青い鳥のロンド-あらすじ-46話-47話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-青い鳥のロンド-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

青い鳥の輪舞(ロンド).jpg
恋愛、結婚、出産、人間関係、マイホームの5つの夢を諦めた現代の若者たちに焦点をあてたヒューマンラブストーリー。
困難を乗り越え成長していく姿を温かな家族愛を絡めて描きます。
韓国では同時間帯視聴率1位を独走し、最高視聴率27,5%を記録した全世代に支持された大ヒット作品です!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
キム家との争いが本格化してきたテスは、ウンスに実母のことを話してしまいます。ウンスのコトをとても大切に育ててきたソニを傷つけるためにやったのですが、それは絶対にしてはいけないことでした。もうどちらも後には引けません。家族を守るたに保身するテスですが、息子のヒョンドからは失望されてしまいます。この先どのように話が展開していくのでしょうか

【青い鳥の輪舞】(ネタバレあり)

46話
ちょうどそのときウンスが部屋に来る。ジョンエはウンスが自らテスと一緒に行ったと話し、ウンスもそれを肯定したのでその場は収まる。
その後ウンスはジョンエを呼びだし、家族を裏切らないでと訴える。
可哀想なウンス・・・。
キム家に謝らせに行くと言うスギョンに、テスはとうとうウンスに実母のことをばらしたことを打ち明ける。スギョンはテスを呼び出し、一緒にウンスに謝罪に行こうとするが、テスは頑なにこばむ。スギョンはテスが関係のない子どもを傷つけたことが許せずに、家を出て行く。
やっぱりスギョンはまっすぐな人でしたね。
ジワンはサンジュンが当時莫大な財産をなぜ現金化したのかを不思議に思う。そして父が家族に残そうとしたものは、他にあるのかもしれないと考えつく。
ウナの提案で、ジョンエ母娘とキム家で、ピクニックに行くことになる。
外でお弁当を食べて、久しぶりに穏やかな空気が流れる。仲良くバトミントンをするウンスとウナの姿を見てみな目を細める。ジョンエはウナにウンスが実の姉であることを伝えていた。
あら、きちんと話していたとは意外です。
ジェチョルの新しい仕事を手伝いながら、裁判準備を進めるジワン。そこにヨンジュが夜食をたくさん買い込んで届けに来る。ジェチョルのためだと勘違いするジワンに、勇気をだして全部ジワンのために買ってきたことを伝えるが、それでもジワンはヨンジュの気持ちに気付かない。
この2人はどうなるのかな~。進展はしなさそうですが…。
ジワンの元に総務省の審査委員会から連絡が入る。起業家賞の最有力候補であるテスに裁判でケチが付くことを心配する担当者に、ジワンは訴状は全て真実だから賞を受賞するに値しないと主張する。
ジワンは自分の証拠と証人がテスの受賞に響くことを知り、改めてジョンエに頼みに行く。ジョンエは自分が罪に問われることがないのなら、証言すると伝える。
お!改心したんでしょうか?
その後テスから、審査委員会で偽証してこの件にけりをつけるよう言われる。ジョンエはうんざりしていた。
次の日の明け方、ウナを連れてジョンエはキム家から姿を消す。その日は証言の日であった。アメリカへ雲隠れしようとしていたジョンエだが、ウナがジワンとウンスに居場所を伝えてバレてしまう。駆けつけたウンスは、家族を裏切らないでと説得する。ジョンエは迷っているようだ。
ひとりになったジョンエの前に次はヒョンドが現れる。ウナがウンスに電話をする前に、ヒョンドから連絡がきていて、そのときに居場所を伝えていた。ヒョンドも偽証を促す。
そしてジョンエの元にテスから連絡が入る。元夫とウナの親権争いになれば、素行の悪いジョンエより父親の方が有利だと脅す。ジョンエは顔色を変える。
47話
審査委員会の日。部屋に向かおうとしていたテスとジワンの前に、ジョンエが現れる。家族には手を出さないと言うルールを破ったテスに怒り、全てを証言するつもりであった。
テスは再び親権の件で脅して、先に部屋に入る。
残ったジワンにジョンエは、ウンスのためにも証言はきちんとすると伝える。ジワンはそんなジョンエに家族を守る方が何よりも大切だと、家に帰らせる。
証人不在で審査はテスの思いのままに終わる。
ジワン…優しい人なんです。でもまたテスに負けてしまいました。
ウンスは審査前にヒョンドと何を話したのか、ジョンエに聞く。証言しないとウナを奪うと言われたことを知り、ウンスはショックを受ける。
テスはヒョンドの働きに満足し、久しぶりに家で一緒に酒を飲もうと誘いヒョンドの好物のアワビを準備する。しかしその晩ヒョンドが家を訪ねることはなかった。テスはアワビの乗った食卓にひとりきりで座り酒を飲む。家にはスギョンもヒョンドもいない。テスは一人きりになっていた。
テスが何よりも守りたかった家族だったのに、バラバラになってしまったんですね…。
ジョンエはウンスに別れも告げず、ウナを連れて家を出てしまう。
ヒョンドはスギョンの生活する別荘で寝泊まりしていた。睡眠薬を使わないと眠れなくなったヒョンドをスギョンは心配する。ヒョンドは冷静にテスの味方をしていたが、精神状態はボロボロであった。
あんなに明るい子だったのに~。
テスは無事に起業家賞を受賞する。
そんなとき、以前ベストグローバル社で本部長をしておりテフ産業の創立メンバーであるイ支社長が、ロシアから帰国したと知らせが入る。報告を受けていなかったテスは慌てふためく。
その頃イ支社長はジワンと会っており、テスが過去に犯した罪を知らされていた。ジワンは25年前にテフ産業で働いていた社員名簿をもらう。
イ支社長~、最後の切り札がいましたねー!
変わり果てていく息子の姿が心配で、スギョンはもう一度テスに会い説得をする。しかしテスは聞く耳をもたない。
スギョンはウンスを呼び出し、テスのしたことを心から謝罪する。そしてヒョンドの側にいてほしいと頼むが、ウンスは断る。
ソニとウンスは偶然ジョンエ母娘と再会する。ウンスはジョンエと二人きりになりどうして捨てたのかを尋ねるが、育てられなかったから捨てたという理由にショックを受ける。
ジョンエは一度取り返しに行ったけど、愛される姿を見て諦めたことを打ち明ける。
ジョンエなりにウンスの幸せを考えて迎えに行かなかったのでしょうか。
ジワンは名簿に載っていた人たちに話を聞いてまわっていた。テスもその動きに気付く。ヒョンドはうろたえるテスに、ジワンさえ諦めれば全て解決すると告げる。
そんなときジェチョルの会社の大口契約が突然破棄されてしまう。ヒョンドから連絡が入り、周りに迷惑をかけたくないのならこのまま訴訟を取り下げるように言われる。
46,47話の感想
ジョンエが母親らしくなってきましたね。お金のことしか頭にない人なんだと思っていたけれど、実は娘たちを大切に想っていたという・・・。証言することを決めたのはウンスとウナに手を出されたことが原因だったし。根からろくでもない人じゃなかったことに安心しました。
そしてヒョンド-!!どうしちゃったのよ~。まさに別人になっちゃいましたね。
自分の良心を消して父テスのために動く姿、心が痛みます。