たった一人の私の味方-あらすじ-103話-104話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-たった一人の私の味方-あらすじ-103話-104話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

たった一人の私の味方

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
意識を取り戻したスイルは遠くへ行く決意を。ホンジュは別れを受け入れながらも、子供は産んで自分が育てると宣言。
ホンジュとても強くなりましたよね。スイルとホンジュが別れたと知った、ホンシルはスイルを許しました。これには少し驚きました。スイルを絶対に許さないと憎んでいましたので。それでも残り4話。遠くへ旅立つスイルにどうやら道が開けたようです。

【たった一人の私の味方】(ネタバレあり)

103話

ドランはデリュクからメッセージが届いていることに気がつくと、ターミナルにあるテレビ画面から流れるニュースに釘付けになります。

我に返って急いでスイルを探しに走るドラン。
スイルは長距離のバスに乗ったみたいです。急いでドラン

急いでスイルを探すドラン。
スイルの姿を見つけると、ドランは、お父さんは殺人犯じゃなかった!
殺人を犯したのはヤン社長だったと告げます。

ドランの話を聞いたスイルは驚きで言葉が出て来ません。
そして犯人はヤン社長だったことにも、驚きを隠すことができません。

スイルとドランはすぐに警察署へと向かいます。

ヤン社長に会うなり問いただすスイル。
ヤン社長は自分が殺人を犯したことを告白し、土下座をして謝ります。
もっと早く・・・事件が起きた日に自首してくれていたら・・
納得できないスイルは、ヤン社長に詰め寄ります。
スイルの言葉にヤン社長は、息子を殺人犯の息子にしたくなかったと話すヤン社長。
それはスイルも同じですよ。ドランを殺人犯の娘になんてしたくない

ヤン社長の身勝手な言い分に、スイルは怒鳴りつけます。

ドランも納得がいかず、刑事らに向かって怒鳴りつけます。
罪がないスイルに無期懲役の罰を与えたのは誰だと。
ドランの怒りの言葉に、国を相手に訴えることができるとはなす警察。

警察の言葉にドランは怒りが頂点に達します。

スイルの無実はニュースを通して、ホンシルらにも伝わります。
ホンジュとスイルを許すホンシル。
ホンジュよかったね!!

そしてホンシルはスイルを殺人犯だと思い込み、スイルやドランを罵倒し暴れ回ったことを反省します。
ホンシルとゴレはスイルの元へ謝罪に行きます。

ヤンジャはスイルを訪ねると、ドランとちゃんとした親子になるよう話します。
戸籍のことね

亡くなったドンチョルもあの世から理解してくれると・・。
ヤンジャいつの間にか、いい人になっていたんですよね

一方のデリュクもジングクたちに、ドランともう一度やり直すと宣言をします。
ドランの許可は取った??( ´ ▽ ` )

1人渋るウンヨン
ソヨンと結婚させたいんだよね

反対するウンヨンを残して、ジングクやクムビョンらは賛成します。
しかし、反対するウンヨンはスイルに会いに行って、デリュクには縁談があるのでドランのせいで話がこじれると困ると話します。
この人・・・最後まで勝手な女だわ

スイルはデリュクに会いに行くと、ドランとはこれで終わりだと話します。
デリュクのレベルにあった人と幸せになれと・・・。

104話

デリュクはスイルに言われたことが納得できず、ドランに会いに行くと親を説得しようと相談します。

自分のせいで誰かを傷つけたくないと話すドラン。
デリュクを忘れる。だから幸せになってと話すドラン。
ドランの言葉にショックを受けるデリュク。

デリュクはソヨンに会うと、ドランのことが好きだからもう合わない。
ドラン以外の誰でもダメだと話します。
デリュクの言葉にショックを受けるソヨン・・・。

このことを知ったダヤは、ウンヨンに報告します。
さてどうする?ウンヨン

ソヨンはアメリカへ行くことを決めたようだと話すダヤ。
話を聞いたウンヨンはデリュクに、ソヨンが嫌なら他の女でもいいと言い始めます。

激怒するデリュク・・・。

独身で過ごすと言い切るデリュクに、ウンヨンは殺人犯の娘と暮らすよりも、独身の方がマシだと・・・。

これにさらに激怒するデリュク。
殺人犯の娘じゃないし

その後、倒れてしまったクムビョン
ジングクはウンヨンを説得します。

スイルにジングクは会いに行きますが・・・。

感想

ぎゅっと内容が詰め込まれた回でした。パンヤで働いてドランに気持ちがあったテプン。パン屋をやめて家に戻ることにしたのですが、そのテプン。実は良いところのお孫さんだったようです。
ダヤはイリュクが浮気していた証拠を発見。2人が映るプリクラを見つけました。ダヤを見ているとイリュクって女好きだから、もしかしてデリュクに一途に愛されているドランにヤキモチを焼いていたのかな?と一瞬思いました。違うかもしれませんが・・。