風と雲と雨-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、壮洞キム氏の宴会場で次期国王が興宣君の次男・ジェファンだと宣言したチョンジュン。
そして今回、それが大きな騒動となり、さらに新たな事件が発生する。

スポンサーリンク

【風と雲と雨】(ネタバレあり)

13話

次期国王は興宣君の次男・ジェファンだと宣言したチョンジュン。
チョンジュンの言葉に皆驚く中、インギョは「チョンジュンは謀反を企んだ罪人だ!」と捉えようとする。
するとそこにボンリョンがやって来て、チョンジュンが罪人であるというインギョの主張には根拠が無いと訴える。
結局それが聞き入れられ、チョンジュンは捕らえられずに済むのだった。
一方、宴でチョンジュンが「次期国王は興宣君の次男・ジェファンだ」と宣言したことは町中の噂に。
次期国王にハジュンを推していた趙大妃は信じられずにいたが、ボンリョンが「私もジェファンを見ました。確かに彼から非常大きな”王の気”を感じました」と報告すると趙大妃はショックを受けるのだった。

しかし実際は王の気がジェファンのものなのか、別の誰かのものなのかボンリョンにははっきり分からなかったようです

その後、チョンジュンは国王・哲宗に呼び出される。
そこで宴での騒動を起こした理由について問い詰められたチョンジュンは、自分はあくまで国王の味方だということ、全ては国王を永遠に生かすためだと主張。
それを聞いた哲宗は、納得するのだった。
その後、ボンリョンはチョンジュンと会い2人で話していた。
そこでチョンジュンは脱獄の件など色々と協力してくれたことについて感謝を告げ、町で買った銃をプレゼント。
その様子を少し離れたところからインギョの部下が監視していて、インギョは2人が会っていることを知り憤るのだった。

インギョはここ最近何もかも上手くいかず苛立ってますね…

スポンサーリンク

14話

サングァンは前にチョンジュンとの約束通り提出した自白書を盗みチョンジュンの元に持っていこうとするも、それがバレ捕まってしまった。
翌日、インギョはボンリョンの前に現れると、ボンリョンを連れて行き屋敷に監禁した。
その後、チョンジュンはハジュンに呼び出される。
ハジュンは宴でチョンジュンが次期国王が興宣君の次男・ジェファンだと宣言したことに憤っていて、剣術に長けている部下と刀を交え決闘するよう命じる。

あわよくばここでチョンジュンを殺そうという魂胆のようです

しかしチョンジュンは決闘を拒否。
「あなたが私を殺せば壮洞キム氏の思う壺ですよ。王になるのは生き残った者です」
チョンジュンはそう言い、ヘジュンと2人で話すことに。
そしてチョンジュンは「国王候補は様々な攻撃を受けるからジェファンを操り人形として、盾として利用し、生き残ることであなたが次期国王になれる。そして王になるためには謀反に関する自白書を奪うべきだ」と話すのだった。
一方、屋敷で監禁されているボンリョンは、隙をつき部屋から脱走。
そして侍女に扮して屋敷の中を歩いていると、ある部屋で寝たきり状態のマンソクを発見。

財産相続の文書をチョンジュンに届けようとして途中で襲われて、ここで寝たきり状態だったんですね…

マンソクから話を聞こうとしたところ、屋敷の護衛がやって来てボンリョンはバレそうになるも、ボンリョンは護衛を撃退し、屋敷の外へ逃げるのだった。
一方、インギョはチョンジュンの自白書を持って大監の元に向かっていた。
しかしその道中、ハジュンの部下がインギョを襲撃。
そしてハジュンの部下は自白書を盗むことに成功。
自白書を盗まれたインギョは激昂し絶叫するのだった。
その後、ボンリョンはチョンジュンの元を訪ねるも、チョンジュンの姿がない。
どうやら少し前に興宣君に呼び出され出掛けたようで、それを知ったボンリョンは不吉な予感がし、急いでチョンジュンの元に向かうのだった。
一方、チョンジュンは興宣君と話していた。
「いつまでそんな生き方を?虎が身を潜めたまま生きられるとでも?壮洞キム氏が牛耳るこの国を変えなければならない…」
チョンジュンはそう言うと「一緒にキム一族を倒しませんか?」と持ち掛ける。
すると興宣君は「お前が宴の場であのような騒ぎを起こしたのは王族を争わせるためだろ?お前を動がしている黒幕は壮洞キム氏だろ?」と言い、チョンジュンに銃を向ける。
チョンジュンは誤解だと訴えるも、興宣君は信じない。
するとそこにボンリョンがやって来て「やめてください!」2人の間に入ると、興宣君が発砲した銃弾はボンリョンに当たりそのまま倒れ、ボンリョンは崖の下に転落してしまった。

ボンリョン、無事なのでしょうか?

スポンサーリンク

15話

興宣君が放った銃弾がボンリョンに当たり、ボンリョンは崖から転落。
チョンジュンも銃弾を受け負傷しながらも、慌てて崖を下りボンリョンを助けに行くなか、興宣君は「ボンリョンを殺してしまったのか…。目撃者であるチョンジュンを始末せねば…」とチョジュンの跡を追うも見つけられずそのまま屋敷に戻るのだった。
その後、チョンジュンは川辺で力尽きそのまま意識を失い倒れてしまう。
そして村人に発見され、パルヨンたちの元に運ばれるのだった。
翌日、ボンリョンが行方不明だと知った趙大妃はインギョの仕業だと思い、インギョを呼び出し問い詰める。
しかしインギョは「自分の仕業ではない」と訴え、趙大妃はボンリョンの行方が心配になる。
その後、インギョは大監からもボンリョンを監禁したと疑われ捕らえるのだった。

濡れ衣のインギョ、少し可哀想ですね…

その夜、チョンジュンが意識を取り戻し、パルヨンたちに興宣君に撃たれたこと、そしてそれによりボンリョンが行方不明になってしまったことを話す。
そしてチョンジュンはボンリョンを見つけるため捜索して欲しいとパルヨンたちに頼み、「興宣君への報復はボンリョンが見つかってからだ…」と告げるのだった。
翌日、興宣君はハジュンの元を訪ねていた。
そこで興宣君はボンリョン行方不明の原因は自分だと話そうとするも、ハジュンは「壮洞キム氏は大変な過ちを犯しましたな。今こそ彼らを攻撃すべきだ。チョンジュンの助言通り便利な盾を利用せねば」とほくそ笑む。
それを聞いた興宣君はハジュンが自分の次男・ジェファンを盾にし虎視眈々と次期国王の座を狙っていることを知るのだった。
一方、ボンリョンはある小屋の中で目を覚ます。
どうやら何者かに助けられたようで、近くで眠る女性に声を掛ける。
その女性は母・バンダルだった。

ボンリョンは母に助けられたんですね

それに気付いたボンリョンは久しぶりの再会に涙を流しバンダルに抱きつくのだった。
一方、チョンジュンはボンリョンの捜索をスタート。
その頃、大監も同じくボンリョンの捜索を始めていた。

スポンサーリンク

感想

13話では、チョンジュンが壮洞キム氏の宴会場で次期国王が興宣君の次男・ジェファンだと宣言し、大きな騒動になる様子が描かれました。
ボンリョンとチョンジュンが2人で話す様子は仲睦まじくわだかまりが解けた様子でホッコリしました。
14話では、ボンリョンがインギョにより捕らえられ、脱走するストーリー、そしてラストには興宣君が暴走しボンリョンとチョンジュンが撃たれるという衝撃展開でした。
撃たれたボンリョンが崖から転落し、その安否が気になるなか、15話では、ボンリョンが母に助けられ再会を果たすというこれまた驚きの展開でした。
そしてボンリョンの捜索をはじめたチョンジュンや大監たち。
今後どんな展開が待ち受けているのか楽しみです。

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください