていた気持ちが動き出します。
そんな2人を運命のように導いてくれたのが、
やはり「ケットンの絵」でしたよね?
ミヨンにももちろんゴンにとっても、大事な存在だったため
この絵をきっかけに再び再会をするのですが…。
ミヨンも女性として、以前のような優しすぎる自分を捨て、
強くなるためゴンにも冷たく当たります。
そんなミヨンに臆することなく、ゴンは果敢に連絡をし近づこうとしますよね。
そんなゴンが考えた策として、ミヨンを自社のデザイナーとして
働いてもらおうとします。
悩んだ末、ミヨンはこの仕事を引き受けるのですが…
この仕事をきっかけに、ゴンとミヨンの止まっていたはずの歯車が
次第に動き出すのですが…
一体2人の運命はどうなるのでしょうか…?