アンダンテ-恋する速度-あらすじ-11話-12話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-アンダンテ-あらすじ-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

アンダンテ




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
日に日に体調が悪くなっていくボム・・いまだに誰にも言えず、一人で耐えているようで
す・・。もし、重い病気だったら、高校生のシギョンにその現実を受け止めきれるのでしょうか・・。

きっとその辺りも展開を見せるであろう11話からお伝えしていきますね!!

【アンダンテ-恋する速度】ネタバレあり

11話

翌日、学校を早退し、泣きながらシギョン祖母を訪ね、「大きな病院で再検査をしないといけない」と打ち明けるボム・・。
一緒に検査に行き、昼食を食べるボムとシギョン祖母。ボムはお礼に可愛いぬいぐるみのキーホルダーをプレゼントとする。
一人じゃなくて安心しました♪

シギョンはクラスメイトを集め、スミンに喜んでもらうための計画を話し合う・・しかしそこに戻ってきたボムは、スミンのことばかり気に掛けるシギョンに苛立つ・・。
気のことはバレずに済む。シギョンはボムのもとへと走り、「いつでも駆けつける準備は出来てるから、辛い時は必ず呼んで欲しい」とボムに話す。
まっすぐなシギョンに救われているんでしょうね・・

ある日、スミンとスミン母のためにイベント「未来の旅行」を用意するシギョンたち。
お揃いの洋服を着てホスピス内の旅行に出かける2人。プロジェクターで海の映像を流し、歌や伴奏、そして食事で持てなす・・幸せそうなスミンとスミン母・・。最後に「お母さんはスミンとの時間が幸せだった、ありがとう」と話す母・・「お母さん、また絶対に会おうね」と話すスミン・・。

ある日、ボムの検査結果が出る・・結果は脳に大きな腫瘍があり、手術は難しいため、抗がん剤治療を受けないといけない状況だと告げられるボム。
やっと幸せな日々が訪れると思っていたのに・・

シギョンの祖母が歩いていると、道で痙攣して倒れているボムを見かけ、病院に付き添うボム・・そこでボムの病状を知り、さらに一人で暮らしていることにこのままではいけないと「一緒に住もう」と話す祖母。

授業の一環で「10年後の自分」に当てた手紙をタイムカプセルにして埋めることになったシギョンたち。しかし余命が半年未満だと言われているボムは浮かない顔をしている・・。
え・・余命半年・・あまりにも短すぎます・・

ある日、体調が悪く薬を飲んでいると、シギョンの祖母の部屋で「認知症」の薬を発見してしまうボム・・そのことをシギョンに話し「進行する前になにか対策を打とう」と話すボム。
あんなにしっかりしているのに・・

ボムが吐き気に襲われているのを目撃したシヨンは「妊娠では・・?」と疑い、シギョンを責め立てる・・心配したボムを労わるシギョンそして祖母・・。
ボムばかりに優しくするシギョンと祖母に嫉妬したシヨンは「シギョンがまたやらかした!!」と母親にメールを打つ・・

12話

シヨンのメールで、シギョンの母はボムが妊娠していると勘違いし、「外で会おう」と話す。しかし、それが勘違いだとわかり、シギョンの母はボムの将来の心配をしてくれる・・その気持ちが嬉しいボムはシギョンの母に「腕を組んでみてもいいですか?」と尋ねる。
ボムは母親のぬくもりが恋しいんでしょうね・・

一方、祖母は認知症の症状が日に日にひどくなっているようだった。そこに認知症専門の病院から自宅に電話が入り、その電話をとるシギョンの母・・。

ある日、シギョンたちはタイムカプセルを埋めにやってきていた。しかし、ボムはタイムカプセルの手紙を書けず悩んでいる。そこにシヨンがやってきて「家から出ていって欲しい。今まで、自由にやってきたくせに」とボムに文句を言っていると、頭を抱え、声をあげながら痛みに耐え「シギョンには言わないで」とシヨンに口止めするボム。
もう隠せないくらい病気が進行してそうです・・

そこにシギョンの母から「お祖母さんがいなくなった」とシギョンに電話がくる。家族全員で色んな所を探すも、なかなか見つからない・・そこに教頭先生が祖母を連れて帰ってくる。母親は祖母のことが心配でたまらず、泣きだしてしまう・・。

ある夜、ボムの病気のことを知っているシヨンに「明日、ここを去ることにした。家族の感じを覚えておきたくて、もともと一週間のつもりだった」と話すボム。
最後の思い出に女性だけでサウナに行くことに・・見送るシギョンを見つめるボム。

ボムは父との思い出が詰まったあの木の下に、タイムカプセルを埋めながら、初めてシギョンに出会った時のこと、付き合おうと告白されたこと・・楽しかった思い出を思い出しながら泣いていた。
悲しすぎる・・離れたくないはずなのに・・

ある日、ホスピスで働くシギョンの母は院長でガラムの父に呼び出される。そこで、立ち入り禁止の患者が数日前に入院し、しかもその患者がシギョンの母を介護人として指名していると聞かされる・・病室の扉を開けるとそこにいたのは・・ボムだった・・。。

ボムが突然去り、なかなか寝付けない日々を送っているシギョン。そんなある日、授業の一環で「ホスピス患者と1:1で交流する」という課題が出され、ホスピスを訪れるシギョンたち。シギョンはそこで偶然、ボムの病室から出てくる母親と遭遇する・・そこは立ち入り禁止なのに・・と気になるシギョン。
「ボムのお母さんに会いにソウルに行く!」と騒ぐシギョン・・その話を病室で聞いているボム・・。

アンダンテ~恋する速度~ 11話・12話感想

ボムの病気・・想像以上に進行していて、驚きとともに「せっかく幸せになれそうなのに・・」と切なくなってしまいました。あの若さで、まだまだこれからシギョンと友達と楽しいことがたくさん経験できる年齢なのに・・。
そして、シギョンが何も知らない代わりに、祖母・母・シヨンは周りでサポートしていて、ボムも心強いんじゃないかと、少し安心しました^^

これからボムの病気はどう進行するのでしょうか・・シギョンがボムの病気のことを知る日がくるのでしょうか・・ボムが少しでもよくなることを祈って次のお話に期待したいと思います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。