雲が描いた月明かり-あらすじ-7話-8話-9話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-雲が描いた月明かり-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。






ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、清に連れて行かれそうになったところを、無事助けられたラオン。
ヨンは明らかにラオンが大好きですよね!
独占欲が強くって、さすがワガママ世子…萌えます(*´艸`*)

少しずつシリアスな雰囲気になってきましたね。
ロマンスも本格的に始まりそう♪

では、今回は7話から9話までお伝えしていきますね~。

【雲が描いた月明かり】(ネタバレあり)

7話

無事王宮に戻ってきたラオン。
資泫堂でビョンヨンに、少しずつ王宮を自分の居場所だと感じ始めたと話す。
【ヨンに毒味ということでごはんをもらうラオン。食べっぷりがかわいい(*´∀`*)

ユンソンは、ハヨンとの縁談を祖父のホンに告げられる。
ラオンへの想いを捨てきれないユンソンは、ラオンに衣を贈り、王宮を出て女人として生きていかないかと提案する。
ストレートに想いを告げるユンソン。こんなに本気だったとは…!乙女心が揺さぶられますね。

一方ハヨンは、植物園でヨンに話しかけ、教養を見せて気を引こうとする。
しかし、散歩に誘うもすげなく断られてしまう。

実は恋仲だったマ内官と女官のウォリ。
ある日ラオンは、2人がこっそり会っている場に居合わせ、別れ話を目撃してしまう。
マ内官の想いを知ったラオンは、人形劇でウォリに伝えることに。
許されない恋…。想いを叫ぶマ内官の姿に、ウルッときました…。

王妃の怒りを買って呼び出されたラオン。
服を脱ぐよう迫られるが、間一髪のところでヨンに救われる。

その後、ヨンに迷惑をかけないよう距離を置こうとする。
そんなラオンにヨンは、自らの想いを告白するのだった…。

8話

ラオンに想いを打ち明け、キスをしたヨン。
実は告白直前にラオンが女であることを知っていた。
でも、ラオンが男でも告白はしようとしてたんです。真実の愛って感じがしますね!

ユンソンからは、王宮を出て女人として生きる道を提案されたラオン。
だが、まだ王宮にいたいと答える。
ユンソンとハヨンは見合いをするが、お互い他に想い人がいることを打ち明ける。
ユンソン&ハヨンのカップルもお似合いだと思いますが…。お互い興味なしという感じです。

逆賊ホン・ギョンネの娘が生きているという噂を聞いたヨン。
ビョンヨンに調べるよう命じるが、町でビョンヨンが何者かに追われるのを目撃し、助けに向かう。
一方ビョンヨンは、ホン・ギョンネの娘がラオンだと知ってしまう。
2人の戦闘シーン、とってもかっこいいです!!

代理執政初日、緊張の面持ちで向かうヨン。
しかしキム・ホンの策略により、重臣の姿はなく、仮病を告げる文書だけが残されていた。

ハヨンはラオンに恋の悩みを相談する。
相手がヨンだと知ったラオンは、ひどく傷つきヨンの本心を尋ねる。
そんなラオンに、ヨンは永遠の腕輪をつけてやり、今後は「世界で一番尊い女として扱う」と告げ…。

9話

突然ヨンに愛を告白され、戸惑うラオン。
女であることがバレたことを知り、内官としてそばにいられないと思い、ヨンを避け始める。
あれっ、くっつくのかと思いきや…。ラオンの気持ちも複雑なんですね。

王宮では、ヨンが定期的に行っていた科挙を中止にしたことで、大臣たちと対立していた。
腐敗した試験制度を正すためだったが、茶山先生の助言で予定どおり科挙を実施することに。
自ら出題するヨン。名君の片鱗が見えます。

ラオンは、姿を消してしまったヨンウン王女を捜す。
隠れていたところを見つけるが、王女は恐怖で気を失ってしまう。
以前目撃した出来事がトラウマで声を出せなくなっていたのだった。
ヨンのお母さんが殺されるところを見てしまった??ホンは昔から悪人だったみたいです。

同じ頃、一人悩むビョンヨン。
ヨンのラオンへの想いと、ラオンがギョンネの娘だという事実を知ってしまったためだ。
ビョンヨンの立場も難しいですよね~。板挟みになって苦しそう…。

息子ヨンの将来を案じた王は、完全な味方を作ってやろうと、婚礼の準備を命じる。
相手として考えられていたのは、ハヨンだった。
やっぱり身分の合う2人がくっつけられてしまうんでしょうか??

一方、ヨンの切実な告白に心を動かされたラオンは、化粧をして女人の衣装をまとう。
初めて女としてヨンに会いに行くが…。

7話―9話の感想

とうとう2人が結ばれました~!!
強気なヨンと、戸惑うラオン。
キスシーンはとろけそうでした…(*´∀`)

ところがここでなんと、ラオンが大反逆者の娘?!!
こんなに大きな障害が出てくるとは…。
ビョンヨンも妙な動きをしているし、これから大波乱が起きそうな予感。

物語も後半に突入して、一気に盛り上がっていきそうですね~!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。