魔女たちの楽園-二度なき人生-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ウンジはゴールドミスコリア大会に出場するものの優勝は逃してしまい、大会前に断酒をしていたこともあり酔って大乱闘をしてしまう。
ウジェの彼女であるヘリもオフィスにバクハを呼んで慰労金を渡そうとしたが、逆にバクハはヘリの頭に頭突きをする。

では、今回は13話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【魔女たちの楽園】ネタバレあり

13話

一緒に市場を見て回るゴボクとマンレ、魚屋で得意げに魚の話をするゴボクに魚屋の店主は「ご主人は魚に詳しいんですね」と言うとマンレは否定する。
楽園荘に帰ってきた二人、マンレは夫の振りをしないでくれと怒り、警察署に行ったときから様子がおかしかったとゴボクを責め立てる。
ゴボクの老人特有の自分語りあんまり好きじゃないんですよねー、マンレもヒステリックなところがあるしここのカップル?はあんまり応援できない

喧嘩している二人の元にやってきたスーツの男はゴボクを”会長”と呼ぶが、慌てたゴボクはサッカー同好会の会長をしていた時の知り合いだと嘘をつく。
久しぶりだから話してくると行って出かけてしまうゴボク、帰ってきたマンレにウンジはどうしてクソンホテルを目の敵にするのかと尋ねる。
会長ならお金払えるはずですし、わざと払わないのはマンレと一緒にいたいからなんですかね?そろそろ伏線よりもスッキリしたい

マンレとワンサムの関係を聞こうとするものの怒ってしまうマンレ、そこにワンサムから連絡が入って一緒に出掛けたいと話す。

14話

夜にワンサムと一緒に出掛けたウンジはスーパーシニアクラブに連れてこられると、そこでペアになって健康長寿のための体操を行う。
帰りの車の中で他の会長夫人が嫉妬していたと得意げに話すワンサム、しかしウンジはその言葉に戸惑いを感じていた。
まぁウンジの気持ちもわかりますよね、自分の物を見せびらかしたいだけであって本人を愛しているかどうかはまた違うような感じですものね

家に帰ってきたワンサムは上機嫌であり、出迎えたドヒとインスクに10万ウォンを渡すが二人はそれが却って何かあるのではと怪しむ。
ワンサムが部屋に行くとインスクはドヒが横領して自殺した社員の妻をどうして秘書にしたか社員が噂していると言うがドヒは独特な人が好きなだけと答える。
お小遣いで10万ウォン渡す会長、さすがお金持ちですねーただ現金をそのまま渡すってのがなんだか俗物的な感じがして、もう少し気を使ってもって感じた

部屋で仕事をしているヘジュンの元にやってきたインスク、ヘジュンはバクハが探していたソン理事がどういう人物かを母に聞く。

15話

ヘジュンは視察会の後の食事にきており、そこで再びソン・ビョンギ理事の話が出ると参加者から母がソン理事を信頼していたという事を聞く。
財務管理が得意でありインスクが絵を買い付ける際など海外にもついていったという話を聞き出し、やめた理由は持病が悪化したからだとわかる。
こうなるとインスクが全ての悪者って感じで最後らへんに退場になるんですかね?ドヒは悪巧み出来るほど頭良さそうじゃないしなぁ

その頃、プンギはインスクに招待状を渡すがインスクはドヒにも渡したのかと疑うが、自分は人をすぐ信頼出来ないと聞くとインスクは嬉しそうにする。
楽園荘にやってきたヘリ、ウジェは心配をかけたくなかったから楽園荘のことは言わなかったと言ってヘリをみんなに謝罪させようとするがヘリは怒る。
典型的な高飛車の金持ちの娘ヘリ、韓国ドラマではこういうの山程出てきますけど実際こういう人ばっかりなんですかね?金持ちで良い性格見たこと無いよ

偶然二人のやりとりを見てしまったマノ夫婦、上手く行かないときは時間が解決すると慰めるマノにウジェはヘリの母が仕事を奪ってすまないと謝罪する。

13-15話感想

物語は半ばを過ぎたものの伏線は結構張りっぱなしの感じでまだまだ謎解きは後半になりそうだけど、もったいぶらせ過ぎてスローダウンにはならないでほしい。
やっぱりコメディというよりかは突き抜けて笑える訳でもなく、なんだか暗い雰囲気がずーっと漂ってるのは画面が暗いからなのか、展開が遅いからなのか。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください