マザー-韓国版-あらすじ-15話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-マザー-韓国版-あらすじ-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

マザー


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヘナはスジンと離されてしまったが、スジンからの手紙に書いてあった通りに
施設で過ごしていた。
そして、ビデオリンクを使い、ジャヨンがどういう風に自分に虐待をしたか
1つだけ裁判で証言した。

ジャヨンの刑が決まり、スジンも執行猶予になった。

【マザー】(ネタバレあり)

15話

スジンは執行猶予にはなったが、接近禁止を命じられた。

ヨンシンは余命わずかになり、家で過ごす事を決め、家に戻った。
それは家族の元で死にたかったからだ。
家族の元で息を引き取りたいというヨンシンの気持ち…切ない

ヨンシンはスジンに自分が死んだらホンヒの所に行きなさい。名前も変えなさい。と言った。
しかし、スジンは私はずっとカン・スジンだと言った。

ヒョンジンは土の中から開かれてはならない。秘密。と書かれた箱を見つけた。
ヒョンジンは中を見た。実はイジンも養子縁組をされてヨンシンの元にきたのだ。
スジンの一言でイジンは実子として育てられてきたのだ。
イジンはすぐにヨンシンの所に行き、面白かった?と聞いた。
ヨンシンはあなたは実の娘だ。産まなかったからと実の親ではないのかと言ったが、イジンはそのまま家を出て行ってしまう。
そして、ヒョンジンもまた養子だった。ヒョンジンはジェボムの娘だった。
まさかのイジンもヒョンジンも養子だったんですね。

ヨンシンはホンヒを呼んだ。ヨンシンは私が死んだらスジンの母親になってほしいと言った。
しかし、ホンヒは今のスジンに母親はいらない。と答えた。
そして、ホンヒはスジンが身に着けていた産着と幼い時の写真だった。
ヨンシンはそれを見て泣き、ホンヒに髪を切ってもらった。

ヘナは1人で電車に乗っていた。

夜遅くにヘナが1人で家まで来た。スジンは急いで外まで迎えに来た。
ヘナは次の日には施設に帰さなければならなかった。
その夜、ヘナはヨンシンの所に行った。
ヘナはマトリョーシカをヨンシンに渡した。そして、ヨンシンはマトリョーシカを胸に置き、静かに眠りについた。

15話の感想

世論はスジンの方を味方したんですね。だけど、ヘナに会う事は許されないんですね…。

ヨンシンも命がわずかしかないという思いで、家族の元に帰ってきた。
そして、まさかのイジン、ヒョンジンも養子だった。
イジンからしたら、どうしてと大きなショックだったでしょうね。
実子ということが一番のプライドだったから。
だけど、イジンも養子であってもヨンシンの子供には変わりない。

ヘナの行動には驚いてしまいますね。
1人でスジンに会いに来たんですから。

次は最終回。2人は一緒にいれれるようになるのでしょうか。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください