TIMES(タイムズ)-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ギテのひき逃げ事件阻止のためジヌとジョンインが奔走するも、事件は起きてしまい、過去も少し変わってしまったことでギテの死因が変わってしまった前回。
そんななか今回、ジョンインの元にチェ秘書官から電話が掛かってきて…。

スポンサードリンク

【TIMES(タイムズ)】(ネタバレあり)

7話

ひき逃げ事件を目の当たりにしたジヌはその後、友人で刑事のドギョンと食事に出掛ける。
するもそこでジヌはドギョンに何者かがギテの命を狙っていること、そして2020年のジョンインと電話で繋がっていて、自分がギテの命を救うために動いていることを明かす。
その後、店を出たジヌはドギョンから事件への関与を疑われ、警察に連行されるのだった。
その後、警察で取り調べを受けるジヌ。
しかしジヌは「匿名のタレコミがあったからひき逃げ事件の現場にいた」とジョンインのことは話さないのだった。
一方、2020年。
過去が変化し父の死因がまた変わったことを知ったジョンイン。
するとジョンインの携帯にチェ秘書官から電話が。
どうやら彼はドギョンたちから逃げていて身を隠しているようだ。
「助けてくれ。奴らに殺される…」
それを知ったジョンインはチェ秘書官を助けるため出掛けるのだった。
その道中、ジョンインは2015年のジヌに電話を掛けるも繋がらないのだった。

ジヌは逮捕されてますからね…

その後、ジョンインはチェ秘書官が身を隠している廃墟に到着。
するとそこにドギョンたちがやって来る。
実はチェ秘書官からの連絡はドギョンたちによるジョンインを誘き出すための罠だったのだ。
ジョンインはその場から逃げようとするもドギョンたちに捕まり連れ去られてしまうのだった。

ジョンインはどうなってしまうのでしょう…

一方、自分の命を狙う黒幕がいると疑うギテは、演説で自分を暗殺しようとして逮捕された狙撃犯・ジョンチルの面会へ。
そこでギテは「黒幕を明かせば私の権力を使いここから出してやる」と取引を持ちかけると、ジョンチンは「刑事のドギョンです…」と明かす。
この告発によりその後、ドギョンは逮捕されるのだった。
場面は変わり2020年。
ジョンインは、ドギョンたちに連れ去られ船に乗せられていた…。

8話

2020年、ドギョンたちにより拘束されて船に乗せられたジョンイン。
するとドギョンは「ジヌに期待するな。あいつは何もできない」と2015年のジヌは警察に逮捕されていることを明かす。
そしてドギョンはジョンインに錘を付け海に突き落とすのだった。
場面は変わり2015年、警察に連行中のドギョンは誰かに電話し、この後の行動の指示を仰ぐ。

ドギョンの裏にさらに黒幕がいるんですね…

そして車で移送されるドギョンは隙をつき運転手などを殺しその場から逃走するのだった。
場面は変わり2020年。
海に沈んでいたジョンインは気が付くと自宅の部屋に移動していた。

またしても過去が変わったようです

一方、2015年ではジヌが警察署から釈放されていた。
そして戻って来たスマホを見るとジョンインからの留守電が12件。
それを聞いたジヌはまたしても過去が変わり、今回はギテの他にも罪のない8人の命が犠牲になることを知る。
「不当解雇の闘争現場でドギョンが車で父に突っ込み殺す事件が起こるから絶対に止めないと!」
ジョンインはまたしてもジヌに協力を仰ぐのだった。
その後、ジヌは急いで不当解雇の闘争現場へ車を走らせる。
そして、そこで演説を行うギテに車で突っ込もうとするドギョンの車に車で体当たりし、ギリギリのところでギテの命を救うことに成功。
ドギョンは逮捕されるのだった。
その後、ギテが救われたことで2020年に変化が生じる。
ジョンインがいる家の内装などが変わり、さらに父・ギテは2015年に大統領となり2020年も生きていたのだ。
それを知ったジョンインは「やっと父を救うことができた…」と安堵の涙を流すのだった。

これで目的達成ですね!

その後、2015ねんのジヌに連絡したジョンインは、父が2020年も生きていることを報告し感謝を伝える。
さらにジョンインはドギョンが2015年に逮捕された後、留置所で自殺することを明かす。
それを聞いてジヌが衝撃を受けるなか、突然ジョンインの携帯の充電が切れてしまい、ジョンインは修理店に携帯を持って行くのだった。
一方、2015年のジヌはこの後留置所で自殺するドギョンの面会に来ていた。
そこでギテの命を狙った理由などを尋ねると、ドギョンは突然自殺したジヌの兄弟・グヌの話を始める。
「あいつは自殺なんかしていない。ギテに殺されたんだ!お前は兄弟を殺した男の命を救ったんだ…」
それを聞いたジヌは衝撃を受けるのだった。

まさかの展開…

9話

ドギョンから衝撃の事実を聞いたジヌは、その話を信じられず激昂し「黒幕は誰なんだ!」と声を荒げる。
さらにジヌはドギョンに「2020年のジョンインからお前が留置所で自殺すると聞いた!黒幕がいないならなぜ自殺するんだ?」と問い詰めるも、ドギョンは黒幕については何も明かさないのだった。

ここでジヌがドギョン本人に自殺について明かしてしまいましたね…。もしこれによりドギョンが自殺しないという選択肢を取ればまたしても2020年は変化しそうですね…

その後、ジヌはギテの事務所を訪ねる。
そこで弟の死についてギテを問い詰めるジヌ。
するとギテは「そう、私が殺したんだ…」と白状した。
詳しく話を聞くと、ジヌの弟・グヌはギテと一緒に仕事をする上で心を病んでしまったのだとか。

ギテは実際に殺したわけではないですが、結果的にしに追いやってしまったと後悔しているようです…

さらにギテはグヌの死に関して事実を揉み消すよう圧力をかけたりはしていないことを説明するのだった。
場面は変わり2020年。
その後、ジヌは2014年に亡くなった弟・グヌの死の真相について調べ始める。
すると弟が死んだ状況と酷似した事件が他にも起きていたことを知ったジヌは、その事件の被害者遺族を訪ね、話を聞くも手掛かりは見つからないのだった。

グヌが本当に自殺なのか怪しくなってきましたね…

その後、ジヌは2020年のジョンインに電話。
そこで2020年で他の出来事は色々と変化しているがジョンインの事故死についてはずっと変わらないことを知る。
そして2人はひとまずギテの命を狙う黒幕について調べを進めることにした。
2020年のジョンインと2015年のジヌは、それぞれドギョンの部下・ジョンシク刑事を調べることにした。

感想

7、8話では2020年のジョンインがドギョンに拉致され殺されかけるなどハラハラドキドキでした。
ドギョンがギテの命を狙っていることを知ったジヌが彼の動きを阻止したことで2020年の出来事が変化。
これにより殺されかけたジョンインも助かったという展開でした。
さらに8話ではギテの命が完全に助かり、ジョンインの目的は達成と思われた矢先、ラストにギテがジヌの弟の死に関与していた疑惑が浮上するという大どん返しがありました。
しかし9話ではそれが誤解だったことが明らかになり、「誰が悪で誰が正義なのか?」と観ていて翻弄させられる内容でした。
実際、ギテはジヌの弟を殺してないということでしたが、グヌの死には何か裏がありそうで、その真相が気になるところです。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください