雲が描いた月明かり-あらすじ-10話-11話-12話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-雲が描いた月明かり-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。






ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
さて、ラオンにあふれる想いを伝えたヨン。
ラオンも女性として応える決意をしました。
ようやく甘~い日々が始まるのか?!(*ノェノ)

でも王はハヨンとヨンを結婚させようとしてますよね~。
ユンソンの切ない片想いも、このまま実らないのはつらすぎる…。

さらに、実はラオンが逆賊の娘だと分かったり…
ビョンヨンがその残党たちとつながっていたり…
なかなかややこしい問題が控えていそうです。

では、今回は10話から12話までお伝えしていきますね~。

【雲が描いた月明かり】(ネタバレあり)

10話

女性としてヨンに会いに行き、本当の名前を明かしたラオン。
ヨンとラオンは幸せな時を過ごす。
2人きりの時、何度も「ラオン」と呼びかけるヨン。夢中ですね~。かわいい(*´艸`*)

一方、ホン・ギョンネの残党は、王への挑戦状のような内容のビラを都にばらまく。
それを知った王は、ヨンの婚姻によって王室の安泰を世に知らしめようとする。
しかしヨンは、政略結婚をする気はないときっぱり断る。

ラオンは王宮で、かつて恋文を代筆した旦那チョン・ドッコと再会する。
ドッコは科挙に主席合格し、王宮に仕えることになっていたのだった。
ドッコはラオンに、ミョンウン王女には自分の正体を明かさないよう頼み込む。
ドッコはぽっちゃりな王女が好きだったよう。とうとうミョンウン王女の恋が動き出すんでしょうか??

ラオンがホン・ギョンネの娘だと知ったビョンヨンは、必死にかばおうとする。
しかし残党に真実を知られてしまい、命を奪われそうになる。
そこへ尚膳サンイクが現れ、ビョンヨンはサンイクがホン・ギョンネの残党、白雲会の長であることを知る。
相変わらず板挟みのビョンヨン…。無事でいられればいいけど…

ある日、風燈祭でヨンと出会った少女が王宮に野菜を届けに来る。
ところが、ビラをまいた逆賊の一味として捕まってしまう。

ヨンのを知りショックを受けるラオン。
必死に笑顔を作るラオンを見かねたユンソンはヨンを訪れ、ラオンを愛していると告げる。
ラオンはヨンとともに茶山に会いに行こうとする。
そこにサンイクが現れ、ラオンの本名を呼び…。

11話

サンイクがラオンの本当の名前を呼んだことに驚くヨン。
幼い頃に縁があったと聞き、内侍府の長としてラオンを守ってくれるよう頼む。
ラオンの母親の世話になったとのことですが…過去に一体何があったんでしょう??

ヨンは風燈祭で出会った少女を放免する。
しかし、その直後、女官が王の御膳に毒が入っていると騒ぎになり、少女の父親が犯人と疑われ再び捕らえられてしまう。
少女の無実を証明すべく、茶山に助けを求めるヨン。
結局、毒は盛られていなかったことが判明し、少女を救うことができたのだった。
一時はどうなることかと思いましたが、無事解決!よかったよかった(´ε` )

資泫堂を調べていたソン内官は、女物の衣を発見する。
報告を受け、ラオンが女なのではないかと感づいた王妃は、ラオンを呼び出しその場で衣を脱ぐよう命ずる。
王妃、相変わらず思いっきり悪役で清々しいですね!ハラハラさせてくれます。

ヨンとサンイクの機転で難を逃れたラオン。
しかし、自分のせいでヨンに迷惑がかかることを恐れ、ヨンに婚礼を促す。
そんなラオンを見かねたヨンのおかげで、ラオンはとうとう母親との再会を果たすが…。

12話

再会を喜び合うラオンと母親。
ただ、母親はラオンが世子に仕えていることを知り動揺を隠せない。

ヨンは重臣キム・ウィギョの不正を暴き罷免を命じる。
逆恨みしたウィギョは、東宮殿を襲撃する計画を立て、白雲会の仕業に見せかけようとする。
ウィギョのザコっぽさがすごいです(;´∀`) 脇役も上手いな~って思いますね。

キム・ホンらは間者チルソンを使い、ホン・ギョンネの娘がホン・ラオンという名で、王宮にいることを知る。
ラオンを守るためにチルソンを殺害するユンソン。
ラオンを王宮から出すようヨンに進言するが、ヨンは聞き入れない。
どこまでも健気にラオンを想うユンソン…。ヨンの気持ちも分かるけど、ちょっと子供っぽいかも?

ビョンヨンが何かを隠していると感づいたヨン
東宮殿襲撃当日、ウィギョの雇った刺客たちに襲われたヨンは、刺客がビョンヨンではないかと疑ってしまう。
しかし実際には、現れたビョンヨンがヨンを助ける。
安堵しながら意識を失うヨン。
ビョンヨンに裏切られたら、本当に絶望してしまいそうですよね。友情が確認できて一安心…。

ヨンは一命を取り留め回復する。
ラオンは母に会うため茶山の家に行く。
そこで、自分がホン・ギョンネの娘であることを知ってしまい…。

10話ー12話の感想

とうとうお互いの想いを確かめ合い、カップルになったヨンとラオン♪
女性版ラオンは本当に可愛い!!!

でも喜びもつかの間、ホン・ギョンネがらみの問題が…。
それぞれ相手のことを思いやるあまり、
言えないことが重なって…切ない展開が続きそうです。

自分の正体を知ったラオンはどうするんでしょうか???
いよいよクライマックスが近づいてきて、目が離せません!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。