ちょっと味見しませんか?-7話-8話-9話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ジンサンがクラブで出会った美女・ジュリを部屋に泊めてしまい、それがヘジンにバレてしまうという波乱の展開を迎えた前回。
そして今回、ヘジンはジンサンの部屋に乗り込むもそこには誰もおらず…。

スポンサーリンク

【ちょっと味見しませんか?】(ネタバレあり)

7話

ジンサンが女を一人暮らしの部屋に連れ込んでいることを知ったへジンは彼の部屋に乗り込む。
しかしすでにジンサンとジュリは部屋から逃げるように出ていたのだった。

鉢合わせの修羅場は回避されましたね

部屋を出たジンサンとジュリはそのまま大学へ。
そして大学の友人に「昨晩お前の家に泊まったことにしておいてほしい」とヘジンに説明するためのアリバイ工作を頼むのだった。
その後、ジンサンの部屋にいるヘジンのジンサンへの疑いが大きくなるなか、ジンサンが帰宅。
ジンサンが大学の友人と一緒にいたと説明するも、ヘジンはジンサンへの疑いは払拭されない。
するとヘジンは「私のことを愛してる?」と涙ながらに質問し、浮気したら許さないとジンサンに告げるのだった。
一方、シングルファザーとして幼い息子を育てながら脚本家・デグは2年かけて完成させた脚本が映像化されるということで期待感を膨らませていた。
そしてデグはへジンのトンカツ屋の出前をいつも頼んでいる常連で、いつもスプーンを返すのを忘れていた。
そんなある日、デグがスプーンをいつも返し忘れていることを知ったへジンはデグの家を訪ねデグと対面。
しかしデグは「言い掛かりだ!」と憤り、2人は口論に。
そしてヘジンがデグの部屋の中を確認した結果、デグが無意識に店のスプーンを返し忘れていたことが判明するのだった。

ここから2人の恋愛模様が展開されるのでしょうか…

スポンサーリンク

8話

デグが店のスプーンを毎回返し忘れていたことが判明。
しかしデグは強気に出てしまった手前、自分を正当化しようとしてヘジンと再び口論に。
そしてヘジンはそのまま帰宅するのだった。
その後、ヘジンは娘・ユリから「パパに会いたい」と言われ、2人でジンサンの部屋へ行くために支度を始めた。
一方、ジンサンが部屋で1人で過ごしているとジュリが訪ねて来る。
そこでジュリはジンサンの部屋に上がり込み2人で酒を飲むことに。
するとジンサンが自分のことを心配してくれていたことを知ったジュリは嬉しくなり突然ジンサンにキス。
さらにジュリは「ずっと一緒にいよう」と甘い言葉をかけ2人は熱いキスを交わす。

あらら…一線を越えてしまいましたね…

2人が良い雰囲気になるなか、ヘジンはユリとジンサンの部屋に行くのをやめて母と弟の家に来ていた。

スポンサーリンク

もしジンサンの部屋に行っていたら鉢合わせて修羅場になってましたね…

そこでユリはヘジンが義父たちから虐げられている現状について話すと、ヘジンの母と弟は複雑な気持ちに。
そして弟は「もうこんな苦労する生き方はやめた方が良い」と言うもヘジンは気丈に振る舞い帰宅。
一方、ジンサンはジュリと共にベッドで一夜を過ごすのだった。
翌日、デグが手掛けたドラマの脚本をドラマの監督が読む。
しかしその評価はイマイチで企画会社の社長から作り直しを命じられるデグ。
しかしそれに納得できないデグは憤り、その場から立ち去ってしまうのだった。

2年もかけて作った脚本ですからね…。憤る気持ちも分からないでもないですね…

その夜、脚本が認められずヤケ酒をしたデグは泥酔しヘジンの店の前で吐いていた。
それを目撃したヘジンは憤り、さらにそれが店のスプーンをずっと返却していなかったデグだと知ると驚くのだった。

スポンサーリンク

9話

泥酔状態で自ら経営するトンカツ屋の前で吐くデグと遭遇したヘジンは憤り、またしても2人は口論に。
そしてヘジンはデグに吐瀉物を片付けさせ、綺麗になるまで監視。
しかし結局デグの掃除の仕方が気に入らずヘジンが掃除するハメになるのだった。
一方、ジンサンはジュリと2人で食事に出掛け、2人でジンサンの部屋に帰宅。
そして2人は再びベッドで一夜を過ごした。

どんどん不倫の沼にハマっていってますね…

その後もジンサンはジュリと2人で出掛けるなどデートを重ねるなか、ヘジンはトンカツ屋の仕事中で出前に出ていた。
すると出前の途中、マンションのエレベーターに乗ると、昼間から酒を飲み酔っ払っているデグと遭遇。
するとヘジンは「昼から酒を飲むなんて。大変でも歯を食いしばって生きなさい!」とデグに説教。
するとデグは憤りの気を荒げエレベーターから去って行くのだった。
そして帰宅したデグは自ら2年かけて完成させたドラマ脚本がなぜ評価されないのかと嘆きや憤りを感じるのだった。
一方、ジンサンはヘジンのトンカツ屋へ行くと学費に当てたいという名目で家賃を払うお金をヘジンにせびる。
お金については考えると返答したヘジンは、ひとまず家にいる娘に会いに行くようジンサンに言い、ジンサンは娘・ユリがいる実家へ。
久しぶりに父と対面したユリは喜ぶのだった。
そんななか、ジンサンの元にジュリから電話が。
家の外でラブラブな電話をしていたジンサンだったが、その会話をヘジンは聞いてしまうのだった。

あらら…これは不倫がバレましたかね…

スポンサーリンク

感想

7話ではヘジンがジンサンの部屋に乗り込みましたが、何とかジュリとの鉢合わせという修羅場は回避…。
そしてヘジンとジンサンは仲直りをしていましたが、ヘジンのジンサンへの疑いは払拭できていないようでどこかモヤモヤした様子でしたね。
さらにラストにはヘジンがシングルファザーの脚本家・デグと出会いました。
言い争いをするなど最悪の出会いとなった2人の関係性がこれからどうなっていくのか気になるなか、8話では、ジンサンがジュリと一線を越えてしまい男女の関係になってしまいました…。
義父たちから虐げられながら娘と過ごすヘジンとの対比がヘジンの可哀想さを増幅させていましたね。
ラストにはヘジンがデグと再び対面…。
そして9話でもヘジンとデグは再び対面するなど、2人は口論しながらも切っても切れない縁なんだろうなと感じました。
その一方でジンサンはジュリとのデートを重ねるなど不倫の深みにハマっていましたね。
しかしラストにはジュリとのラブラブ電話をヘジンに聞かれてしまうという大事件が…。
これにより不倫がバレてしまうのか、はたまたジンサンはうまく誤魔化すのか、次回どんな展開になるのか楽しみです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください