魔性の喜び-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-魔性の喜び-あらすじ-全話一覧
魔性の喜び


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
2018年の下半期に放映された【魔性(マソン)の喜び】
皆さん知っていますか?もう視聴したよーって方もいそうですね。
このドラマに主演したのが、個人的に大好きなチェ・ジュニョク。何が好き?って声でしょう。それとあの美貌。高身長。
日本で放映されたドラマでは「傲慢と偏見」「エマージェンシーカップル」などに出ていた俳優です。
【魔性の喜び】は韓国語で、マソネ・キップンといい日本題名が【魔性の喜び】な訳ですが、チェ・ジュニョクが演じる役名がマソン。
ヒロインの役名がキップンなのです。ということは、マソンのキップン??なんて想像しちゃいますよね。
ちなみにキップンを演じるのは、ソン・ハユン。ある理由からシンデレラ症候群を患ってしまったマソンと、殺人の濡れ衣を着せられたことで地に落ちてしまった往年トップスターのロマンスになります。

ここでは韓国ドラマ『魔性の喜び』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!!

魔性の喜び あらすじ

コ・マソンは幼少期の5歳で両親を事故で失ってしまう。
それからは四人いる叔母達がマソンを育ててきた。頭脳優秀であったマソンは小学校2年生にして海外へと渡米留学。
世界でも認められ脳神経分野の最高権威者になる。頭脳は優秀でありながらも、マソンは簡単に誰かに心を許し好きになったりはしなかった。
ソヌグループの後継者でもある。そして今はソヌ病院にある脳神経センターのセンター長だ。中国へ行きキップンに出会う。
屈託のない彼女に惹かれるが、途中で事故に遭い性格は変わり記憶さえも失ってしまう。マソンが患った病気は、シンデレラ症候群。
一方のチュ・キップン。家族のために懸命に働くトップスター。
神様がくれたスタイル。美貌。天性の声。国民の間では、初恋的な存在のキップン。
中国に撮影に行ったキップンは、途中で腹痛を起こしてトイレを探し歩く。
偶然見つけた場所でマソンに出会い親しくなる。
惹かれ合うのに時間は必要なかった。マソンと約束をした場所でマソンを待つが、マソンが現れることはなかった。
それどころか事件に巻き込まれてしまい全てを失ってしまう。
業界からは干され、国民の嫌われ者として・・・。
3年の月日を地獄の中を過ごし、3年ぶりに約束を守らなかった男マソンに再会するが・・・・。

魔性の喜び-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

魔性の喜び-1話-2話

魔性の喜び-3話-4話

魔性の喜び-5話-6話

魔性の喜び-7話-8話

魔性の喜び-9話-10話

魔性の喜び-11話-12話

魔性の喜び-13話-14話

魔性の喜び-15話

魔性の喜び-最終回(16話)

見どころポイント

3年前事故に会うまでは、とても温厚な性格だったマソンが事故に遭い患ってしまうシンデレラ症候群。
シンデレラ症候群とは、深夜12時が過ぎると前の日までの記憶が消えてしまう病気。記憶を失うようになってしまったマソンが、常に前日起きたことをメモに残しておくのですが、このマソンの病気が3年を経てキップンに再会したことでどう記憶障害を克服していくのかが見どころになります。
愛した人、キップンの記憶さえも残っていないマソン。
それとは正反対に、すべてのものを記憶することができるキップン。
決定的に亀裂が入った二人の間の溝をどう乗り越え、愛が再燃していくのかに注目していただけたらと思います。

魔性の喜び 評価・レビュー

韓国ドラマ「魔性の喜び」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

ネタバレ感想はこちらをクリック!
期待していたチェ・ジュニョク主演ドラマ。
一言で感想を言うと、演技がとても光り良かったです!中国で初めてキップンに出会った時から、マソンはすぐにキップンに惹かれる姿。
それからある事故によって、キップンとの待ち合わせに行けなかったマソン。3年という時間を経て二人は再会を果たすことになったのですが、マソンは事故のせいで以前とは違い、性格が変わっていましたね。
最初の頃はキップンに対して、あまりにも冷たすぎるマソンにちょっと嫌悪感を感じもしましたが、次第にマソンはキップンを助けはじめ・・・。
記憶障害にかかっていても、心のどこか奥底ではキップンと過ごした大切な時間が眠っていたのかなと。それにしてもひどかったのが、マソンを取り巻く環境の人間です。キジュンの母親でもあるコモ。主治医・・・。
キム・ボムスにと悪意のある人間ばかりが揃い過ぎていて、見るのがとてもしんどくなってしまう時間もありました。人間ってどこまで残酷なのだろうかと考えたりもしましたし、自分には地位や権力のある立場にはいないからか、心よりも権力だ!地位だ!名声だ!お金だ!と見事なまでの執着ぶりのコモに、見事に呆れたというのが本心でしょうか。
主治医もマソンを治療するふりをし、監視をしていたどころかマソンを3年前に殺そうとしたとは、どれだけ改心しようとも言語道断です。
唯一救いだったのはキジュンの優しさ。
そしてマソンとキップンの愛が実ったことだけです。この先、何度記憶を失っても、キップンはマソンの記憶ができるまで結婚式をし続ける。
いつの日かマソンの症状が安定し、記憶を固定できるようになるであろう未来を創造することができました。このドラマで感じたこと。当たり前のことなど、何一つ存在しないのだということ。人は生活をするうちに、当たり前ではないものが、当たり前だと過信してしまいます。そうではないのだと、胸に刻みたいと思います。
二人の幸せがいつまでも続くよう願っています。

魔性の喜び 基本情報

韓国放送局  MBN
韓国放送日  2018/9
日本放送日   2019/1
キャスト  チェ・ジュニョク ソン・ハユン イ・ホウォン他