高品格の片思い-あらすじ-10話-11話-12話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-高品格の片思い-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

高品格の片思い.jpg
このドラマは韓中合作のウェブドラマで、中国インターネットサイトで初公開されて以来、大反響になり、その後韓国での放送となった。チョン・イルの俺様的でありながらどこか憎めないキャラクターと、チン・セヨンの純粋で真面目なキャラがどのように絡み合っていくのか、はたして恋愛に発展するのだろうか…。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
やはりスンヒはジェヒでしたね~。フンは本当に嬉しそうです。
ジェジュンとの競争にも勝ったし、良い事が続きますね。しかし、幸せはそんなに長く続かないものです。
特に韓国ドラマでは…。
翌朝、目覚めるとジェヒの姿はない。
またいなくなってしまったのでしょうか。
【高品格の片思い】(ネタバレあり)
【10話】
北朝鮮が核実験を行うというニュースが流れた。総理のソクジュは大統領に呼ばれた。北がおどしをかけてきたようだ。
秘書のテルスは20年前と同じ事がおこるのではないかと心配する。
フンが目覚めるとジェヒの姿はなかった。外に探しにいくとジェヒは車で帰ってきた。
フンは、ジェヒを抱きしめた。さらに抱きかかえる。
そんなに嬉しいのね~
ジェヒは、いつジェヒだとわかったのかとフンに尋ねた。最初に会ったときからだと言う。
病院には遅れると電話をかけ、2人はデートした。
自転車に乗ったり、落書きをしたりおもいきり楽しく過ごした。
ジェヒは、なぜスンヒになったのか聞かないのと言うが、フンは、一緒にいるだけでいいと言って何も聞かない。
ムン教授はチームが勝った祝いにパーティを計画している。
オ理事長は、ジェジュンに病院から出て行けと言う。しかし、ジェジュンは、もう一度機会を与えてほしいと懇願した。
それでも考えを変えるつもりはないというオ理事長。スヒョンはジェジュンにミョンウ大学病院でなくてもいいのではないかと言うがジェジュンはこの病院でなければダメだと言う。
この病院を壊すために来たのですからね
チャンイにフンからメールがきた。今までの感謝の気持ちと同時に“行く”と書いてある。
フンは、ジェヒが北のスパイだから南にいても危険だと2人で密航しようと港にきた。
寸前のところで北の男に捕まってしまい、棒で殴られ気を失ってしまった。
意識を取り戻したフン。
ここは北朝鮮?
縛られているフンの目の前で殴られるジェヒ。服まで脱がされそうになりフンは何でも言う通りにするからと言う。
そしてフンは総理の手術をすること、スンヒの正体をあかさないこと、北の男に服従することを約束させられた。
そして、フンは注射を打たれ、また意識を失った。
スンヒは北の男にご苦労様と言った。
ジェヒはまだフンに隠している事があるのね
フンはチャンイに起こされた。ジェヒを探していると病院のパーティに出席しているという。
フンは、ジェヒに再び逃げるか自首をしようと言う。警察も安全ではないというジェヒは、もう二度と離れたくないといいフンの胸で泣きじゃくる。フンはしかたなくジェヒの言う通りにすることにした。
その頃、ジェジュンは総理に会い、病院への復帰をお願いしている。フンを戻したのが総理だと知っているから自分にもチャンスを欲しいと頼む。
秘書テルスがジェジュンの資料をもってきてジェジュンという名前は本名ではないと言う。
総理はジェジュンが復讐のためにミョンウ大学病院にきたことを知った。
ジェジュンは、20年前に起きた医療事故の被害者の子どもだった。総理はオ理事長に電話をし、ジェジュンにチャンスを与えるように言う。
そしてジェジュンを戻す口実を渡すと言った。それはフンが以前、スンヒをジェヒだと確認するために勝手に見たスンヒの医療記録のことだった。
フンはこれがばれると医師の免許がなくなってしまうのだ。
ジェヒだったのだからいいじゃない
ジェジュンはオ理事長の家の前で、雨の中土下座している。チャンスをくれと頼んでいる。
【11話】
ジェジュンようやく理事長からチャンスを与えられた。
そして理事長は、フンがスンヒの医療記録を見た事をジェジュンに伝えた。
パーティで酔っぱらってしまった医師たちは、スヒョンの家に泊まった。
みなさん、かなり飲んだようですね
そこへ、スンヒが不動産屋と一緒にやってきた。どうやら二重契約されたようだ。
先に契約していたのはスンヒだからスヒョンは出て行こうとするが、スンヒは新しい家が見つかるまで同居しようと提案する。
なぜ同居するのかと聞くフンに、スンヒはスヒョンのことが心配なの?といいフンの頭についていた長い髪の毛を手に取った。
この長さはスヒョンですね、昨夜おんぶした時についたのですね。まずい、まずい
そのころスヒョンは父に家をでると話をした。認めるかわりにジェジュンと婚約をしろという父。
ジェジュンは病院に戻ってきた。フンにもう一度勝負しようと話を持ちかける。フンが断ると小切手を取り出し、これで総理の手術を譲って欲しいと言う。それも断るとジェジュンは警察を呼んだ。スンヒの医療記録を見たことでフンは警察に連行された。
スヒョンは、そんなことをするジェジュンは自分の知っているジェジュンではないと言う。やり方が卑怯だと言った。
フンは、しかたなくジェジュンの条件をのんで解放された。条件とは3回勝負で2回勝った方が勝ち。フンはすでに1回勝っている。2回目の患者はフンが決めていいことになった。
病院では女性が苦しがっている。女性の息子は脚を怪我して病院に入院している。
フンは再手術する必要があるのではと疑うが心臓内科の偉そうな医者がこれは自分の患者だから手を出すなと言う。
フンは女性のカルテ見ている。そこに医療ミスがあったのではないかと疑う。
女性の息子がフンに母さんがああなってしまったのは自分のせいだと言う。自分が歩けないから助けられなかったと言って泣く。
この子役、ジェジュンの子ども役の子と同じ?二役ですか
フンは内緒で手術しようとスンヒやスヒョンたちとチームを組んだ。直前に心臓内科たちに見つかり止められてしまった。
なまいきだと言って心臓内科の偉そうな医者がスヒョンを殴ろうとしたがジェジュンが止めに入った。
フンはジェジュンに2回目の対決はこの患者にしようと提案した。
患者は1人なのにどうやって?)
【12話】
フンは、心臓内科の女性を2回目の対決の患者に決め、ジェジュンもその提案に乗った。
ジェジュンが執刀してその患者が助かればジェジュンの勝ちになるのだ。
そういうこと
その患者は前回の手術で医療事故を起こされていた.若いレジデンスに執刀させていたのだ。
ジェジュンはオ理事長に手術をすると伝えに行く。
オ理事長は、ダメだと言うが、ジェジュンは再手術し、あやまれば訴訟を起こされないはずだと言った。
そこでオ理事長は条件を出した。手術を許可する。しかしこの手術を執刀したほうが2回目の対決の敗者だと言った。
これはずるい作戦ですね
フンは自分がやるという。
さすが!
ムン教授は止めるがチームを組もうとスンヒに麻酔医を頼む。しかし、スンヒは北の男の目が気になっている。
北の男は手術をしたら負けるのだから約束が違うと言う。
フンは患者の息子に執刀は自分ではないかもしれないけれど、パク・ジェジュンという性格は悪いが腕はいい医者がやることになるかもしれないと伝えた。
患者の息子はジェジュンを見てパク先生がやってくれるのでしょう? 先生がパク・ジェジュンなのでしょう?と聞く。
ジェジュンは名前を聞かれて…答えられない。
本名でないから何も言えないのかしら
フンは北の男から手術をしたらスンヒがどうなってもいいのかと脅されていた。
そしてフンはしかたなく手術はしないと言った。
患者の息子はジェジュンに執刀して欲しいと頼みにきた。その子どもが昔の自分とだぶってみえる。
同じ子役だから当然ですよ
ジェジュンはフンを殴り、自分が手術をすると言った。
チームのメンバーを集めて、この手術に参加したら今後の保証できないが自分を信じて欲しいと言う。
チームのメンバーは手術への参加を決めた。第一助手はクム医師だ。
ジェジュンはスヒョンに、この病院での最後の手術になるかもしれない。スヒョンへの気持ちは本物だったと言いを抱きしめる。
本当は好きなんだ
オ理事長や心臓内科医たちも駆けつけた。
再手術をしたら大変な事になると言うがジェジュンは手術を成功させ家族に事実を話すという。
ジェジュンが手術室に入って行く。
スヒョンも手術室に入り、スヒョンもチームに参加した。
手術が始まった。
緊張でクム第一助手がミスをしてしまった。動揺して手がうまく動かない。
見学しているオ理事長は医療ミスを全てジェジュンに被せようと話していた。
見るに見かねてフンが立ち上がり、手術着に着替えて手術室に入った。
フンが参加していいかと聞くとジェジュンはうなずく。
自信をなくしているメンバーにフンは頭を上げろ、頭を下げるのは上で見物している奴らだと言う。
真の医者はこの中にいるみんなだと…。
10~12話の感想
ジェヒが戻ってきてうれしそうなフンですね。しかし、ジェヒが北のスパイでいるうちは幸せにはなれないですよね。ジェジュンは冷たい奴だと思っていましたが、悲しい過去があったのですね。思ったより性格も悪くないようです。
4人の今後、どうなるのでしょう。誰と誰がくっつくの?







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください