いとしのクムサウォル-あらすじ-1話-2話-3話【ネタバレ注意!】

韓国ドラマ-いとしのクムサウォル-あらすじ-1話-2話-3話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


家を守るために結婚した男は家を潰そうとした男でした。その男と義母のせいで両親も失ってしまうドゥゲ。すべて夫の仕組んだことだと知ったドゥゲは復讐を誓います。ドゥゲの恋人だったミノ。マヌにドゥゲを奪われたうえ、濡れ衣をかけられ刑務所に入れられます。ミノもマヌを報復しようと動き始めます。

【いとしのクムサウォル】ネタバレあり

【1話】

ポグム建設の社長令嬢シン・ドゥゲは、建築士オ・ミノと婚約していた。

ミノとライバルのカン・マヌは国会議事堂の建築をめぐってコンペを行っていた。そして、最終的にミノの設計が選ばれた。

ドゥゲの父親シン社長は着工式の日にミノとドゥゲの結婚式をあげようと提案する。

マヌの元妻マリはクラブで歌を歌って生活している。義母のソクチャが仕事先のクラブに子どもを連れてきてそのまま置いて行った。

ソクチャはマヌにマリと再婚を進めるが、マヌは新しい母親を連れて来るから待っていてと言う。

セフンという男の子が資材を盗んだ泥棒と間違われて警察に連れて行かれる。
それを仕組んだのはマヌだった。
こいつは悪党だ!

子どもに盗みをさせたという罪でセフンの父チュ・ギファンが捕まるが、シン社長は何も盗まれたものはないとギファンを釈放させる。

その上、建築現場で野宿していたのを不憫に思い、部屋を用意してあげた。
仕事がないならここで働けばいいと仕事まで提供した。
シン社長は素晴らしい人だ!

マヌの母ソクチャはドゥゲの家で家政婦の仕事をしている。
ドゥゲの結婚指輪がなくなり、盗んだと疑いをかけられるソクチャ。

ソクチャは自分は盗んでいないと泣き叫んで訴える。

マヌが帰ってきて母をなだめるが、ソクチャは疑われたままで悔しい。

指輪はマヌの娘たちが持っていた。
隠すために指輪を飲み込んでしまった娘。
あんなに大きな指輪なのに…

マヌはずっとドゥゲのことが好きだった。
その気持ちをドゥゲの父親に知られ、家を追い出されそうになったが、マリと結婚したのでこのまま家を置いてもらえることになったのだった。
まだ、ドゥゲのことをあきらめていない様子のマヌ。

後日、指輪は娘たちの仕業とわかった。

ドゥゲは娘たちにおもちゃをかってあげる。
マヌにもミノとの結婚式に履いてきてくれと靴をプレゼントする。

シン社長は、千秘宮の設計図は一つしかないとミノに渡す。
そこにマヌが入ってきたのであわてて設計図を隠す。

千秘宮の建築に使われる資材の秘密を探ろうと資材が積み込まれたトラックを開けてみるマヌ。

積み込まれていたのは松の樹だった。

トラックごと盗んでいくマヌ。

それを見ていたセフン。

ミノとドゥゲの結婚式は千秘宮の着工式と同時に行われた。

着工式で松の樹を披露しようとしたが、トラックの中に入っていたのは壊れた材木ばかりだった。

ショックで倒れてしまったシン社長。

プロジェクトの失敗で取引先の会社の男たちがどなりこんできた。

そして横領の疑いをかけられるミノは検察に連行される。

ドゥゲは本当の犯人を捜すが、帰る途中、運転中に崖から転落してしまった。それを助けたのはマヌだった。
なぜ、そこにいたのでしょう。ドゥゲをつけていた?

ミノは行方不明になり、ドゥゲはマヌと結婚した。

マヌは新聞でミノが自首したと言う記事を読んでいた。

【2話】

マヌと結婚したドゥゲ。

マヌは潰れかけた会社を立て直したのは自分だと偉そうにしている。

引退したシン社長はミノを捜すと言う。

マヌの母ソクチャは家政婦時代とはまったく反対になり、ドゥゲの母に冷たい態度を取っている。
髪型、おかしいでしょう

娘たちまで一緒になってドゥゲの母にいじわるをしている。

買い物中にいなくなったドゥゲの母。
以前住んでいた家の前で待っていた母。

ドゥゲはミノが自首したという記事を読んで、刑務所にいるミノに会いに行く。

ミノは何者かに薬をかがされ、意識を失い気付いたら知らない島にいたという。
ドゥゲに、すべてマヌに奪われてしまったと話すミノ。

ドゥゲがミノに会いに行ったことを知ったマヌ。

マヌはドゥゲに面会に行って何を話したのかと聞く。
ミノが戻ったことを隠していたのはあなただと言うドゥゲ。
本当のことを言ってほしいというドゥゲにやましいことはないと言うマヌ。
大ありでしょう

マリはマヌにもう一度やり直したいと言い、屋上から飛び降りようとする。
マヌは自分の妻はドゥゲだけだと言う。

ミノは出所した。
シン社長に謝り、千秘宮の建築を再開したいと言う。

マヌに会いにきたミノ。

ドゥゲを奪うために自分をはめたのだろうと言うミノ。
トラックを盗んだ時の防犯カメラがあり、今頃警察が分析しているはずだという。
今頃、遅くないですか

マヌは競売にかけられていたドゥゲの家を落札した。
昔の家に戻れると喜ぶドゥゲたち。

シン社長は着工式のときトラックを盗んだのがマヌだったことがわかった。

ソクチャのいたずらで昔の家の倉庫に閉じ込められてしまったドゥゲの母。
寒いのでろうそくに火を点ける。
火事になってしまった。

 母がいないので心配になったドゥゲは昔の家にかけつけた。
しかし、そのときはすでに火は広がっていた。

シン社長は千秘宮の設計図をミノに渡すために別荘に向かっていた。

ドゥゲは病院で目が覚めた。
母は亡くなってしまった。

シン社長は別荘に到着したが、そこにはマヌがいた。
設計図を奪おうとするマヌ。
もみ合っているうちに崖から落ちてしまったシン社長。

シン社長は自分の身に何かあったら娘のドゥゲを守って欲しいとセフンの父ギファンに頼んでいた。

マヌはマリに頼んで別荘の鍵をミノの家の中に置いてきてもらった。

マリはアリバイを作る協力をした。

ドゥゲの母の葬儀が行われた。
続いて父の葬儀にならないといいが…

アリバイを作るためにマリと旅行に行くマヌ。

ミノはシン社長と約束をしたのに現れなかったとドゥゲを連れて崖の上にやってきた。
そこで父からのメッセージの紙を拾った。
そこにはお前が千秘宮を作れと書かれていた。

すべてマヌの仕業だと知ったドゥゲ。

【3話】

父が生きていると信じているドゥゲ。

ギファンはシン社長を突き落としたのはミノだと勘違いをしている。

シン社長が崖から落ちたのを見たと言う目撃者が現れた。

父が亡くなったかもしれないと思い、倒れてしまったドゥゲ。
それを看病するミノ。

マヌは自分のことを心配してくれるマリと寄りを戻した。

ドゥゲはミノに、マヌに復讐したいと泣き喚く。
あんな男と一緒にくらしていたことを後悔する。
ドゥゲはモノに、今夜は一緒にいてほしと頼む。

家に戻ったドゥゲ。

マヌは義母が亡くなったことは今知ったと言う。
父も失踪したと話すドゥゲ。
はじめて聞いたように驚くマヌ。
しらじらしい…

シン社長は倒れていたがまだ息をしていた。
シン社長のポケットから千秘宮の設計図を取りだすマヌ。

ドゥゲは妊娠した。

マリも妊娠した。

ドゥゲは流産しようとして階段から落ちたが流産できなかった。

ミノはシン社長の失踪事件に関係していると警察に連行された。

ドゥゲはマヌの仕業だと思い、マヌに訴えるが反対に自分より昔の恋人を信じるのかときれてしまった。

ギファンはセフンと家を出て行った。

ドゥゲが妊娠したのではないかと疑っているソクチャ。

ドゥゲはソクチャに母が死んだのはあなたのせいだと怒鳴る。

ドゥゲがおかしくなったとマヌに訴えるソクチャ。

ドゥゲは娘たちにおばあさんたちが来るまでご飯を食べるなと説教する。
さらに、服を切ったり、本を投げつけたりとおかしな行動を取り始める。
ソクチャを部屋に閉じ込めようとドアにくぎを打つドゥゲ。
演技している?

ドゥゲを精神病院に送ったソクチャ。

病院についたドゥゲ。

そこで友人のジヘに偶然出会う。
ジヘに協力を頼むことにした。

ミノは釈放された。

ドゥゲの見舞いにやってきたミノ。
マヌへの復讐は自分だけでやると言うドゥゲ。
自分とやり直そうと言うミノ。

ドゥゲは死ぬまでマヌと暮らしながらマヌが破滅する姿を見るのだと言う。
すごい復讐の仕方ですね

マリは息子を妊娠したとマヌに言うが、勝手に産めと言うマヌ。

陣痛が始まったドゥゲ。

ジヘが内緒で産婦人科に連れて行こうとするが、そこにソクチャがやってきた。

ソクチャに気付いたジヘはドゥゲを倉庫に隠す。

ソクチャはドゥゲがいないので騒ぎだす。

ドゥゲは倉庫で女の赤ちゃんを産んだ。

その頃マリも男の赤ちゃんを産んだ。

息子が産まれたと喜ぶマヌ。

1~3話感想

韓国ドラマらしい憎悪と復讐劇が始まりました。ドゥゲはマヌと結婚したばかりに両親を不幸にしてしまったと後悔し復讐を決意しますが、嫌な男とそのまま暮らすのは辛いでしょうね。離婚すればいいのに、近くにいて男が破滅するのを見てやるという、すごく怖い感情です。ミノとの間に産まれたサウォルがどうなるか気になりますね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください