だまされても夢心地-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ミナの彼氏の母親がユヨンだと判明したり、家族全員でのテレビ出演したり、ミナの彼氏・ホンが突然サンベクの家にやって来たりと色々なことが巻き起こった前回。
そんななか今回、サンベクの就活が始まるも…。

スポンサーリンク

【だまされても夢心地】(ネタバレあり)

スポンサーリンク

13話

夜になり、未だにサンベクの家に居座っているホン。
するのそこにユヨンがやって来て強引にホンを連れて帰った。
翌日、仕事中のヨンへ。
すると同僚がユヨンから病院のセンター長に任命される。
正社員として働くためにもセンター長になりたかったヨンへは院長に抗議しに行くも「ユヨンが決めたことだから」とあしらわれてしまうのだった。

ユヨンからの嫌がらせでしょうね…

一方、ドキュメンタリー番組の影響でミニにCMのオファーが舞い込む。
そのCMでは柔道の動きが必要ということで、ミニは柔道の先生をしているダバルを呼び、指導してもらいながら撮影に臨むのだった。
その夜、ヨンへはサンベクに仕事でヨンへに報復人事を食らったと相談。
「こうなったらあなたが就職して」
ヨンへはそうサンベクに頼む。
こうしてサンベクは就職のために本気で動き始めるのだった。

サンベクは就職できるのでしょうか…

一方、ミナはホンと話していた。
破局したいミナにホンは一緒に赤ん坊を育てたいの説得するもなかなかミナには響かない。
しかしホンは諦めずに説得を続けた結果、ミナは「丸刈りにしたらその覚悟を認めてあげる」と告げ立ち去るのだった。

ホンは坊主にするのでしょうか…

翌日、仕事中のヨンへは少しトイレに行き電話をしていたことでユヨンに叱責される。
ユヨンからの嫌がらせに嫌気がさしたヨンへは、その後、辞表を突きつけようとするも「もし辞めればユヨンの思う壺だ」と思い留まるのだった。

スポンサーリンク

14話

サンベクは就活をスタートするも年齢的な問題などからなかなか就職先が決まらず悩んでいた。
そして悩んだ末、面接で落とされた会社に乗り込み抗議しに行くサンベク。
するとその熱意が買われ、サンベクはその会社で働くことになった。
早速仕事を始めるサンベクだったが、初日にミスを連発してしまい、クビになってしまうのだった。

あらら…せっかく就職できたのに…

翌朝、ジョンファはダバルとシウンが一緒にジョギングをしているところを目撃。
その様子を見たジョンファは複雑な気持ちになるのだった。

義理とはいえ娘に彼氏ができたこと嘆く父親のような表情ですね…

その後、ミニはテレビ出演の条件としてモランと約束していたモランの美容室でのサイン会を開催。
それにより美容室前に多くの人が集まるのだった。
そんななか、ジョンファがギックリ腰を発症し病院へ。
その病院はヨンへが働く病院で、ヨンへが治療を担当した。
そこでユヨンから治療法について難癖をつけられ言い争うヨンへの姿を見たジョンファは「医者(ユヨン)の言うことを聞くべきだ。言い訳ばかりしてるから怒られるんだ」とヨンへを馬鹿にし、ギスギスした空気になるのだった。

息子たちに対してもそうですが、ジョンファのこの態度は何とかならないんですかね…

一方、バイトの給料が未払いで困っているサンミンは痺れを切らしバイトをやめた。
そんななか、グルとガウンが働く出版社で仕事を任せていたカラーリング作家が来れなくなるというアクシデントが発生。
そこで2人は画家を目指すサンミンに仕事の依頼。
サンミンははじめは「やったことがないから…」とそれを断るも、「金欠の今仕事を選んでいる場合ではない」と考え直し、その仕事を引き受けるのだった。
その夜、モランが薬局で買い物をしているとミナと遭遇。
ミナが「妊婦用の薬をください」と店員に頼んでいる現場を目撃したモランは彼女が妊娠中だと知った。

モランに妊娠がバレてしまいましたね…。ジョンファたちに話してしまわないか心配ですね…

その後、ミナとモランは2人で話していた。
そこで家族以外にはこのことを内緒にしていること、そしてシングルマザーとして子供を育てるつもりだということを話すミナ。
するとモランは複雑な気持ちになりながらも「喜ばしいことよ。何かあれば手伝うから言ってね」と優しい言葉をかけ、それを聞いたミナは嬉しくなるのだった。

スポンサーリンク

15話

ミナは電話でホンから「最後のチャンスが欲しい」と言われ、ホンに会いに行く。
するとホンはそこで改めてミナとお腹の中の子どもと一緒にいたい気持ちを伝え、前に約束した通りバリカンで髪を刈ろうとする。
それを見たミナは慌ててホンを止め、彼の覚悟を認め、一緒に赤ん坊を育てることに決めるのだった。
一方、グルは想いを寄せるジワンからミュージカル鑑賞に誘われ、一緒に行くことに。

グルからすると念願のデートですね

ジワンとのデートを楽しみにしていたグルだったが、ジワンの咳が止まらなくなり体調不良のためミュージカル鑑賞の予定はキャンセルに。
グルは落ち込みながら1人で酒場へいくと、シウンが1人飲みをしていた。
そこでシウンはグルがジワンに想いを寄せていることに気付いていて、そのことを問い詰める。
そしてシウンは「僕がキューピットになってあげる」と提案するもグルは「余計なことはするな」と拒否するのだった。

グルはシウンとの方がお似合いな気がしますが…

一方、ジワンは自分が体調を崩している間、息子・イジェの面倒をみてくれたダバルのことが気になり始めていた。
翌日、ミナは家にホンを連れて来る。
そしてミナは本当結婚するとサンベクとヨンへに報告し、ホンは「結婚を認めてください!」と頼む。
しかしサンベクもヨンへも2人の結婚は認めずホンを追い返すのだった。

あの優しいサンベクでさえ声を荒げていたので相当ホンに憤りを感じているようです…

その夜、ホンはミナに電話で「駆け落ちしよう」と提案するのだった。

スポンサーリンク

感想

13話ではヨンへとユヨンのバトル、サンベクの就活スタート、ホンによるミナの説得など様々なストーリーが描かれました。
ヨンへとユヨンのバトルではユヨンが報復人事とも取れる行動に出て小狡さを感じましたね。
サンベクの就職の行方、「坊主にすれば覚悟を認める」と言われたホンが坊主にするのか気になるなか、14話では、サンベクが就職するもミス連発でクビに、さらにモランがミナの妊娠を知ってしまうというストーリー展開でした。
そして15話では、グルの片想いの模様、ミナとホンの恋模様が描かれていました。
グルのジワンへの片想いは相変わらず一方通行で、さらにジワンはグルの妹・ダバルが気になり始めている感じがありましたね。
またミナとホンは破局の危機を乗り越え結婚を決めるも、両親・サンベクとヨンへからは猛反対を喰らってしまい、ラストにはホンが駆け落ちをミナに提案する事態に…。
今後の展開が気になります。

スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください