たった一人の私の味方-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-たった一人の私の味方-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

たった一人の私の味方

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
クムビョンのために雇った、介護士がとんでもない介護士でした・・。症状が出たクムビョンに、眠れば妹に会うことができると言って、睡眠薬を飲ませおとなしくさせていたのです。
ジングクに怒られてしまったウンヨン。一方、デリュクとデートをしたドラン。二人のロマンスがいつから本格的になるのか、とってもとっても気になりますよね。

【たった一人の私の味方】(ネタバレあり)

31話

スイルはドランに会うために、ドランの家の前で待ちます。
そこにデリュクに送ってもらって帰宅したドラン。

スイルの姿を見つけます。
ドランを心配するスイルは心配のあまり、デリュクが好きなのですか?と尋ねます。
ドランはあることで、こんなことになっただけですと答えます。
スイルはドランが、デリュクのことを好きだと気づきます

ジングクは怒りをウンヨンに向けます。
ジングクの留守中に勝手なことしちゃったしね

出て行け!!自分がいないと、ほかの人間はみんな母さんを捨てると激怒したジングク。
デリュクはドランとのデート後、帰宅してジングクのあまりの怒りように驚きます。

ウンヨンにドランにまた、お願いするようにお願いしろ。
母さんであるクムビョンが、悲しむ姿を見るのは辛くて耐えられないと・・。

ウンヨンはドランに、クムビョンの世話をお願いしますが、ドランは仕事に集中したいと断ります。
断るドランにお金を弾むとダヤが口を出します。
イリュクの嫁のくせに、一切面倒見ないんだから!

お金のためではなく、専門の介護士に頼んだ方がいいとドラン。

ウンヨンはドランに断られたことをジングクに伝えます。
なんとしてでも連れてこいと怒るジングク。

再度頼みに来たウンヨンに、きっぱりと断ったドラン。
しかし、ジングクから連絡があり、クムビョンを心配したドランはジングクの家に急ぎます。

32話

認知症の症状が出て、ミョンヒを探し回るクムビョン。
ミョンヒを探し泣いてしまうクムビョン。

ジングクはドランに電話して助けを求めます。
迷うドラン・・・。
距離を持った方がいいと考えているドラン。デリュクのことかな?

ドランはクムビョンが心配で、ジングクの自宅へ向かうことにします。

ドランはクムビョンの元へ駆けつけると、自分がミョンヒだと言ってクムビョンを落ち着かせます。
ドランがやって来たことで、症状が収まっていくクムビョン。

症状が落ち着いたクムビョンは、ドランと一緒にご飯を食べることにします。

一方のミラン。
アナウンサーになることを諦めきれず、アナウンサー学園に通っています。
自分以外は全てアナウンサーになる、夢を叶えた友人たち・・・。
ミランは今の状況に納得がいかず、一人でやけ酒を飲みます。
河川敷でポツン・・・・・

一人で酒を飲むミランに絡む男・・・。

またもやゴレが通りかかり、ミランを助けます。
何かと縁がある二人( ´∀`)

ミランはゴレに自分の思いを吐き出します。
黙ってミランの話を聞いてくれるゴレ。

家が破産したこと。
友達が破産したのを知って色目で見ること。
アナウンサーになれないでいること。

ついに完成したプルコギのおかゆの発売日。
この日を楽しみにしていたドランとホン秘書。
ランチはプルコギのおかゆにすることに。

デリュクもプルコギおかゆを食べに行きます。
そこでドランとホン秘書に出会い、二人の中の良さに嫉妬してしまうデリュク。
イライラし始めていますね( ´∀`)

デリュクの幼稚な態度に怒ったドラン。
席を立ってその場を後にしてしまいます。
あとを追いかけるデリュク・・・。

ドランは怒りを隠すことなく、デリュクに当たりますが・・・。

33話

クムビョンの世話を断ったのは、デリュクのせいだ!
クムビョンの力になりたいのに、デリュクの態度で辛くなってしまう。
デリュクは自分を信じてほしいとお願いします。

そこにかかってくる電話。
ドランはクムビョンの元へ・・・。

その後、クムビョンと散歩するドラン。
風でクムビョンの帽子が飛んでしまいます。
帽子を追いかけるクムビョンを止めたドラン。
ドランは転んで頭を打ってしまいます。
気を失ってしまいました

ドランを病院へ運ぶデリュクとスイル。

意識が回復したドランに安心する二人。
スイルはドランを抱え、デリュクが病院まで運んだと話します。
スイルはデリュクの本気度を感じました( ´∀`)

ドランはデリュクに感謝のメールを送ります。
デリュクはドランにゆっくり休むよう伝えますが、会社へと出勤してくるドラン。
休もうとしないドランに怒るデリュク・・。

その後、デリュクはスイルにこう伝えます。
ドランも自分と同じ気持ちだと思っていた。
でもそれは気のせいだったようだ。
自分から無理に近づいたりしないで、ドランの気持ちが自分に向くまで待つことにしたと話します。

スイルはデリュクに助言します。

ドランはデリュクが好きだ。
だけど君を好きになって、傷つくことがあるかもしれない。
そのことが怖くてたまらないからだと。
スイル、二人を応援して(^ ^)

ドランを本当に好きであれば、自分が協力するからもう少しだけ頑張ってみては?とスイル。

スイルの提案にデリュクは・・・・。

感想

身分の差が辛いなぁと思ってしまいます。韓国ドラマにありがちな財閥と一般庶民。身分の違いで苦しんで欲しくはないけれど、デリュクとのロマンスを逃さないでほしいと思います。
自分が好きな人が自分を好きなんて、幸せなことだから・・・。ドランとデリュクの恋に応援です!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください