いとしのクムサウォル-あらすじ-7話-8話-9話【ネタバレ注意!】

韓国ドラマ-いとしのクムサウォル-あらすじ-7話-8話-9話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





サウォルがミノの子どもだと知っていながらヘサンは自分が娘になりすまし、養女になろうとしています。ドゥゲもヘサンが自分の娘だと思っているので、サウォルには冷たい態度です。本当のことがわかったとき、どんなに後悔することになるでしょう。
マヌは工事を急がせたために死傷事故が起こったのに、罪にとわれないのでしょうか。私が許しません。

【いとしのクムサウォル】ネタバレあり

【7話】

ヘサンがミノとジヘの養女になることを知ったドゥゲ。

サウォルはヘサンに園長のことで嘘をついたことを撤回しろというが、ヘサンは、園長はサウォルにいい暮らしをさせたいために自分の代わりにサウォルを養女に出そうとしたのだと言う。

園長は自分に死んでほしかったのだというヘサン。
そんなことは絶対にないと言うサウォル。
自分の子どものサウォルのことしか考えていなかったんだと言うヘサン。

ヘサンはサウォルに、それでも私たちは親友だといいネックレスをあげる。

マヌは新しい黄金園の建設を開始した。
今度はきちんとやりなさい!

ミノの家についたヘサン。
自分の部屋はプリンセスの部屋のように奇麗だった。
とても喜ぶヘサン。

ヘサンが望むものは何でもやらせてあげると言うミノとジヘ。

ドゥゲはミノに、ヘサンはいずれ自分が引きとるというが、マヌに娘を託すことはできないと言うミノ。
マヌのせいで娘が死にかけたのだと言うミノ。

来週のドゥゲの誕生日に、パーティを開くと言うマヌ。
マヌは最近ドゥゲが建築の勉強をしているのが面白くない。
盛大なパーティにするから準備をしろと言うマヌ。

サウォルは学校に行きたいがみんなが騒ぐからと我慢している。
園長の娘だから?

新しい学校でチャンビンと会ったヘサン。
ヘサンは黄金園にいたことを隠して、海外に住んでいたと偽っている。

嘘をついていることを知っているチャンビンはわざとバイオリンのコンクールでヘサンと合奏すると提案する。

崩れた黄金園の中から金目になりそうなものを捜している親子。
その中からオウォルが現れた。
何日たっているの? ありえないでしょう

ドゥゲはヘサンがチャンビンと同じ学校に転校してきたことを知った。

ヘサンの後をつけてミノの家まできたドゥゲ。
それを見ているマヌ。

慣れない生活の緊張でヘサンが倒れてしまった。
仲良しの子どもたちに合わせてあげるといいという医師。

ヘサンのためにサウォルを迎えにきたジヘ。

目覚めたヘサン。
目の前にサウォルがいるので驚くヘサン。

ジヘはサウォルも今日から家族だと言う。

ミノはサウォルをひきとることに反対するがジヘはサウォルのことが気になると言う。

サウォルにもバイオリンや洋服を買ってあげるジヘ。
ジヘにとってはヘサンもサウォルも同じですからね

ヘサンはサウォルに意地悪をする。

サウォルが同じ学校に行くと知ったヘサンは、ミノにサウォルが自分の学校に行くと黄金園で育ったことがばれてしまうと言うヘサン。

ミノはサウォルに、ヘサンと同じ学校には転校できなくなったから、他の学校に入れると言う。

ジヘは学校が違っても2人とも自分の娘だと言い、サウォルに今日からママと呼んでいいと言う。
優しいジヘ

ジヘはドゥゲに黄金園に預けた子どもはどうなったかと尋ねる。
随分前に養女に出されたと嘘をつくドゥゲ。

ドゥゲの誕生日にエメラルドのネックレスをプレゼントするマヌ。

ミノが建築事務所を開いた。
その会社の名前は千秘宮だった。

その事務所の看板を壊しにきたチンピラ。
マヌの指示だった。

誕生パーティが始まった。
マリの作ったケーキを食べて倒れてしまったドゥゲ。

ドゥゲの家にやってきたサウォルとジヘは救急車で運ばれるドゥゲを目撃した。

【8話】

病院に運ばれたドゥゲ。
食べたケーキから毒物が出てきたと言う医師。

ミノはドゥゲが救急車で運ばれたことを知った。

ヘサンの宿題をやってあげるサウォル。

サウォルとミノの食事の好みが見ていると言うジヘ。
2人ともサバが好きだと聞き、焼きもちを焼いてヘサンは食べられないサバを食べた。

ヘサンはサウォルが作った宿題を自分が作ったと嘘をついた。
そうなると思いました

チャンビンはマリがドゥゲに毒入りのケーキを食べさせたと思っている。

ギファンとセフンはオウォルが近くにいることも知らず、街を離れることにした。

オウォルはホンドと名付けられ、シロ親子に育てられている。

ドゥゲは退院した。

マヌもドゥゲを殺そうとしたのがマリだと思い、マリを叩く。
ドゥゲは、崩壊使節団の支援をしたのがばれそうになったから芝居をしたのだと言うマリ。
妻に手を出したらこの家から出すと言うマヌ。

マリに恨まれているから自分が家を出るというドゥゲ。
チャンビンは出て行かないでと泣く。

ドゥゲはマリを陥れるために自ら農薬を飲んだのだった。
体をはって復讐している

ヘサンはバイオリンを一生懸命練習しているが、サウォルはすぐにできるようになった。
バイオリンの先生はサウォルにコンクールに出る事を勧める。

ミノはジヘに、自分の娘はヘサンで、サウォルはヘサンのために連れてきただけだと言う。
なぜサウォルに冷たいのかと聞くジヘ。

チャンビンはヘサンにコンクールで優勝したいから練習しようと言う。

ヘサンは指を怪我してしまった。
ヘサンはサウォルに自分は弾いているふりをするから自分のかわりに弾いてくれと言う。
普通、ばれるでしょう

コンクールが始まった。

チャンビンと一緒に舞台に上がるヘサン。
ピアノに合わせてバイオリンを弾くヘサン。

ヘサンの動きと音が違うのでおかしいと思ったチャンビンがピアノを止める。
それに気付かずそのまま弾き続けるサウォル。

ばれたと気づいたサウォルは逃げ出した。

ジヘはサウォルに身代わりを頼んだヘサンを怒る。
ヘサンをかばうミノ。
ヘサンにバイオリンを習う資格がないと言うジヘ。

マヌはチャンビンを転校させると言う。
チャンビンもヘサンと一緒の学校には通いたくないと言う。

一人、公園で泣いているヘサン。
それを見ているドゥゲも泣いている。

ヘサンはミノの建築模型を壊した。

それは、ミノが、明後日の最終審査のために準備していたものだった。

サウォルの仕業かと聞くミノ。
ヘサンは自分がやったと言う。

ヘサンはサウォルにかばってあげたのだからお礼くらい言えと言う。
やっていないのだからお礼は言えない

ヘサンは日記にサウォルが壊した模型を自分が壊したとかばってあげたと書き、わざと眼につくところに出しておいた。
それには指の怪我もサウォルのせいだが両親が心配するから言えないとも書いてあった。

ジヘは、その日記を読んでヘサンを誤解していたと思い、サウォルを屋根裏の部屋に寝かす。

サウォルは寝ないで壊れた模型を直していた。

サウォルの直した模型を見て、ミノは建築の才能があると褒めた。
それを聞いていたヘサン。

翌日ヘサンはミノにパパのような建築家になりたいと言う。
ジヘはサウォルにも勧めるが、サウォルは中華料理店を開きたいと言う。

マヌはチャンビンにも最高の建築家を目指すように言う。

17年後…

サウォルは建築現場で職人たちに指示をしている。

休憩時間に猫たちの家をつくってあげるサウォル。
その猫に餌をあげている女性がいた。

ドゥゲと再会したサウォル。

【9話】

ソクチャと一緒にスペインから帰国したチャンビン。

ヘサンも同じ飛行機で帰国した。

ヘサンとチャンビンは空港でちょっとしたことで喧嘩になってしまった。

ドゥゲはチャンビン迎えにきて、ヘサンを見かけた。
ヘサンを追いかけていく。
久しぶりにヘサンを見て喜ぶドゥゲ。

ヘサンは建築現場にいるサウォルに会いにきた。
サウォルが建築の勉強をしていると聞いて驚くヘサン。

そこにやってきたチャンビン。
ヘサンのジャケットを着ているサウォルをヘサンと間違えて近づいてくる。
さっきの喧嘩の腹いせに置いてあったペンキを白い壁にまき散らすチャンビン。
人間違いだというサウォル。
結局、サウォルにやっつけられてしまった。
チャンビンは随分イメージが変わりました

ドゥゲがヘサンの写真を持っているのに気付いたソクチャ。

ヘサンの帰国を喜ぶミノとジヘ。

ホンドと名前を変えたオウォルはシロと結婚した。

子どもも2人いる。

セフンは賭け事をしてぐうたらな生活をしていた。
ギファンじゃ古物商になった。
お金の亡者になった父親に文句を言うセフン。
オウォルがいなくなったのも貧乏だったせいだと言うギファン。

賭け事をしていて警察に追われるセフンは車とぶつかった。
少しだけかくまってほしいと車に乗り込むが、そこに乗っていたのはマヌだった。

帰国したチャンビンに会社に入って本格的に仕事をしろというマヌ。
ミノに先をこされる前に、江南に作る商業施設の受注をとらなければならないと言うマヌ。

チャンビンのせいでオープン予定のカフェの壁がペンキだらけになってしまった。
そのことを怒るカフェの発注主。
ヘサンは発注主にコンセプトが変わったのだと説明する。
納得した発注主。
サウォルが寝てから計画を立てていたのですね

ヘサンの仕事ぶりを見て、ミノはヘサンにすぐに会社に入れと言う。

ドゥゲはヘサンを展覧会に誘う。

商業施設を建築する予定の敷地を見にきたサウォル。

チャンビンも見に来た。

あなたのせいで、カフェの契約が駄目になりそうだったと言うサウォル。
お詫びにお金を払うと言うチャンビンに、それより謝れと言うサウォル。

お互いの身分証明書を見せ合う2人。
同じ誕生日と知ってびっくりする。

ソクチャは、ヘサンがチャンビンと同じ誕生日で黄金園の出身だと調べた。
ドゥゲが自分の子どもを見つけたのかと考えた。

展覧会でドゥゲとヘサンを見ているソクチャ。
似ているようで似ていないと判断できないソクチャ。
似ていないでしょう

サウォルはヘサンに建築学科に入学しようかと相談する。

サウォルの書いたデザイン画を見て驚くヘサン。

ドゥゲはジヘとヘサンを食事に誘う。

連れてきていないサウォルのことを娘同然だと言うジヘ。

チムジルバンを楽しむ3人。
それをつけているマリとソクチャ。
ヘサンにぶつかり髪を抜くソクチャ。

ミノはヘサンのデザイン画が良くできているとサウォルに見せる。
それは自分がデザインしたものだった。

サウォルは自分のアイディアを盗んだとヘサンに詰め寄る。
ヘサンは、あなたはライバルではなく自分の部下だというヘサン。
自分の作品を奪われたくないからミノに言うと言うサウォルに恩をあだで返すのかというヘサン。
恩があるのはミノとジヘであなたではないと言うサウォル。
その通り!

ソクチャはDNA鑑定を受け取った。
それを奪い取るドゥゲ。

あんたはもう嫁ではないと奪い返すソクチャ。

鑑定結果はヘサンとドゥゲは親子ではないという結果だった。

結果に驚くドゥゲ。

7~9話感想

ドゥゲはヘサンが親子ではないという結果に驚きましたね。今までずっと娘だと思っていたのですから当然です。この結果を信じるか気になります。
ヘサンは子供のころの性格の悪さは直りませんでした。本当の娘がサウォルだと知っているからよけいに意地悪をするのでしょうね。
オウォルは早くサウォルに再会できるといいです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。