黄金の仮面-19話-20話-21話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソジュンがストレスにより体調を崩し、それを知ったスヨンが激怒したり、ユラが汚い手を使いスヨンやドンハを陥れようとするなど、色々あった前回。
そして今回、ユラがミンジを利用しスヨンを陥れようと動き始め…。

【黄金の仮面】(ネタバレあり)

19話

ユラが学歴詐称をしていることを突き止めたスヨンは、その証拠をFAXで会社に送りつける。
それを見たファヨンは衝撃を受け、その真意を確かめるべくユラを呼び出した。
そしてユラは学歴を金で買ったことを説明する。
さらにユラは「ブローカーに詐称した学歴を買わされたんです。いわば私も被害者なんです」と主張する。
空を聞いたファヨンは驚きながらも、悩み、今回は目を瞑ることにするのだった。

今ではジヌの妻なので、今更クビにしたりできないですもんね…

その後、スヨンはミスク宅を訪ねていた。
そこでスヨンはファヨン宅の金庫に「二重帳簿があり、それが手に入ればファヨンを一瞬で潰せます」と話す。
それを聞いたミスクはどうやってそれを手に入れようか作戦を立てるのだった。

どうやって手に入れるんでしょう…

そんななか、ファヨン宅のお手伝いさんとして働いていたミンジは、スヨンと近しい関係にあることがユラにバレてしまう。
「あなたスパイだったのね…。秘密保持契約違反よ!」
ユラがそう詰め寄ると、ミンジは「見逃してください!」と謝罪し懇願するのだった。
その後、ミンジはユラからある仕事を頼まれ…。

どうならユラはスヨンを陥れるためにミンジを利用しようとしているようです…

20話

ユラからあることを頼まれたミンジ。
それはスヨンの自宅のパソコンからライバル会社に「SAグループの機密情報である新素材の情報を渡すから20億ウォンで取引をしたい」というメールを送るというもの。
ミンジは「スヨンに迷惑はかけたくない」と断るも、ユラは「むしろ彼女にとって好都合かもが知れない」と唆し、それを聞いたミンジは、それを行ってしまうのだった。

スヨンが金のために情報漏洩させる裏切り者に仕立て上げようという作戦のようです

翌日、それを知ったファヨンは大激怒。
スヨンは「私はそんなメール送っていない」と否定するも、スヨンの自宅パソコンからスヨン名義でメールが送られているということから、ファヨンは聞く耳を持たない。
ファヨンがこの件で自分とドンハをクビにしようとするなか、ドンハは「一度こちらでも調べたいので時間をください。その上でスヨンの仕業であればスヨンをクビにします」と告げるのだった。

ドンハとスヨンは無実を証明できるのでしょうか…

その後、この件について調べ始めたドンハ。
するとスヨンのパソコンから送られた情報漏洩の取引メールの送り先がSAグループ産業スパイの社員宛てだったことを突き止める。
「つまり情報漏洩はしていない…」
それを知ったドンハはこのことについてファヨンを問いただし「スヨンはクビにせず復帰させます」と宣言。
ファヨンは産業スパイのことを知った手前何も言えず、今回の件についてスヨンを不問にするのだった。

何とかスヨンは助かりましたね

その夜、ユラの元にある手紙が届く。
そこには男の写真と共に「何をしたか知っている…」というメモが入っていた。
それを見たユラは動揺するのだった。

脅されてますね…

翌日、スヨンは仕事終わりにジヌを家に連れてきて息子・ソジュンに会わせてあげることに。
そして、スヨン・ジヌ・ソジュンは3人で食事をする。
そこでジヌはソジュンが母親であるスヨンと一緒に暮らしたがっていることを改めて知るのだった。
その後、スヨンとジヌはバーで2人で飲んでいた。
そこでジヌは「今でも君を愛してる…」と愛の告白をする。
しかしスヨンはそれを拒むのだった。

21話

SAグループの社外役員であるミスクは、ファヨンの家で食事をする約束をする。
そして当日の夜、ミスクはスヨンを連れてファヨン宅へ。
スヨンが来ることを知らなかったファヨンたちは驚き嫌悪感を抱きながらも、ミスクが連れてきたということで邪険に扱えず、一緒に食事をすることに。
こうしてミスク・スヨン・ファヨン・ジヌ・ユラの5人での食事がスタートした。
そして食後、スヨンは隙をつきファヨンの寝室にある二重帳簿を手に入れようと金庫を開ける。
しかし金庫は空っぽだった。

二重帳簿はいずこへ…

その後、スヨンはジヌに家まで送ってもらうのだった。
翌日、ユラはジヌとスヨンの関係を疑いスヨンを問いただす。
するとスヨンは「ジヌに未練はあるわ」と宣言。
それを聞いたジヌが衝撃を受けるなか、たまたま近くにいたドンハもそれを聞いていて衝撃を受けるのだった。

ドンハはスヨンのことが気になり始めていましたからね…

その後、ドンハはスヨンにジヌとの関係について尋ねる。
するとスヨンは「ユラとファヨンに復讐するにはジヌが必要なの」と復讐のためにジヌに気があるフリをしていることを明かす。
それを聞いたドンハは複雑な気持ちになるのだった。
数日後、スヨンはジヌに息子・ソジュンの親権を自分に移して欲しいと頼んでいた。
ジヌはそれがソジュンにとって最適なことかもと考え、書類にサインしようとする。
するとそこにファヨンがやって来て書類をビリビリに破るのだった。

感想

ユラがミンジを利用しスヨンを陥れようとしたり、ジヌがスヨンに寄りを戻したいとアプローチしたり、スヨンが復讐のためにジヌに接近するなど、今回も様々な展開がありました。
今回もユラによりスヨンは陥れられそうになりましたが、何とか回避しましたね。
またミンジがユラに脅され、スヨンを陥れるためのスパイとして利用され始めたので、今後これがどんな展開に発展するのか気になるところです。
また今回はスヨンが復讐を遂行するためにジヌに接近し始めました。
ジヌは相変わらずスヨンに未練があり、ドンハがスヨンに想いを寄せ始めたり、ラブストーリーも少し動き始めた回でしたね。
スヨンのファヨン・ユラへの復讐がどうなっていくのか楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください