イサン-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-イサン-あらすじ-7話-8話-9話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

イサン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
清国の大使に夜のお供をさせられそうになったソンヨンを画員とサンが助けます。
その為大使は怒ってしまい、またもやピンチに。
どうなってしまうのでしょうか?!

【イサン】ネタバレあり

7話

ソンヨンは命令に背いたことで清国の大使の怒りを買ってしまいます。
画員がソンヨンは絵が描けると言い、官女とは違うことを証明することとなりました。
画員の目に留まった絵を書き始めようとしますが、清国の大使に画題を変えられてしまい戸惑います。
でも、ソンヨンは言われたように無事に描き上げました。
麒麟の絵だそうですが…今の日本で見る麒麟とは違うなあ|д゚(笑)

大使は伝説の麒麟の話まで知っていたソンヨンに驚くと共に機嫌を損ねて怒って帰っていきます。
サンは大使の無礼に始まったことだと、画員のことは責めませんでした。
サンに会えたのに自分がソンヨンだと明かせないソンヨンがまた切ない…(;_;)

一方で盗まれた白布の行方を捜しますが、難航していました。
ファワン翁主は清国の大使にサンの失態を話すつもりでいました。
ですが、チェ・ソクチュは事が大きくなることを心配しています。
ファワン翁主はサンが王座に就く前になんとかサンを失脚させようと必死のようです。

サンは何とか白布をかき集めようとしますが、役人達は諦め気味です。
そんな中清国の使節団が荷物をまとめて帰国に向けて準備をしてしまいます。
急いで港に向かおうとするサン(;´Д`)
そこでチョン・フギョムという役人が清国の使節団を引き留めておいたとサンに伝えます。
子供の時に役人達の意地悪でサンが暗記できていなかった周書の文章をスラスラ答えた秀才君です!ファワン翁主の養子となっていました。
2年前に清国に留学をして今回の大使とも親交があったそうです。

白布がないと知り清国の代わりの貢ぎ物の要求は当初の予定だった貢ぎ物の倍の量に値するものでした。
嫌なら当初の予定通り白布を出せですって(*_*;)
でも商店から取り立てると都の商業は麻痺してしまいます。
サンは事の大きさを改めて実感することとなり頭を悩ませ…

8話

ついに知ったサン。
まさかあの娘がソンヨンだったとは。
とてもうれしそうなサン。
テスは心を入れ替え、武科を学ぼうとする。
でも本の暗記が苦手で難航しています((+_+))

他の茶母に聞きサンのお付きの内官がソンヨンの家を訪ねますが、タイミングが合わず会えませんでした。
ソンヨンは肖像画を描くイ・チョン画員の手伝いで、サンの正室である嬪宮の実家に来ていました。
そこで女中と勘違いされ、梅雀菓というお菓子を作る手伝いをします。
ソンヨンもその方がサンの正室だとはまだ知らないようです。
その後帰宅途中で立ち寄った書店でテスを陥れたゴロツキ達に連れ去られてしまいます。
それを知ったテスはパニックに。

サンはその夜テスの家を訪ねます。
テスはゴロツキの1人だと誤解してサンに殴りかかります。
サンはテスだとわかり、嬉しくてニヤニヤニヤ(^^)

死んで詫びようとするテスの手を取り、優しく語りかけるサン。
もう本当に再会が嬉しかったんですね~(^_-)-☆
そしてソンヨンが連れ去られたことを知り、サンは友の為に兵を動員します。
何とかテスが埋められる前に間に合いましたが、ソンヨンはまたもや連れ去られてしまい、姿がなくなっていました。
ソンヨンが心配ですね(;_;)
テスは人一倍ソンヨンのことが心配で落ち着いていられません。
サンもソンヨンが心配ですが夜に宮殿を抜け出し私的に兵を動かした為、王も役人も怒っているようで、宮殿に戻らなくてはなりません。
サンは王と役人達の前で自分を陥れようとする朝鮮の重役の仕業で今回の事件が起きた事、白布を盗んだ盗賊を捉えたことを説明し、今後自分を陥れようとしている者達が誰なのかを捜査できる権限を手に入れることができますが…

9話

またしても敵の陰謀による事件が。
サンの筆跡、玉印で偽の通達があり罪人達は殺されてしまったのです。
敵は次々とサンに仕掛けてきますね(。-`ω-)
サンは怒って身の回りにいるお付きの者達を責め、何もできない自分に苛立ってします。

サンは王の元を訪れ罪人達がいなくなったのは口封じの為だろうと言いますが、どうしたら自分の潔白が証明できるのかがわからないようです。
王はサンが心配のようです。
一方チョン・フギョムはサンの異変に感づいてきました。
まだ友の存在は気づいていないようですが、さすが秀才君。勘が鋭いですね…(*_*;)

遊郭に売られたソンヨンはここから抜け出そうと必死です。
他の女達がここでは閉じ込められて半月ほどで遊郭に出されると言います。
5日もここにいれば体を売ってでも何かを食べたくなるのだそうです。
食事も出さないなんて…(´・ω・`)

図画署では例のサンの通達が本物かどうか、画員を集めて調べます。
模写の達人がいるようですね。
イ・チョン画員は鈍感です。

テス達は全然見つからないゴロツキに痺れをきらし、誘き寄せようとします。
なかなか来ないゴロツキ達をテスの叔父は1人で待ちます。
びびってる(笑)
テスの証言と顔を照らし合わせる叔父さん。
あーびびってる(笑)叔父さんの表情大好きです(笑)
付け髭を取られ何かにつけて玉無しを連呼する叔父さん。
応援したくなるキャラです(笑)
罠に感づいた敵は逃げますが、すぐに捕まりソンヨンを遊郭に売ったことを白状します。

なんとソンヨンが捉えられている遊郭にイ・チョン画員が春画の仕事をしにきています。
この方の表情もかわいくて面白いんですよね(笑)
ソンヨンは必死にイ・チョンの名前を呼びますがイ・チョンは空耳だと思い込み気づきません。
本当に鈍感です(;´Д`)

7~9話の感想

清国の大使を怒らせてしまった時はどうなることかと思いましたが、ピンチを乗り越えたサン。
仲間の助けがあっての事でしたね!
ソンヨンはずっとサンに会えることを楽しみにしていたのに気づいてもらえず寂しかっただろうなと思います。
でもソンヨンの絵を見てついにサンはソンヨンの事に気が付きます。
やっと長年探し続けた友を見つけたサン!
とてもとても嬉しそうでした(^^)/
テスに嬉しそうに殴られるサンは楽しそうでもありましたね♪
そしてソンヨンとの再会では、最初は気が付かなかったことを後悔して謝るサンが印象深かったです。
なんて優しすぎるんだ、サン!本当、中身まで男前です(^_-)-☆
続きが気になりますね~!

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください