だまされても夢心地-あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
サンベクが飲食店経営を始めようとする一方、突然モランの元夫でグルとダバルの父親が亡くなるという急展開があった前回。
そんななか今回、モランの体にある異変が…。

スポンサーリンク

【だまされても夢心地】(ネタバレあり)

46話

サンベクは飲食店経営をヨンへに認めてもらうために事業計画書を作るも見てももらえずあしらわれてしまった。
その後、ジョンファの元を訪れたサンベクは事業計画書を見せる。
費用節約のため店舗の改装はしないつもりだと知ったジョンファは「改装はうちでやろう」と申し出る。
それを聞いたサンベクは喜び感謝するのだった。
一方、ヨンへは一人で出掛けゲームセンターに来ていた。
するとそこでデート中のサンミンとガウンを目撃し衝撃を受けるのだった。

ヨンへは2人が恋人関係だと知ってしまいましたね

その夜、モランはミニと話していた。
そこでミニにサングと仲直りするよう言うモラン。
そのつもりはないミニは初めは断固拒否するも、モランの説得によりサングと話すことにした。
その後、ミニと対面したサングは、ユヨンに浮気心を抱いたことを謝罪。
しかしミニはサングを許さずさらに憤る。
するとサングはこれまでの態度のことなども土下座してミニに謝罪し、愛していることを伝える。
ひとまずミニは仲直りするかは保留にし、その日は帰宅するのだった。
一方、モランはグルとの電話で元夫が亡くなったことを知り、ジョンファと一緒にグルとダバルがいる葬儀会場へ。
元夫の遺影を前にしたモランは「娘たちは立派に育ちました。安らかに眠ってください」と一礼するのだった。
そしてモランはグルに「彼のことはもう忘れよう。もう苦しむのはやめよう」と言うのだった。
数日後、ヨンへはサンベクに呼び出され、サンベクが経営する予定の飲食店を訪ねる。

実際に店舗を見てもらい認めてもらおうという作戦のようです

しかしヨンへはそれでもこの事業がうまく行くとは思えず認めない。
するとそこにジョンファがやって来て、「もし失敗したらうちで働かせるから。君には負担を掛けないようにするから息子にもう一度チャンスをあげて欲しい」とヨンへに頼む。
それを聞いたヨンへは渋々サンベクの飲食店経営を認めるのだった。

ジョンファのおかげですね

一方、元夫の死後、モランはすっかり元気を失っていた。
そしてモランはジョンファに「話がある…」と切り出した。

スポンサーリンク

47話

モランは持病の卵巣がんが再発したと明かす。
実はモランは以前ジョンファに卵巣がんの持病があること、早期発見で治療を受け今は完治に近い状態だが、いつ再発するか分からず不安を抱えていることを話していたのだ。
モランのがんが再発したことを知ったジョンファは「こんな健康なのになぜ…」と衝撃を受けた。
そして抗がん剤治療を受ける予定だと話すモランは「治療が終わるまではこの件について娘たちには秘密にしておいて欲しい」と言うのだった。

モランががんだったとは…まさかの展開ですね…

翌日、ミニはサングと仲直りすることを決めたようで、自分の家に戻るとモランたちに報告。
それを聞き、みんなひと安心するのだった。
その夜、ミナとホンはユヨンの家を訪ねる。
するとそこには酒浸りで部屋で倒れるユヨンの姿が。
ミナとホンは慌ててユヨンをベッドに寝かせ休ませるのだった。
一方、サングの元に帰ったミニはサングと2人で話していた。
そこでサングは「昔は互いに愛し合っていたのに息子が生まれてから君は変わってしまい寂しい思いをしていた。女優復帰に反対していたのもミニが精神的に追い込まれないように守るためだった」と話す。
それを聞いたミニは複雑な気持ちになるのだった。

サングはやっとミニに本心を明かせるようになりましたね

一方、ジョンファはモランを連れて念のためセカンドオピニオンを受診していた。
しかしそこでもがんの再発を告知される。
さらに腹腔内に転移していて、その腫瘍の数やサイズなどから手術では取り除くのは不可能な状態になっていた。

モランは大丈夫なのでしょうか…

その後、帰宅したジョンファは「なぜ気付けなかったんだ…」と早期発見できなかったことを嘆き涙を流す。
モランら悲しみを抱えながらもこの病気と向き合おうと心に決めるのだった。

スポンサーリンク

48話

サンベクは経営することになった飲食店の改装とオープン準備に追われていた。
サンベクはインテリアショップを経営するジョンファと相談しながら準備を進めるサンベク。
そんななか、1人の女性が食事をしたいと来店し、まだ開業前だが食事を振る舞うことに。
その女性も妊娠しているようで、たまたま店にいたミナと意気投合。
さらにサンベクの料理を食べると「両親を思い出します…」と涙を流した。
そして料理の代金をもらったサンベクは「初めての売上だ…」と喜ぶ。
その後、ミナは「店名は”実家のお父さん”にすれば?」とサンベクに提案するのだった。
一方、モランは通院しながら検査と治療を行っていた。

娘たちにバレないよう入院したはせず通院治療にしたようです

そんななか、治療中にモランの容体が急変。
抗がん剤治療の薬により呼吸困難になったのだ。
医師による処置により助かるも、その様子を見たジョンファはひどくショックを受けた。
その後、モランは検査と治療のため入院することになり、ジョンファはグルたちに「モランと2人で旅行に来ているから数日家を空けるカッコと連絡を入れた。

どこまで嘘を突き通せるのか…いずれバレそうですね…

スポンサーリンク

感想

46話では、サングとミニの仲直りしたり、モランが元夫の死を知ったり、ヨンへがサンベクの飲食店経営を渋々認めたりと様々なことがありました。
ひとまずサングとミニの関係が元に戻り夫婦関係も良くなる方向に進んでいたので良かったですね。
そして47話では、モランのがんの再発が判明するという衝撃の展開でした。
なかなかダークな雰囲気で、モランがどうなるのか気になるなか、48話ではモランのがん治療が始まりました。
しかしその治療もなかなかうまくいっていない様子…。
モランはどうなってしまうのか、また娘たちにがんの再発の事実を隠し通せるのかなど今後の展開が気になります。
また、サンベクの飲食店経営がどうなるのかも気になるところですね。

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください