魔女宝鑑-あらすじ-19話-20話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-魔女宝鑑-あらすじ-19話-20話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
北神が消える日まであと20日・・・。
ヨニの力が弱まっていますが・・・。

【魔女宝鑑】ネタバレあり

第19話 呪いの札

大妃は倒れたまま意識が戻らない。
心配するヨニ。

ヨグァンとホジュンは”追跡の札”を作り、大妃の血をお札にそっと垂らすのだった。
そしてお札に火をつけ飛ばすと、明るく放つ光となり空に舞い上がって行く。

その札は、王の寝所へと消えていくのだった。
ホジュンとヨグァンは王の寝所へと侵入し、ホンジュが隠したお札を探す事に。

しかしお札は見つからない。
そこへ王が帰って来る。
慌てて身を隠す2人。

王は体に生えたトゲに苦しんでいた。
その様子を垣間見たホジュンは衝撃を受ける。

プンヨンは王の寝所へ誰かが忍び込んでいることに気づく。
そして王を守ろうと刀を手にしたプンヨン、その前に現れたホジュンとヨグァン。

この時、黒呪術のホンジュの言葉に惑わされているプンヨン。
ホジュンに刀を振り上げたその時、ヨニが助けに入る。

王女ヨニが自分の病の元凶だと思っている王。
王女ヨニを殺そうとするが、ヨニは王の胸に現れた文字を見つけ王の胸に短刀を突き刺す。

王を殺そうとしたと、ヨニ達3人は捕らえられるが、プンヨンの計らいでヨグァンとホジュンは逃げ出すことが出来た。

ホジュンはヨニを助け出さなければと走り出すが・・・。

ヨニは捕らえられていた。
そこにやって来たホンジュとヒョンソ。

「三昧真火で焼き殺すのです」と言うホンジュの言葉に従おうとするヒョンソだが、力を失ったのか火が熾らなかった。

王はホンジュの言葉に惑わされているようだった。
「必ず王女を殺し、王様の病を治して差し上げます」と言うホンジュ。

王の元に矢文が届く。
そこには「赤い道袍を捕らえた故、明日西の森に来ること」と。

ホジュンは王を呼び出しホンジュの正体を見せることと、捕らえていたプンヨンの右腕ソ ルゲにもホンジュの本性を見せたかったようです

ホジュンは王に密会する。
そして「自分が王様の病を治して見せる」と言い切るのだった。

ヨニの釈放を王に頼むホジュンだった。

第20話 命がけの治療

宣祖王はホジュンに言う。
「1日時間をやる。この病が黒呪術のせいだと証明しろ。出来なければお前と王女の命はないと思え」と王は言う。

そこでホジュンは王に1つだけ頼みごとをする。
「1日だけホンジュを遠ざけて欲しい」と。

王の体には黒呪術のしるしが無かったとホジュン。
言葉による呪術を解く方法は、ヒョンソしか出来ないと言う。

しかしホンジュの黒魔術に侵されている今のヒョンソにそれを頼むことが出来なかった。

ホジュンはそれでもあきらめずヒョンソに問いかける。
魔術を解く方法を・・・。

ホンジュに操られるヒョンソは教えるわけもなく。
しかし、ほんの一瞬、正気を取り戻したすきにヒョンソは「

魔医禁書

を読め」とホジュンに伝える。

ホジュンはヨニから聞いた「真実を吐き出させる薬」を作る。
これで王の黒呪術が解けるかを試すのだった。

薬を飲んだ王は。
苦しみもがき始める。

「この者を捕らえよ」と言う王の言葉に、ホジュンは牢に捕らえられるのだった。

そして翌日。
ヨニとホジュンは王の前に連れてこられる。

「2人とも打ち首にする」と言う王。
その王の前に大妃も跪き、「王女を殺したら呪いは解けません」と言うのであった。

王は涙を流し、「自分も本当は聖君と呼ばれる王になりたかった」と言う。
その言葉を発した後、王の口から呪いが吐き出されるのだった。

そして体の病も消えてなくなる。

ホジュンは「これが黒呪術だったのです」と言う。

捕らえられたホンジュ。

プンヨンは、心から信頼していたソルゲが赤い道袍だと知りショックを受ける。
「仲間として最後の情けだ」と言い、牢の鍵を開けてやるプンヨン。

そして向かった先はホンジュの牢の前だった・・・。

第19話から第20話の感想

今も昔も同じです。
国が違っても同じですね。
弱い心にはいろいろなものが近づき、すり寄り入り込んでくる・・・。
まさに黒呪術もその通りの様子。
気の弱い王の心に入り込んだ呪術が、王の体も心もむしばんでいったようです。
ヒョンソは1度死んでしまった身体。
ホンジュの黒魔術により、ホンジュと一心同体となり蘇ったヒョンソ。
操られるヒョンソの魂と体ですが、ヒョンソの中の正気がたまに顔を出すようです。
ヨニを救わなければと言う強い意志と想いが、ヒョンソの正気を取り戻すようですね。
心配なのはプンヨン。
ホンジュに惑わされ、ヨニに刀を振り上げたりととても正気ではない様子。
ソルゲを逃がしてやろうと鍵を開けてやったプンヨン。
その後向かったホンジュの牢の前ですが、ホンジュに手を貸すことなく正気のプンヨンでいて欲しいものです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください