たった一人の私の味方-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-たった一人の私の味方-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

たった一人の私の味方

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ドランを本当の娘として愛したドンチョルが、交通事故によってこの世を去ってしまいました。ドンチョルが亡くなっただけでショックのドラン。
さらに追い討ちをかけるヤンジャの言葉。ドランが自分たちの本当の子供ではないと。ドランはショックを受けても、完全にヤンジャたちと縁を切ることができず、ヤンジャにお小遣いを持って行きましたが冷たい仕打ちを。天涯孤独になってしまったドラン。この先どうなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

【たった一人の私の味方】(ネタバレあり)

7話

スイルは運転手として働くことに。
イリュクの家で運転手のスイルと顔を合わせたダヤ。

イリュクとダヤは手を繋いでいると、ウンヨンの姿が。
二人を見たウンヨンは驚きます。

ダヤと結婚することにしたと報告するイリュク。
ウンヨンはデリュクが先に結婚すべきだと反対します。
しかしウンヨン以外は、二人の結婚に賛成します。
ウンヨンだけ反対派・・・・

ダヤはうちに帰ると母親のホンシルにウンヨンは、自分を嫌っているように見えると相談します。
心配したホンシルはウンヨンに会おうとするものの、理由をつけて会おうとしないウンヨン。

ドランはポムアンフードの面接へ。

緊張で腹痛になるドラン。
なんとか面接を受けたあと、デリュクに再会・・。
ドランが入ったトイレにデリュクがいたため、再度変質者と間違われることに。
ドランが間違えて男子トイレに入った・・変態かもめって・・・

デリュクはドランが自社の面接を受けたとしり、復讐を考えることにします。

イリュクの自宅に花を持って訪ねたダヤ。
イリュクのことを本気で愛していると伝えるものの、ウンヨンは二人が似合わないし、勝気なダヤも気に入らないので別れろと言われます。

ウンヨンの本心を知ったホンシルは、ウンヨンの家に押しかけると「私の夫が殺されたから、娘を嫁にすれば不吉な運気があなたのうちに入るのが嫌で結婚に反対したのか」と問いただします。

その後、ウンヨンはホンシルに謝罪に行きますが、ウンヨンは大声を張り上げます。

この光景をダヤとイリュクは目撃し・・・。

スポンサーリンク

8話

イリュクはウンヨンと一緒に自宅に帰ります。
ホンシルの激昂ぶりを見たイリュクは、母親のウンヨンを攻め立てます。

ウンヨンはイリュクのためだと一点張り。

グムビョンの使いで市場に行ったスイル。
アルバイト中のドランとぶつかります。
ドランがバイトしている理由がわからず考え込むスイル。
ドンチョルの店に行ったスイルは、ドンチョルが交通事故で死んだことを知ります。
ショックを受けているみたいですね・・・

泣きながら納骨堂のドンチョルに話をするスイル。
スイルはドンチョルに約束をします。

この先は自分が家族を守ると。
号泣するドンチョル

ドンチョルは全財産を下ろすと、ドンチョルの家の郵便ポストに。
そのお金を見つけたのは妻のヤンジャ。

スポンサーリンク

ヤンジャはお金の送り主が誰なのか調べることに。

やけ酒を煽り眠っているウンヨン。
クムビョンはリビングで眠りこける、ウンヨンを見つけほおをつねりながら悪口を言うクムビョン。

ウンヨンはクムビョンの言葉に驚き、ジンソクにクムビョンに言われたことを話しますが・・・。

スポンサーリンク

9話

クムビョンの寝室を覗くジンソクとウンヨン。
クムビョンは眠っています。

翌日の朝。
ドランは面接に行く途中で、クムビョンに声をかけられます。
ミョンヒ?

認知症で街を徘徊していたクムビョンを、警察に通報するとそのまま面接会場へ急ぎます。

デリュクもドランに面接で、自分の身分を明かして驚かせようと考えていますが、ドランはきません。

これに腹をたてるデリュク。

ポムアンフードの受付で、事情があって遅れたと話すドラン。
しかし、面接を受けることはできず帰ることに。
帰る途中で携帯を落としてしまったことに気がつくドラン。
付いてない

自分の携帯に電話すると、警察官が預かっていると言う。
交番に携帯を受け取りに行ったドランは、クムビョンが交番にいることに気がつきます。

ドランを見るなりミョンヒ!ミョンヒ!とクムビョン。
ドランは保護者が来たら自分に連絡してほしいとお願いし、クムビョンを自分の家に連れて行ってあげることにします。

クムビョンとビビンバを食べるドラン。
二人は境遇が似ているようです

一方。
クムビョンがいつまでたっても、自宅に帰ってこないことを心配するジングク。
ジングクの元に警察から電話が・・・。

交番で認知症のおばあさんの話を聞いたジングクは、クムビョンではないと思いながらもドランの家に急ぎます。
ドランの家にいたのは・・・クムビョンでショックを受けるジングクら。

ジングクはクムビョンを病院に連れて行きます。
検査の結果、クムビョンが急性の認知症だと判明します。
ストレスやショックが重なったのかな

ジングクはドランにお礼をするため、ヤン秘書を使いに出します。
そこでドランがクムビョンのために、面接に行けなかったと知ったヤン秘書は、ジングクにこの件を報告します。

話を聞いたジングクは受付で面接を受けたいと、話していたドランの姿を思い出しますが・・・・。

スポンサーリンク

感想

スイルはドンチョルが亡くなったことを知りました。ウンヨンひどいですね。息子が結婚したいと言っている、ダヤを似合わないときつく言ったかと思えば、実はダヤの父親は殺されたから不吉な運気が結婚することによって、自分たちへ回ってくると・・・。
救いようがない女性のような気がして来ました・・・。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください