馬医-あらすじ-16話-17話-18話-キャスト情報ありで最終回まで!

韓国ドラマ-馬医-あらすじ-16話-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト-相関図など、最終回までの感想を全話配信します。

馬医.jpg
若かりしカン・ドジュン、イ・ミョンファン、チャン・インジュはそれぞれ生まれも育ちも違うけれど、医学を志す熱心な若者たちだったが、ある事件を境に運命が大きく変わる。そしてその渦中に誕生する2人の子供たち。彼らの運命はいかに?!朝廷の中に渦巻く黒い動きと崇高な魂が入り混じる壮大なストーリーが展開されます!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
クァンヒョンにはやはりドジュンの血が流れているんですね・・・
やはり知らずの間に父の遺志を継ぐことになりそうですね。ちょっとお父さんの無念を思うと涙してしまいそう!
でも周りの風当たりが強くなることは必須ですね。ミョンファンやチョン・ソンジェが裏で腹黒い思いを巡らせているのは許せません!どうかクァンヒョンが無事思いを遂げられますように!

【馬医】(ネタバレあり)

16話

“クァンヒョンはソンハの友人の両班の男に呼ばれ家に連れられて行くと、何と彼の妹で寡婦の女性が、病気で里帰りをしていた為治療をしてほしいと言うのだ。その時突然彼女が自殺未遂を計り、クァンヒョンが持ち合わせの知識で応急処置をして救い、生きる力を取り戻させようと試みる。兄のソ・ドゥシクは大変感謝し、これからはクァンヒョンの力になると言う。

クァンヒョンの賢明な説得で彼女の気持ちが強くなると良いですよね!
ある日医学生たちは病気の患者たちの診察の実習に参加していた。そこでクァンヒョンは患者の脳出血の症状を見逃してしまい、全主医の息子ユン・テジュがそれに気づき男は診察室に運ばれたが手遅れだった。テジュは馬医が医官になれるはずがないとクァンヒョンを責め、とても落ち込む。

いくら医学生でもと思いますが、医官を目指すからには責任がありますよね。
その晩クァンヒョンのことをよく思わない医学生たちが彼を霊安室に閉じ込めてしまう。そこには多くの死体があったが、脳出血で死んだはずの男の脈がかすかにあることに気づき、何とか命を救う為手を尽くすのだった。そして翌日その患者が生きていることで恵民署が大騒ぎになる。

クァンヒョン、やった!という気持ちですね!このあと患者はどうなるのでしょうか。

17話

霊安室に閉じ込められた翌日チニョンとテマンによってクァンヒョンは見つけ出され、息を吹き返した患者と一緒に助け出される。そして患者はコ・ジュマンたちの処置で一命を取り留めたのだった。鍼を使用して死人を生き返らせたと言う噂はあっという間に広がった。

死人を生き返らせる・・何だか超能力みたいな話になってきましたね(笑)
ある日司僕寺にある馬が選出されて送られてくるが、それはなんとクァンヒョンが牧場にいる時に大切にしていた「ヨンダル」だった。喜んでその馬をチニョンに見せようとしていたが、そこでソンハに出会い身分違いであることを自覚して行動するよう忠告される。そんなクァンヒョンは落ち込んでいたが、身分違いと言われないようにする為には医官の試験を受けるしかないと心に決める。

とても前向きな姿勢にはとても感心させられてしまいますね!
医官採用試験が始まり、一次試験の医学書の暗誦は何とかやってのける。そして二次試験は臨床試験だったが、成績が同じくらいの医学生が組み合わせで患者を診るというものだったが、なんとクァンヒョンの相手はテジュだった。そして二人のもとに現れた患者は王の顕宗だった。

なんという展開でしょうか!王の体を診察するとはとても責任が重いですね!

18話

コ・ジュマンの医療の改革を支援する王、顕宗は自分も診察の対象者になると申し出た次第だった。チニョンはあまりの責任の重さに緊張するクァンヒョンを身分は違っても同じ人間だと励ますのだった。その試験では3日間宮廷に泊まりがけで患者の様子を観察して診断書を書き、薬の処方を考えると言うものだった。

テジュとはただでさえスタートが違うのに、クァンヒョンにも診察ができるのでしょうか。
クァンヒョンは顕宗の診察をする内に牛に発症する胆石の可能性があると疑うが、しかし動物に出来るものが人間に出来るのかと思い悩む。そんな彼をコ・ジュマンは自信を持つようにと励ますのだった。

この診断を伝えたらまた朝廷の重臣たちが何か騒ぎそうですよね。
とうとう診断を発表する日がやって来たが、テジュの診断はミョンファンがあらかじめ診断したものと一致していた。そして次にクァンヒョンの番と言う時に彼の荷物から内医院の診断書が出てきたという報告が入るが、クァンヒョンは無実を訴える。なぜなら彼の診断書は白紙だったからだ。そして王の診断について語りだすが、クァンヒョンは失礼な人間だとその場を締め出されてしまい、恵民署からも追放になるかもしれないという状況に追い込まれる。

クァンヒョンは真摯に診断にあたったのがこんな終わり方で本当に良いのでしょうか?!

16-18話感想

次から次へと困難が待ち受けているクァンヒョンの進む道ですが、その度に真摯に向き合って解決していく姿にはいつも感動させられてしまいますよね。しかも見ている方が励まされます。そんなクァンヒョンも今回は絶体絶命の危機に瀕していますね。二次試験の臨床の大将が顕宗であるだけでなく、まさか獣に見られる胆石の疑いがあるとは!でももし本当だとしたら王の命も危険ですよね。このままクァンヒョンのした診断は愚行とされてしまうのでしょうか。それともどんでん返しがあるのでしょうか。誰か聞く耳を持ってほしい。正義が勝つのを祈るばかりですね!次回の展開に期待したいと思います!