ある春の夜に-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ある春の夜に-あらすじ-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ある春の夜に

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ギソクにジホとジョンインの件がわかってから、さらに面白さが増してきましたね。ジホとジョンインは、距離がどんどん近づいていく。
ギソクはジョンインに対する執着が増す。ジホに対しての怒りが増す。そしてギソクの空回り・・・・。問題はギソクだけではなく、ジョンインの父親テハクも。自分が退職した後のことを巡って、ジョンインとギソクの結婚をジョンインに強要する。頭ごなしに怒鳴る。頭が痛くなる問題ばかりのジョンイン。打開策はあるのでしょうか?

【ある春の夜に】ネタバレあり

11話

ジホに自宅まで送ってもらったジョンイン。

自宅前には・・・・父テハクの姿が・・・。
緊張が流れる中、ジョンインはジホにテハクが自分の父親であることを紹介。

テハクにはジホを自分が好きな人だと紹介します。

ジホはテハクに挨拶するも、それを無視してテハクはドアを開けるよう要求。
ジョンインの立場がありませんよね

ドアが開くなりジホに向かって、鼻であしらう父親のテハク。

帰っていくジホ・・・。

自宅に入るなりテハクは、父親のテハクに責め立てられます。

「さっさと手を切ろ!どうしてこんな恥ずかしい行動を?噂になっているだろ!!」と。
誰に噂されているっていうの( *`ω´)

テハクの言葉に、顔をこわばらせつつも反論するジョンイン。

「どんな?どんな噂?私が人妻なの?夫がいるのに浮気したって?私が何をした?誰が私の噂をしているの!!」

「その態度はなんだ!!」

「お父さんの態度こそ何?子供にはプライドも感情もないと??
自分の子供が苦しむこと考えたことある?どういう気分だと?私はずっとクォン理事長にそういう態度で接してこられた!!」

それでもギソクと誰が勝手に別れろといった?と責めるテハク。
そんなの親が強要すべきことじゃない( *`ω´)

呆れ果てるジョンインにテハクは続けます。

「続けて見る気はないか?長い間付き合ったのに、いきなり別れるなんて無慈悲だ。お前の結婚をみんなが望んでいるから、期待を裏切るな!」
あーもうお腹いっぱいです。

ジョンインは自分の子供が侮辱されてきたのに、全部自分の退任の後のためなのかと反論するも、テハクはジョンインの手を掴むと・・・

「理事長も人間だから間違えることだってある。父さんのお願いだと思って、今回は気持ちを変えてくれ」

ジョンインはテハクが帰った後、いてもたってもいられずにジホに会いにいきます。

実家に行っているジホが帰ってくるのを、ジホの部屋で待つジョンイン。

実家から急いで戻ったジホとジョンイン
熱いキスを交わします・・・。

そして幸せな時間を過ごします。

翌日・・・。
テハクはヨングクに会いにいくと、ヨングクに二人の結婚式の日取りを決めることを提案します。
ジョンインの苦しみがわかる気がします。勝手だね。お父さん

ジョンインの姉であるソンイの妊娠を知ったヒョンソン。
母親のヒョンソンは、妊娠したのはシフンがソンイの運命の相手だという意味だと思う。全部忘れてシフンにもう一度チャンスをあげてと話します。

拒否するソンイ。

ヒョンソンはソンイが今までにシフンから受けていた、暴力の数々を知ります。
これに激昂するヒョンソン。

一方のギソクはテハクと食事の約束をし会います。

ギソクに結婚式の日取りを決めよう。
君の都合がいい日を選ぼうと提案するテハク。
娘の幸せよりも、自分の退任後しか頭にないですね

その頃ジョンインは・・・・。

12話

ヨングクの家にやってきたジョンイン

ジョンインはヨングクにお願いをします。

「先日お会いした時から、自分の考えは変わっていません。だからもっと反対してください」

父親のせいか?と聞かれると、父親がギソクを諦められないでいること。それでも自分の人生なので、自分の思いを優先させたいと話すジョンイン。

続けてギソクとの関係は、修復不可能で無理だときっぱり断ります。
恐れを知らない勇気があるね

誰かいるのかと尋ねるヨングク。
黙るジョンイン。

ヨングクはジョンインの頼みを拒否します。

シフンはテハクに会いにいくと、テハクの前で跪きソインとは離婚しないし、ストレスで殴ったと話し嘘泣きを始めます。

呆れるヒョンソン。

ソインなしでは生きられないと泣く、シフンを連れてソインのマンションへ行くテハク。

「結婚とは思い通りにはいかない。理解我慢しながら夫婦になっていくものだ。酔った上での間違いでわざとやったわけではない。許してやれ!!」とソインを非難します。
こんな父親・・・いやです( *`ω´)

テハクの言葉にソインも絶望します。

自宅に戻ったテハクとヒョンソン。
テハクはジョンインとギソクの結婚を早めると話します。

この言葉に切れたヒョンソン。
それでも人間なのかと叫びます・・・。

一方のギソクはジョンインを、自分たちが初めて出会った場所へと連れて生きます。

「長くかかってしまったけど結婚しよう。君がどう思っているかは関係ない。ジョンインのためにした僕の選択だ」と指輪を渡しプロポーズします。

指輪を返そうとするジョンイン。
ギソクはそれを無視しして、ジョンインを抱きしめました。
どうして抱きしめさせるのかな?( *`ω´)指輪まで持って帰ってきちゃうし

指輪を持って帰ってきたジョンインに眉を顰めるジェイン。

翌日・・・。

テハクに愛想が尽きたヒョンソンは、荷物をまとめるとソインの家に生きます。

ギソクがジョンインにプロポーズしたと知ったジホ。
ジホはギソクに会いにいくことにしますが・・・・。

感想

ドラマの世界にのめり込んで、まるで自分が主人公になっているのでは?と思うくらい中身が濃ゆいです。とにかく今回はジョンインの父親のテハクに、苛立ってしまいました。娘の幸せよりも自分の退職後のことばかりのテハク。強要する姿が怖いし、娘にはあれでは絶望しか与えません。
ソインにまで結婚とはなんたるかを力説し、離婚を阻止しようとするテハクにソインまでもが絶望。妻であるヒョンソンを前でも見下す態度。
ヒョンソンがついに反旗を翻した姿。ヒョンソンついに決断ですね。この先の展開が楽しみです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください