適齢期惑々ロマンス-あらすじ-最終回(52話)-感想付きでネタバレありで!


韓国ドラマ-適齢期惑々ロマンス お父さんが変-あらすじ-最終回(52話)-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヘヨンは審問で父の無実を訴えました。それを聞いているユンソクや家族の目には涙が溢れています。
ギョテクやボクニョも卒婚は止めて元の通りの夫婦に治りました。
ジュンヒとミヨンは家族に付き合いを公表し、ラブラブです。
あとは再審請求が受け入れられることだけです。

【適齢期惑々ロマンス お父さんが変】ネタバレあり

最終回(52話)

ユンソク一家はみんなで食事をする。
審問で頑張ったヘヨンはみんなから褒められる。
ユンソクの再審請求のことは記事になり、ネットにはユンソクを応援するコメントが増えて来た。
ジュニョンは明日父さんの新しい身分証が交付されると言う。

祖母はこれでヨンシルたちの結婚式を見られたら悔いはないと言う。

ジュニョンは兄妹たち全員を集めた。
ジュニョンは両親の結婚式をあげようと言う。
全員が賛成だった。

ユンソクもヨンシルに遅くなったけれど結婚式をしようと言う。
ヨンシルはこの歳でドレスを着るなんてありえないと言う。

食事のときにミヨンは父さんたちに結婚式をプレゼントすると言う。
ジュニョンは正式に婚姻届を出して結婚式をあげようと言う。
ヨンシルは子供たちの思いやりに感謝をしてお礼を言う。
結婚式!やっぱりしたかったのですね

役所に身分証を取りに来たユンソクとヨンシル。
担当したのはジュニョンだった。
ジュニョンは父にイ・ユンソクの身分証を渡し、自分はこの日のために公務員になったような気がすると言う。

ユンソクはヨンシルにようやく世間に認められたような気がすると言う。
ユンソク名義の通帳も作った。
運転免許を取るために教習所にも通うユンソク。

ミヨンは就職先が決まった。
喜ぶミヨンにジュンヒはミヨンをマネージャーに戻すことを条件に事務所と再契約をしたと言う。
ミヨンとずっと一緒にいたいと言うジュンヒ。
ミヨンの就職先はソンジュンが移った会社だった。
疑うジュンヒにミヨンはユン・ミレがいる事務所だからそれが目的だったと言う。
高校生のときユン・ミレのファンでラジオ公開番組を見に行っていたミヨン。
そこでアイドルだったジュンヒをすれ違っていたのだった。
出会う運命の相手だった?

ヘヨンとジョンファンは最近インターン結婚の評価をしていなかったと採点を始めた。
減点が多い結果に驚く2人。
ジョンファンは約束だから結婚生活を続けるか各自の考えを整理して週末に話し合おうと言う。

ボクニョは自分の誕生日に家族写真を撮りたいと言う。
ヘヨン、ジョンファンの4人とチコ1匹で写真を撮ることにした。

ヨンシクたちのピザ屋がオープンした。
商売繁盛を願うヨンシクたち。

2回目のホームショッピングに出演したラヨンはまたも完売にさせた。
会長に呼ばれるラヨン。
一緒に行くチョルス。
会長は、辞表は受け取れないとチョルスに返す。
あの事業はお前にしかできないと言う会長。
会長はラヨンにこの会社の広報部に入社しないかと聞く。
ラヨンはスカウトかと聞く。
会長はそうだと答える。

会長はチョルスにマーケティングについてはお前の彼女に教えてもらえと言う。
今ラヨンのことを彼女と言ったのかと聞くチョルス。
会長は付き合って見ればいい、結婚は2人が落ち着いた頃に考えようと言う。
ラヨンは会長をお父さんと呼ぶ。
会社では会長と呼べと言われる。
ラヨンの勝ち!

ヨンシルたちはラヨンが大きな会社の広報部に就職したことを喜ぶ。
ラヨンはたった2回テレビに出ただけで完売の女王と呼ばれていると自慢する。
ジュニョンは、ラヨンは販売の仕事に向いていると言う。
ジョンファンはさすがヘヨンの妹だと言う。
ヘヨンはなんだか侮辱されているような気がすると言う。

ジュンヒはミヨンを屋上に呼び出す。
ジュンヒはミヨンに明日記事が出ると言う。
その記事は「ジュンヒ!結婚間近!」というものだった。

ジュンヒは付き合い始めて日が浅いし、結婚の話を出すのも早いことはわかっていると言う。
しかし自分が結婚するのはミヨンしかいないと言う。
独身主義だった自分が心境の変化に驚いていると言うジュンヒ。

記事が書かれた紙を巻いていた指輪を見て、ミヨンはこの指輪をはめてくれと言う。
ジュンヒはどこでプロポーズしようか悩んだけれど、この屋上が2人にたくさんの思い出を作ってくれた場所だと言う。

ジュンヒはミヨンに結婚してほしいと言う。
ミヨンはジュンヒの隣で24時間ずっと待機していると言う。
キスしようとする2人。

突然屋上のドアがあいて兄弟たちが流れ出て来た。
たまたまドアが開いていたのだというヘヨンたち。
ヘヨンはミヨンたちに続きをやれと言いみんなを戻す。

ジュンヒはミヨンにユンソクたちに結婚の話をしようと言う。
ミヨンは続きをやれと言っていたと言いジュンヒにキスをする。
大胆ですね~

ジュンヒはユンソクとヨンシルにミヨンとの結婚を許してほしいと言う。
ミヨンはプロポーズされて私もオッケーしたと言う。
ジュンヒは、結婚式は半年後くらいを考えていると言う。

ヨンシルは反対する理由はないと言う。
ユンソクも結婚しろと言う。

ジュンヒはユンソクに本当の息子になるかと聞かれた時に答えられない理由はこれのせいだと言う。
ジュンヒは息子ではなく婿になると言う。
ユンソクジュンヒを抱きしめありがとうと言う。

ヘヨンとジョンファンは結婚生活を続けるか話すことにした。
ヘヨンはジョンファンがいなかったら今回のことを切り抜けることができなかったと言う。
倒れず耐え抜くことができたのはジョンファンのおかげだと言うヘヨン。
ヘヨンは私を相手にできるのはあなたしかしないということに気づいたと言う。
ヘヨンは指輪を出し、結婚してほしいと言う。

ジョンファンは結婚をインターン制ではなく更新制にしようと言う。
ジョンファンも指輪を用意していた。
両方の手に指輪をはめる2人。

ユンソクたち男性陣は全員で銭湯に行った。
ジュンヒのために全員がサングラスで顔を隠して歩く。
かえってみんな見ていますけど…

女性たちは明日の結婚式のためにヨガをする。
ラヨンはむくみをとらなければとならないとヨンシルの背中を押す。

銭湯から出て来た男性たち。
明日に結婚を控えたユンソクに感想を聞くヨンシク。
ユンソクは花婿になるようでときめくと言う。
冷やかすみんな。
ジョンファンはうちの男性たちはみんな愛妻家だと言う。
ジュニョンは女性たち全員が気が強いのだと言う。
ジュンヒは、ミヨンは優しいと言うが、ジュニョンはミヨンは柔道をしていたんだぞ、下手したら死ぬと言う。
ジョンファンはヘヨンには負けるだろうと言う。
ユンソクはその娘を産んだヨンシルには勝てないと言う。
さらにヨンシルを産んだ祖母が最強!

結婚式の日。
家族全員が式場に集まった。
ボクニョやギュテクも来た。
司会はジュンヒだった。
新郎新婦の入場で拍手をする家族たち。

ユンソクは誓いの言葉ではなくみんなに言いたいことがあると言う。
子供たちには悪いがしばらくは父親を止めて、愛する妻ヨンシルの男として生きると言う。
子供たちはかっこいいと冷やかす。
ユンソクはヨンシルに結婚してくれてありがとう、愛していると言う。

ユンソルもまた母親を引退すると言う。
ヨンシルはユンソクに私と子供のために生きてくれてありがとうと言う。
生まれ変わってもあなたと結婚すると言うヨンシル。

祝賀公演が始まった。
カップルで踊る子供達。

みんなはユンソクたちにキスをしろと騒ぐ。
キスをするユンソクとヨンシル。

楽しんでいる中ヘヨンに電話がかかってきた。
電話を切ったヘヨンは最高の結婚式になりそうだと言う。
再審請求が受け入れられたと言う。
みんなは泣き出す。
ヘヨンはまだ写真を撮っていないから泣くなと言う。

全員で結婚式の写真を撮った。

2ヶ月後…。
ジュンヒは新しいドラマの主役に抜擢された。
インタビューを受けるジュンヒ。
ジュンヒは記者たちに特ダネを教えると言う。
3ヶ月後に元マネージャーと結婚すると言うジュンヒ。
会社からは早いと言われたのだけれど、もう自分が我慢できないと嬉しそうに話すジュンヒ。

ヘヨンは新しい事務所で働き出した。
再審請求を受け入れさせる有能な弁護士として有名になった。

ユンソクとヨンシルは移動式の食堂を始めることにした。
トラックに乗り出発する2人を家族が見送る。
ユンソクの運転に緊張するヨンシル。
どこに行くのかと聞くヨンシルに気の向くままと答えるユンソク。

最終話感想

終わっていましましたね。最終回はアットホームの雰囲気の役1時間でした。
ユンソクとヨンシルの結婚式はとても良かったです。本当に愛し合っている2人で子供たちからも愛されていて、残りの人生は最高な毎日になることでしょう。
再審でユンソクが無実になり、真犯人が罰せられるところまで見たかったですが、必ずそうなると信じています。感動のドラマでした。





クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください