馬医-あらすじ-10話-11話-12話-キャスト情報ありで最終回まで!

韓国ドラマ-馬医-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト-相関図など、最終回までの感想を全話配信します。

馬医.jpg
若かりしカン・ドジュン、イ・ミョンファン、チャン・インジュはそれぞれ生まれも育ちも違うけれど、医学を志す熱心な若者たちだったが、ある事件を境に運命が大きく変わる。そしてその渦中に誕生する2人の子供たち。彼らの運命はいかに?!朝廷の中に渦巻く黒い動きと崇高な魂が入り混じる壮大なストーリーが展開されます!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チニョンが謎の疫病に感染してしまいますね!
クァンヒョンは彼女が口にした村の水に原因があるのではないかと推測しますが・・・
原因解明は間に合うのでしょうか?!
そしてチニョンのことが心配なソンハも危険な場所と知りながらその場所にやって来て、
何だか男たちの気持ちも交錯し始めますね。とてもドキドキする展開になってます!

【馬医】(ネタバレあり)

10話

クァンヒョンはチニョンが唯一村のもので口にした水に疫病の原因があると推測して原因の追究を始める。
その一方でコ・ジュマンはチョン・ソンジョの嫌がらせによって薬剤の供給が中止されていたが、手に入る自然のもので代用を開始していた。

さすがこの2人の考えは賢明ですね!素晴らしい!
そんな時朝廷の命を携えて、大量の薬剤を持ってミョンファンが現地入りをするも、
そのタイミングでクァンヒョンも疫病は中毒の症状の表れだったことを突き止める。商人たちが川に捨てて行った痛んだアワビと酢が反応して猛毒になったのだった。しかしミョンファンは不確かなことを信じて治療を開始できないと反対する。でも少しの可能性にもかけたいと、チニョンが新たな治療の実験台になると申し出る。そして新しい処方の薬のおかげでチニョンの容体は回復した。
この功績で恵民署の署長も兼任しながらコ・ジュマンが主医となった。

まさかと言うところからの知識が功を奏したクァンヒョンの原因解明!間に合って良かった!
無事のクァンヒョンの帰りに喜ぶスッキ王女はさっそく理由をつくって会いに行く。
そして頬に口づけをする・・。

とても大胆な王女!その気持ちを伝えるのでしょうか?!
11話
主医になったコ・ジュマンはその志から民の医療を充実させることの他に、これまでの不正を正すことも目標としていた。そんな彼の姿をミョンファンを始め、朝廷の重臣たちは心よく思っていなかった。

また何かミョンファンたちは腹黒いことを考えているのはと疑ってしまいますね。
ある日チニョンの気を惹こうと司僕寺のカン・ダルホは頭が痛いと仮病を装うが、チニョンは彼が胸の痛みが出る胸満の気があるとクァンヒョンにそれとなく伝える。そんなクァンヒョンたちは島の牧場にいる馬が産気づいているということで派遣されるが、そこでカン・ダルホは倒れてしまう。その時島の唯一の医師が不在。でもこのままでは死んでしまう。クァンヒョンは苦肉の策で自分が鍼を打つことに。幸い上手くは言ったが、都に戻ると馬医が!と非難の嵐に合う。

確かに医師ではないので危険な行為ではありますよね。でも何とか助けたいという正義の気持ちも分かる・・。
武橋湯飯でオ・ジャンバクに話しを聞いてもらっている落ち込んだクァンヒョンは、人助けを大義名分をもってしたいなら医師になったらどうだと言われる。そこに科挙の試験に合格したソンハの祝いで同席していたチニョンがいた。

クァンヒョンはチニョンが何者か知ってしまうのでしょうか?!色々ショックが大きい・・。

12話

医師の資格を持たないものが人に鍼を打ったとクァンヒョンは捕盗庁に連行され棒たたきの刑30回が言い渡される。これはチョン・ソンジョの企みで、カン・ダルホの親を金で買い訴えさせ、これを機にコ・ジュマンに責任を負わせて主医の座から引きずり落とそうとしていたのだった。

やはり彼らは企みを巡らせていましたね。油断も隙もない!
瀕死の重傷を負ったクァンヒョンをギベとチャボンが連れて帰り、恵民署にいるインジュを呼んで治療をしてもらう。そしてソンハの協力があって屋敷を飛び出したチニョンもクァンヒョンのそばで献身的に看病をする。一命を取り留め、起き上がれるようにまでなったクァンヒョンは心身ともに状態が回復し、両班であることが分かってしまったチニョンへの気持ちも次第に和らぎ、2人の関係も元に戻っていく。

みんなの協力体制や、2人の気持ちの歩み寄りには温かさがあっていいですね!
そしてチニョンは恵民署で働くことを許されるが、一方でクァンヒョンも一大決心をして医師を目指すことにしたのだった。
というのも、コ・ジュマンが志のあるものに平等に医師試験が受けられるよう制度を整えたのだった。

クァンヒョンはまさかオ・ジャンバクのすすめ通り?!これも運命でしょうか?!知らずの内に父親の意志を継ぐことになっていきそうですね。

10-12話感想

クァンヒョンにとってとても重大な出来事の起こる3話でしたね。やはり死んだ父親譲りなのでしょうか。
人を命をかけて救おうとする姿はとてに似ていますね。彼が医師になりたいというその志を遂げられるよう見守りたいですね!
でもそう出来るようになったのもコ・ジュマンのおかげでもあり、しかしその裏で彼を失脚させようと必死のチョン・ソンジョやミョンファンの動きがあり、一筋縄にはいかなさそうですよね。きっとそれでも気持ちを強く持ってクァンヒョンの突き進む姿が見たいと期待。一方チニョンは彼らの間でどのように気持ちが揺れ動き、自分自身も医師としての道を進んでいくか、そこも気になるところ。次回もとても楽しみですね!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください