馬医-あらすじ-最終回(50話)-キャスト情報ありで最終回まで!

韓国ドラマ-馬医-あらすじ-最終回(50話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト-相関図など、最終回までの感想を全話配信します。

馬医.jpg
若かりしカン・ドジュン、イ・ミョンファン、チャン・インジュはそれぞれ生まれも育ちも違うけれど、医学を志す熱心な若者たちだったが、ある事件を境に運命が大きく変わる。そしてその渦中に誕生する2人の子供たち。彼らの運命はいかに?!朝廷の中に渦巻く黒い動きと崇高な魂が入り混じる壮大なストーリーが展開されます!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
過去から続く一連の事件もミョンファンの死、他関係者の処分によって片付き、
また身分が入れ替わったことによるチニョンの身分の格上げ問題もクリアーしてあとはクァンヒョンとの婚姻が気になるところですね。
長い壮大なストーリーを経て・・やっとここまでたどり着きましたね。たくさんの出来事がありましたよね。良いことも悪いことも。
さぁ、最終話、苦労の末に一緒にいることを許された二人がどんな未来を歩んでいくのか見ていきたいと思います!
二人の純粋な心が世界に広まりますように!   

【馬医】(ネタバレあり)

最終回(50話)

王の主治医となったクァンヒョンだけれど、相変わらず権力を手にすることに嫌いを感じていたけれども、師であるサアムは今こそ民のためそれを行使する時だと伝える。
主医とは違うけれども、それと同じくらいの力を持ったクァンヒョンは、ホンシクなど彼の行く手を遮ろうとする朝廷の重鎮たちに負けず、民が安心して暮らせるような医療改革に着手し始めた。
これまでに彼を支えてきた仲間たち、そしてチニョンも彼が考えるような制度を作れるよう、医療に従事していた。
一方でまだ暗い過去を引きづっているが、そこから旅立とうと留学先の清国に向かうソンハの姿もあった。友人のソ・ドゥクシに新しい鍼箱、手紙を託して去る。
そしてクァンヒョンとチニョンの婚礼の日がやってきた。直前まで仕事に追われ忙しい日々の二人だったが、クァンヒョンは翡翠の指輪を送って「この手は絶対に離さないと」これまでと変わらず誓いを立てる。そしてとうとう婚礼の時がやってくる。
数年後クァンヒョンは自らの希望で主治医の職からクムチョンという地方の長官になり、
その職につきながら民の暮らしを見ながら必要な医療を整えていった。時にはチニョンも加わりながら民の治療を行うこともあった。
そんな二人にはすでに可愛い男の子もいた。ある日クァンヒョンは周りが驚く中、鍼を手に取り馬の治療にあたる。人間も馬も同じ命と。

最終回(50話)感想

山あり谷ありの壮大なストーリーも終わりました。とても感動的な最終回ですね。
とてもクァンヒョンらしい優しさに溢れるストーリーで本当に心が温まります。
クァンヒョンの素晴らしいところは気持ちに揺るぎがなく、とても信頼のおけるところですね。そして自分のことよりも他人を優先して物事を見ることが出来るところ。
そんな彼のまわりにいるチニョン、そして医療の仲間たちも同じく志の高い魅力的な人ばかりでした。
信じて進めば仲間も集い、願いもかなうのだということをクァンヒョンは教えてくれましたね。学ぶことの多い素晴らしいドラマでした、「馬医」は!