イサン-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-イサン-あらすじ-22話-23話-24話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

イサン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよ老論派を追い詰めていくサン!
改革も順調に見えましたが、敵は黙ってはいませんね(+_+)
専属商人達を上手いこと動かしてサンの改革を阻みます。
違法商人に商売はできるのでしょうか(>_<) 続きが気になります!!!

【イサン】ネタバレあり

22話

サンは新しくできた市場を見て、肩を落とします。
ひっそりとサンを見るフギョムがまた嫌ですね~!
フギョムは次の作戦に移ります。

テスはグギョンに言われた通り、フギョムの手下を監視します。
グギョン勘がいい♪
フギョムの手下は専属商人に会いに行きました。

市場に品物が回らなかったのは、専属商人達が品物を相場よりも高値で買い占めたからでした。
あーひどい”(-“”-)”
このままでは民の生活に支障が出てしまいます。
サンは早急に備蓄米を放出することを命じ、民が山の伐採ができるように許可します。
不足分は開城の商人と行商人に相談をすることにしました。
サンは彼らが都の市場だけでなく、全国に販路を持っていることを知っていました。
ちゃんと把握していてすごいです!

ソンヨンとパク別提は屏風の絵が完成しない為嬪宮の元へ謝りに行き、ソンヨンにその絵を描かせたいことを相談します。
嬪宮は快く承諾しました。
嬪宮は優しいな~(^^♪)

図画署では紙と顔料がなくて仕事ができず、困っています。
タク司勇はサンの失策のせいだと言いますが、イ・チョンは必要な改革だと言います。
そうだそうだ!

他の茶母がソンヨンに絵を習いたいと言い出しました。
これはイ・チョンが押し付けましたー( ゚Д゚)
パク別提に相談して許可を得ます。
パク別提は応援してくれます(^^)/

テスの叔父さんは女将の為に山で薪を集めてきました。
女将、うれし泣き!叔父さん、オロオロ(笑)
街ではサンを中傷するビラが貼られていました。
これもフギョムの作戦だったー!

専属商人のせいで街では生活に必要な品が不足し、物価が上昇していました。
でもフギョムは都の流通が途絶えたのは都の専属商人との取引をやめて地方の商人達と取引をするようになった仲買人のせいだと言います。
サンの政策のせいにする重臣達。
でもサンは重臣達をもろともせず、必ず今のおかしな慣習を変えて見せるとタンカをきります。
サン負けないで~!!!

グギョンはフギョムの手下が人を集めることを知り、次なる陰謀を食い止める為に漢城府の判官に書状を出します。
指示通りにすると答えますがそこへフギョムがやってきて、判官にグギョンとは異なる指示を出します。
なんということでしょう(>_<)
人が集まった所に漢城府の兵が現れ、殴り掛かります。
人々は血だらけです…
そしてこれはグギョンの指示だと聞きサンは唖然とします。
ハメられた~~~( ゚Д゚)

サンはグギョンに確認をして、グギョンは否定できませんでした。
そしてサンは王に呼ばれ、ことを大きくしたことを叱られてしまいます。
サンは悔しそうですね…

中殿は老論派の重役達に、国のあらゆる機関でサンが行った政策を覆すように言います。
図画署でも以前の規律に戻すべきという声が上がり、ソンヨンは立ち向かいます。

23話

中殿の兄であるキム・ギジュが宮殿に戻ってきました。
キム・ギジュはサンの弟であるウノン君とウンジョン君を連れて、中殿の元へ行きました。
中殿は幼い孫の後ろで権力を握ろうとしていました。

サンはグギョンがなぜこんなことをしたのかわかりませんでした。
だからハメられたんだってー(>_<)
グギョンは自分のせいでサンが責任を負わされたこともあり、腹をくくります。

グギョンが宮殿を去る前にフギョムとキム・ギジュに会います。
キム・ギジュはすぐにカッとなる性格な為、自分を侮辱したグギョンをボコボコにしました。
嫌な気分ですよね”(-“”-)”
出ていくグギョンを見つけてテスは必死で止めますが、グギョンはサンのことを考えて去るのでした。

キム・ギジュが戻ったことを知り、ファワンは裏に何かあることを悟ります。
フギョムに探りを入れるように言いました。
鋭いですね!

王は、王になる為に一番大切なことは民を慈しむ心を持つことだとサンに教えます。
専属商人もこの国の民であり、専属商人のことも考えてあげないといけなかったと言いました。
さすがだなあ…

図画署ではタク司勇が途中までしかできていなかった記録画をソンヨンが仕上げてくれたお陰で、タク司勇がパク別提に褒められます。
タク司勇はこの時からソンヨンの見方が変わっていきます(^^♪)

ソンヨンは完成した屏風を嬪宮の元へ持っていきました。
嬪宮はソンヨンが画員の講義を受けられなくなっていないか心配しますが、毎日欠かさずに講義を受けていると聞き安心します。
優しいなあ~(^^♪)
サンが書庫にずっとこもっていると聞き、嬪宮とソンヨンは心配そうです。

ソンヨンは護衛隊の練習場にテスに会いに行きました。
サンが書庫で梅花図を描いていた所にテスが訪ねます。
テスはサンを元気づけます(^^♪)

キム・ギジュのことを調べたフギョム。
中殿が次の王位継承者を見定めていたことを知り、中殿が摂政をしようとしていることに気が付きます。
ファワンは怒ります。
さあさあ、仲間割れが始まりますよ~♪

中殿とキム・ギジュとチェ・ソクチュは中殿の摂政について議論していました。
キム・ギジュは物凄くせっかちで短気のようです( ゚Д゚)
ソクチュはまずはサンの廃位が先だと言います。

グギョンとフギョムが道でばったり会います。
グギョンは肥集めをするようになっていました。
フギョムはサンが全てを投げ出したことをグギョンに言います。
勝ち誇った顏ですね”(-“”-)”
フギョムはグギョンに気が変わったら訪ねてくるように言いました。

書庫にこもって六日目、サンは気晴らしに街に出ます。
テスもサンも楽しそうです(^^)/
そんな中、違法商人の店を荒らす光景を目の当たりにしました。

その後、酒屋で専属商人がサンの悪口を言っている場に遭遇します。
世子のことまで悪く言い出した所にある老人が現れ、老論派と専属商人への文句を言い出します。

24話

よく当たる老人の占いでサンは今度こそ死ぬかもしれないと言われていまいました。
こわっ!!!!!
重すぎる言葉にサンもテスも恐怖を感じます。
サンは帰る前に老人の作った農具を見せてもらい、感心します。

キム・ギジュとチェ・ソクチュが一緒にいる所をフギョムの手下が見てファワンに報告します。
ファワンはソクチュには言うのに自分には隠されていることが気に食わないようです。
ムキー!って感じ(笑)
フギョムはファワンに有利になるようにするにはどうすればいいかを考えます。
ファワンに忠実ですね~!

恵嬪はサンを心配するあまり、夜も眠れません。
サンはそんな母に自分が不出来なことを謝り、恵嬪も自分は何もできないことを謝ります。
素晴らしい親子愛ですね!

ソンヨンは茶母達に絵を教えます。
そんな中、チョビは自分の描いた絵をソンヨンに見せます。
これは誰なのかな~( ゚Д゚)
名前を出さず、あの方に渡して!と言われ戸惑うソンヨン。
チョビは恋敵と勘違いして怒り出し、ソンヨンはなだめます。
め、めんどくさ(笑)

テスの叔父さんは、イ・チョンと妓楼に行きます。
そこの芸妓達をイ・チョンが描くことになりイ・チョンはとてもご機嫌です。
その帰りにグギョンを見かけ、目を疑います。

ソンヨンを訪ねてファワンの尚官が図画署に来ます。
嫌な予感しかしない…
ソンヨンのことを気に入り、自分の元で絵を描くように言います。
半強制的~”(-“”-)”
フギョムが来て、キム・ギジュが花火を使って儺礼戯(悪鬼を払う儀式)でサンの暗殺を企んでいることを知ります。
ファワン達にとって都合が悪い為、フギョムは阻止しようと考えます!

嬪宮の尚官はソンヨンがファワンを訪ねたことを嬪宮の前で騒ぎ立てます。
ちゃんと調べもしないくせに…
さすがの嬪宮も不安そうになってきました。

テスとカン・ソッキとソ・ジャンボはグギョンを探します。
テスは黙っていなくなったグギョンに怒っています(笑)
四人は妓楼に飲みに行きました。
そこでテスは老人の占いの話をします。
グギョンが敵は廃位が難しいとわかれば暗殺もするだろうから気を付けなければならないと言いました。

そこにキム・ギジュが偶然通りかかります。
グギョンは嫌味を言ってやりました。
キム・ギジュは訳が分かっていないようです(笑)

ファワンは中殿を訪ねます。
何も知らないフリをして中殿にサンの廃位の提案をします。
中殿は儺礼戯が終わってから話し合うことを提案します。
女のバチバチが見えるわ~(笑)
帰り際、ソクチュに会ったファワンは焦げ臭いと言います。
わかりやすうううい(笑)

チョビが描いた絵を持ったイ・チョンがチョビの元へ来ます。
イ・チョンは浮かない顏です。
すごい勘違いをさせたチョビ。
名前を言わないのが悪いですよ~!
嫌がっているのにイ・チョンは本当に鈍感です。
そしていよいよ儺礼戯が始まろうとしています。

22~24話の感想

サンの改革は敵の陰謀によって失敗に終わってしまいましたね。
本当に悔しい限りです。
でもサンの改革のお陰で図画署では茶母が絵を習うことができるようになりました!!
これは大きな進歩でしたね(^^)/
でもグギョンが敵の罠にハマってしまって宮殿を去ってしまいました…
悔しいですよね(/_;)
そして中殿の企みの為にキム・ギジュが宮殿に戻ってきて大きなびっくりがありましたね!
まさか摂政が狙いだったなんて全然わかりませんでした(笑)
敵は次なる陰謀を計画中です。
キム・ギジュの企み通り、サンは花火で暗殺されてしまうのでしょうか?!

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください