酒飲みな都会の女たち-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

酔っ払ったソヒが上司・ブックと口論になるなか勢いでキスをしてしまった前回。
そして今回、実はブックには恋人がいたこと、さらにそれがソヒたちの部下のインターン生だと明らかになり…。

スポンサーリンク

【酒飲みな都会の女たち】(ネタバレあり)

4話

ブックと勢いでキスしてしまったソヒ。
その後、ソヒは「なんてことをしてしまったんだ…」とそのことを悔やみジヨンとジグとやけ酒を飲んでいた。
実はソヒは学生時代から酒に酔うと目の前の男性がカッコよく見えてしまい、そして男性の可哀想な姿にときめいてしまうというクセがあったのだ。

今回もブックに対してそれが発動したんですかね…

そして朝まで飲み明かしたソヒ・ジヨン・ジグ。
その帰り道、ソヒは道端で嘔吐し、ジヨンがソヒを介抱する。
するとそこでたまたまブックと遭遇し、そこでブックが同じ職場のインターン生・ソヒョンと付き合っていることが判明。

しかもソヒがブックにキスをした現場に彼女はいたよう…

それを知ったソヒは衝撃を受けるのだった。
その後、ソヒョンはソヒに憤っていて、「自分の彼氏にセクハラした」として告訴。
それを知ったソヒは頭を抱えながら、職場に出勤。
ソヒョンやブックと対面するも気まずい空気が流れるなか、その夜ソヒはブックを呼び出し今回の件について話し合うことにした。
夜になり、約束の店でブックを待つソヒだったが、そこにブックは来ずソヒョンが現れ2人で話すことに。
そこでソヒョンはソヒに終始冷たい態度で接するなか、ソヒは酒を飲む。

ギスギスしてますね…

そしてソヒはブックとのキスは事故だったと説明しようとするもソヒョンは聞く耳を持たない。
するとソヒョンは「お酒で勝負をしましょう。私に勝てば告訴はしません」と勝負を仕掛けてくる。
そして2人は酒の飲み比べで勝負することとなった。
ソヒは余裕の表情を見せていたが、ソヒョンもなかなかの酒豪で次々と酒を飲んでいく。
そしてソヒは泥酔しその場に倒れてしまう。
するとそこにジグが現れ、ジグがソヒョンと飲み比べ勝負をすることに。
2人は次々と酒を飲み、しばらくするとジグはギブアップしてしまう。
すると次にジヨンが現れソヒョンと飲み比べ勝負を行う。
3人の中で一番酒豪なジヨンにソヒョンが負けそうなになるなか、実はジヨンとソヒョンが知り合いだったことが判明する。

お互いの母同士が知り合いでソヒョンは幼い頃ジヨンを姉のように慕っていたようです

ジヨンとソヒョンは久しぶりの再会を喜び勝負どころではなくなり、ソヒョンは告訴しないことを決め、ブックと恋人関係を解消。
そして4人で一緒に酒を飲むのだった。
その帰り道、ソヒはコンビニで1人食事をするブックを見つけ2人で話すことに。
するとソヒョンに振られ可哀想なブックにときめいたソヒは彼にキスをするのだった。

スポンサーリンク

5話

ジヨンとジグは魚市場にして来ていた。

どうやら刺身を食べるのが彼女たちの毎夏の恒例行事のようです

スポンサーリンク

そこで魚を買ったジグは見事な手捌きでその場で魚を捌き刺身にする。
そしてジヨンとジグは仕事で来れなかったソヒ抜きで刺身と酒に舌鼓を打つのだった。
一方、ソヒは仕事をしていた。
しかしソヒとブックと一夜を過ごした昨晩のことを思い出し、仕事に集中できないのだった。
一方、刺身と酒を楽しむジヨンとジグ。
すると隣のテーブルで食事をしていた男2人組が声を掛けてきて一緒に飲むことに。
その後、しばらく4人で飲んでいたが、下心満載でジヨンと話す男2人に苛立ちを覚えたジグは突然男に殴りかかり警察に連行されるのだった。

これまでも同じようなシュチュエーションがあったようですが、その時はソヒがこうなる前に止めていたようです

その後、警察署でジグはジヨンのことが理解できず2人は口論に。
そしてジグは「あなたは私の友達では無い。ただのソヒの友達…」とジヨンに言い放つのだった。

あらら…2人の友情が壊れる危機に瀕してしまいました…

ソヒ・ジヨン・ジグが仲良くなったのは大学時代。
当時、クラブでダンスバトルで優勝したチームが酒を一生タダになるというイベントが行われていて、ソヒ・ジヨン・ジグはそれぞれ別々のチームで参加していた。
その結果、そのバトルは引き分けに終わり勝敗は後日に持ち越しに。
そこで各チームのセンターだったソヒ・ジヨン・ジグは”一生酒タダ”の権利をゲットするためにチームを結成し、その後見事優勝。
この出来事を機に3人は毎晩集まり酒を飲む仲になったのだ。
そして現在、ジヨンとジグの喧嘩により、ソヒは1人で酒を飲んでいた。
するとそこにブックがやって来て2人で話すも、ブックは「この前のことはなかったことに…」と言い出し2人は口論に。
そんななか、酒を一口飲んだブックは一瞬で酔っ払いその場に倒れてしまうのだった。
一方、ジヨンは1人で帰路についていた。
すると怪しい男に尾行され、家に侵入されてしまう。
ジヨンが襲われそうになるなか、ジヨンからSOSを受けたジグが駆けつけたことで何事もなくジヨンは助かるのだった。

スポンサーリンク

6話

時は遡り7年前、ジヨンは栄養士として社内食堂で働いていてそこでもその美しさから人気者で注目の的だった。
一方、ジグは当時学校の教師をしていたが、周りとの人間関係がうまくいかず次第に孤立していた。
同僚たちからは孤立していたジグだったが、その媚びない立ち振る舞いなどは生徒から人気でファンクラブができるほどだった。

GTO的な型破りな教師の雰囲気がありますね

そしてソヒは出版社で働き始めるも仕事内容などに不満が募っていて悩んでいた。
そんなソヒだったが当時3年付き合っていた彼氏がいて私生活は充実していた。

酒に酔いときめいて付き合い始めた彼氏ですね…

しかしその後、残業が増えたことで彼氏が浮気をし破局。
そんななかソヒはパク会長の自叙伝出版という大きな仕事を任されることに。
一方、ジヨンは勤務する食堂の会社の代表・パク会長に気に入られ、その会長はジヨン目当てで食堂に毎日通い始める。
そして数日後、ジヨンは突然会長からデートに誘われ、能天気なジヨンは夜に2人でホテルで会う約束をした。
その日の夜、ジヨンはパク会長が指定したホテルへ。
パク会長は下心満載でホテルに向かうと、そこにはジヨンの他にもソヒとジグがいた。

どうやらジヨンが2人を連れて来たようです

それを知ったパク会長は肩を落とすのだった。
その後、ジヨンとソヒが2人で飲みに行くなか、ジグは最近親しくなった女子生徒と2人で話していた。
すると女子生徒は突然ジグにキス。
ジグは突然のことに驚き戸惑うのだった。

スポンサーリンク

感想

4話は酔った勢いでブックにキスをしたソヒが、ブックの恋人であるインターン生に訴えられそうになるという内容でした。
一時はどうなることかと思いましたが最終的には酒の飲み比べで勝負になるも、実はジヨンとインターン生が古くからの知り合いだったことが判明し、何事もなくこの件は収束しひと安心でしたね。
そしてラストにはソヒがインターン生と別れたばかりのブックに再びキスをするという驚きのラストでした。
現状恋人関係まではいかず微妙な関係性の2人ですが、今後どんなラブストーリーが繰り広げられるのか気になるところです。
5話、6話では、ソヒ・ジヨン・ジグがどのようにして仲良くなったのかなど彼女たちの過去について、そして3人の友情物語が描かれていました。
ジヨンとジグが大喧嘩をし3人の友情はどうなってしまうのか心配になる一幕もありましたが、なんだかんだで仲直りしていたので安心しました。
次回、どんなストーリーが繰り広げられるのか楽しみです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください