その女の海-あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-その女の海-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

その女の海


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ドンチョルは深い事情を知らないため、スインとソヌを結婚させようと必死です。
一方反対するヨンソン。
そんな時、スインはジョンウクとばったり街中で遭遇します(≧∇≦)

【その女の海】(ネタバレあり)

第46話

スインを呼び止めお茶をするジョンウク。

セヨンと暮らし始めてから一変してしまったジョンウクですが、スインの前では穏やかな 表情に

ドンチョルはスインとソヌを絶対に結婚させようと必死だった。
そこでヨンソンはドンチョルにソヌとの関係を正直に話すと言う。
止めるスイン。

その頃チョンギル会長は。
ソヌがスインを諦めないことから、ソヌを日本へ行かせようと考えていたのだ。
しかしソヌは「スインが一緒でなければ行かない」と断る。

ソヌはスインに会いたくて仕方がなかった。
そこでスインを訪ねて行くと、ヨンソンとばったり出くわす。

ソヌはヨンソンに、「母の愛を知らずに育ったので、お母さんだと思って大切にしたい」と言うが・・・。
ヨンソンは心とは逆のきつい言葉でソヌを突き放すのだった。

ドンチョルの行動は目に余るものがあった。
スインをソヌの嫁にと動き回るドンチョル、とうとうチョンギル会長を訪ねて行く。

扉の前までやって来たドンチョルを必死に止めたのはヨンソン。
そして真実を話す事に。

「ソヌは私が産んだ息子なの」と。
その話を聞いたドンチョルは、会長に会わず仁川へと帰って来る。

ところが!!
ドンチョルは諦めなかった。
スインとソヌ、血は繋がっていない。
ゆえに「結婚させることを諦めない!」とヨンソンに話すドンチョルだった。

どんなことをしてもソヌと結婚させたいようです。
 スインの幸せより、目の前のお金に興味があるように思えるのですが・・・

ソヌはひょんなことから、自分の母親が生きていることを聞かされる。
祖母とチャン室長が嘘をついていた事に腹を立てるソヌ。

ソヌは興信所に依頼し、母を捜す事に。
祖母である会長は、興信所に「ソヌの母親は死んだ」と言わせるよう指示する。

スインとジフンは妹ジョンインと食事するために出かけて行く。
そこでジョンウクと鉢合わせ。

ジフンを見て驚くジョンウクだった。

第47話

スインが結婚したと耳にしていたジョンウクだったが、子供がいることにショックを受けたようだ。

ドンチョルはソヌを呼び出す。
「婚姻届けを出してしまえ」と強引にスインとの結婚を勧める。
「スインさんをこれ以上苦しめたくない。ちゃんと許可を得てから結婚したい」と言うソヌだった。

ドンチョルがまたソヌに会い、チョンギル製粉を諦められないことを知るヨンソンは。
「これ以上話を進めるなら別れる」と切り出す。

マンピョは。
ジェマンたち家族に猛反対されているソルヒ(オ ママ)との結婚。
しかしソルヒから「結婚しましょう」と言われ、ジェマンの家に帰って来る。
そして「家族の許しを得て結婚する」と言うマンピョだった。

ジェマンとジョンウク達に大金を要求してきたチャ記者。
ナム社長に指示し、「チャ記者を殺せ」とジェマン。

チャ記者の失踪事件が新聞に取り沙汰される。
そこに警察署から電話が。
「チャ記者失踪事件で」と・・・。

何食わぬ顔で善良市民のふりをするジョンウク。ジェマンに似てきました(≧∇≦)

ドンチョルはスインが貯めたお金で店舗を借りようとしていることを聞きつける。
そしてそのお金を盗み、自分が見つけた物件の頭金にするのだった。

お金がなければソヌに頼り、結婚するだろうと企むドンチョル。

自分の欲の為に、散々スインにひどいことをしているドンチョルです(# ゚Д゚)

ソヌはスインが泥棒に入られたことをテスから聞き、心配して訪ねて行く。
そこでヨンソンが話していることを聞いてしまったソヌ。

スインの母ヨンソンが、自分の母であると言うことを・・・。

死んだと思っていた母親が生きていたこと、そしてその母がスインの母であることに大きなショックを受けるソヌ。
スインと自分は、「兄と妹になるのか?」と考えるだけで辛いソヌだった。

テスからヨンソンの事を聞き出すソヌ。
そこで、ヨンソンはスインの継母であることを知る。

スインとは血のつながりがないと分かったソヌは、複雑な想いだった。

いっそ実の兄妹だと分かった方が諦めがつきますよね( ;∀;)

ソヌはスインと会い、感謝の気持ちを伝えるのだった。
そしてスインと別れる決心をするソヌだった。

第48話

ソヌはスインに別れを告げる。
そして祖母である会長に、「日本へ行って、支社を立ち上げる」と言う。

ドンチョルは相変わらずソヌを説得しようと必死だった。
しかしソヌに追い返されるドンチョル。
それでも「絶対にあきらめない!」と言うドンチョルに、ヨンソンは困り果てるのだった。

ヨンソンは、ダルジャに電話。
「スインの所へ泊る」と言って一晩帰ってこなかった。

ドンチョルは居ても立っても居られない。

そんな時、ヨンソンは街中でソヌとばったり。
ソヌはヨンソンが実の母であることを知りながら、気付かないふりをしていた。
ヨンソンはもちろん、ソヌが自分の事を母だと知っているとは夢にも思っていなかった。

セヨンは、チョンギル製粉の社長ソヌが結婚をしたがっている女性が家政婦だったと言う噂を聞く。
そしてその女性がスインだと知るのである。

セヨンはスインの働くブティックまでやって来る。
そしてスインの子供の父親が誰なのかと執拗に問い詰めるのだった。

ジョンウクではないかと疑っているようです(≧∇≦)

ドンチョルは、ヨンソンがソヌとスインの事で家出したと思い反省していた。
3階建ての物件も、チョンギルの一家になる事も諦めると言うドンチョル。

誰よりもヨンソンを大切に想っているようです

ジェマンは、ソヌが渡日することを聞きまた悪だくみ。
チョンギルを乗っ取るには絶好の機会だとジョンウクと話すジェマン。

施設への支援金を増額するチョンギル会長。
そのお金を横流ししようと考えるジェマンたち。

セヨンはスインの子供の父親の事が気になって仕方なかった。
そこで、ソヌを呼び出し問い詰める。
「ジフンの父親なのか」と。

唐突に聞かれ、気分を害したソヌは何も言わず店を後にする。

セヨンは帰宅したジョンウクを問い詰める。

第46話から第48話の感想

スインを横領事件の犯人に仕立て上げた張本人はジョンウク。
そしてセヨンと結婚すると言ってスインを無残に捨てたのもジョンウク。
それなのに。
今さらスインを心配したり気にかけたりするなんて!!
許せませんよね(# ゚Д゚)。
ジフンを妊娠したこともジョンウクには話さないまま、スインは仁川を出ました。
たった1人で子供を抱え、考えられないくらいの苦労をして来たスイン。
ソヌと出会い、やっと幸せになれるのかと思いきや(≧∇≦)
スインとソヌの前にはとんでもなく大きな壁が!
血は繋がっていないとは言え、ソヌの母親とスインの継母が同一人物だったなんて。
どこまで行ったらスインは幸せを掴むことが出来るのでしょうか。
悲しすぎますよね( ;∀;)。
それにしてもスインの父ドンチョルも。
ひどすぎます!!
我が娘なのに、娘の幸せや心配よりもお金が大切なのでしょうか。
スインの息子ジフンの父親をめぐり、セヨンは疑いが強くなります。
ジョンウクの子供ではないかと確信を持ち始めたセヨン。
またまた波乱万丈の幕開けです(≧∇≦)

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください